音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Rosieの1977年のアルバム『Last Dance』。
Rosie / Last Dance (1977年)
Rosieは、美しいファルセット唱法で知られるセッション・シンガーのDavid Lasley率いるヴォーカル・グループ。男性のLasleyに、女性シンガーのLynn PitneyとLana Marranoを加えた男女3人のグループだ。アルバムを1976年と77年に1枚ずつ残しており、本作はセカンド・アルバムにあたる。

リーダーのDavid Lasleyはミシガン州生まれ。セッション・シンガーとして様々なアーティストのアルバムに参加し、Bee GeesのBarry GibbやSmokey Robinsonを思わせる美しいファルセットで貢献している。特にJames Taylorとの仕事は長く、1979年の『Flag』以降の全てのアルバムに参加し、バック・ヴォーカルをレギュラーで務めた。

Lasleyは優秀なソングライターでもあり、Boz Scaggsの「Jojo」(80年のアルバム『Middle Man』に収録)を始め、多くの名曲を生みだしている。本作収録の11曲も、全曲をLasleyが手掛けた。

CD解説によると、Lasleyは「男性シンガーよりも女性シンガーやガールズ・グループが好きだ」と語っている。彼の官能的なファルセットやRosieの美しいヴォーカル・ハーモニーは、そういったものに対する憧れや模倣の域を超えて本物。さながら黒人のコーラス・グループのアルバムを聴いているようだ。

3曲目の「Out Of Pawn」ではJames Taylorがバック・ヴォーカルに参加し、一聴して分かる温かい歌声を添えている。また、バックにはCornell Dupree(g)やDavid Sanborn(sax)、Mike Mainieri(vibe)など、ジャズ/フュージョン系の名手を揃え、その演奏は要所を押さえつつ、実にリラックスしている。

David Lasleyの1982年のソロ・アルバム『Missin' Twenty Grand / 風のファルセット』もグレートな内容。「The 20 Grand」はデトロイトにある伝説のナイト・クラブ。黒人客の集うその店で、まだ10代半ばで白人のLasleyはモータウン・レコードの看板アーティスト等の前座を務め、その実力を認められた。バック・カヴァーには、「僕の生きている間に、人を肌の色で判断しない世界が皆に訪れるように、このレコードを世界中の子供たちに捧ぐ」と記されている。

●収録曲
1. The Words Don't Matter - 3:32
2. Back On The Street Again - 5:25
3. Out Of Pawn - 5:09
4. There's A Song In It Somewhere - 2:55
5. Last Dance Of Summer - 3:29
6. The Angel In Me - 4:06
7. Missin' - 4:13
8. Mississippi Baby - 3:19
9. Dancin' On Rivers - 3:02
10. Run That Movie Back - 4:17
11. I See Home - 4:01


◆プロデュース: Michael Kamen(ar, k)

◆参加ミュージシャン: David Lasley(vo, p), Lynn Pitney/Lana Marrano(vo)
with James Taylor(vo), Cornell Dupree/David Spinozza/Jeff Mironov/Henry Gross(g), Dr. John(k), John Siegler(b), Charles Collins(ds), David Sanborn(sax), Mike Mainieri(vibe), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/02/19 17:46 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/531-d40695a6
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター