音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Erik Taggの1982年のアルバム『Dream Walkin'』。
Erik Tagg / Dream Walkin' (1982年)
Erik Taggは、AORやフリー・ソウル・シーンで高い人気を集めるミュージシャン。アメリカ生まれだが、20歳の時にオランダに渡って音楽のキャリアをスタートした。ソロ・アルバムは4枚あり、最初の2枚は欧州リリース。本作は、(恐らく)日本のみでリリースされた3作目である。

Erik Taggは、前年のLee Ritenourのアルバム『RIT』のリード・シンガーに起用され、その名前を知られるようになった。『RIT』には、フュージョンのアルバムには珍しくヴォーカル曲が4曲あり、その全てでErikがリード・ヴォーカルを担当している。そのうちの1曲、「Is It You?」がBillboardシングル・チャートの15位となるヒットを記録した。

小倉エージ氏の解説によると、『RIT』で有名になったのはErik Taggだけではない、とされている。それまで無名のギタリストであったLee Ritenourは、『RIT』の成功により有名になったのだと。その意味で、Erikの果たした貢献は大きい。

本作では、前作のヒットのお返しのように、Lee Ritenourがプロデュースを担当した。参加ミュージシャンも、多くは『RIT』と同じ顔ぶれ。ポップ・オリエンテッドな『RIT』の路線を推し進め、Erikのヴォーカル曲のみのアルバムを作ったと言っても良いだろう。

ラストの「Mãos De Afeto」はIvan Lins作であるが、それ以外の収録曲は、共作も含めてErikのオリジナル。共作に関しては、「Promises Promises」がBill Champlin、Lee Ritenourと、「Dreamwalkin'」がKath McNultyとの共作である。「Promises Promises」は、「Is It You?」と同じ顔ぶれだ。また「Mãos De Afeto」は、Ivan Linsの1977年のアルバム『』からのカヴァーである。

Erik Taggの最大の魅力はそのロマンティックな歌声にある。独特の湿度と温もりがあり、どこか青臭くてナイーヴ。万人が聴いて、万人が気持ちよいと感じるであろう、天与の歌声だ。

『RIT』のエレガントなサウンドを残しつつ、Erikの歌声を存分に味わえるアルバム。本作が日本のみの発売というのは少々不思議。一方の米国では、Lee Ritenourが『RIT』の続編となる『RIT/2』を制作し、1982年にリリースしている。そこでは再びErik Taggのヴォーカルがフィーチャされ、本作の「Promises Promises」と「Dreamwalkin'」も別バージョンで収録された。

●収録曲
1. No One There - 3:33
2. Marianne (I Was Only Joking) - 4:10
3. Promises Promises - 4:33
4. Dreamwalkin' - 4:26
5. In The Way - 3:21
6. A Bigger Love - 4:30
7. Crybaby - 4:19
8. Just Another Dream - 3:54
9. Marzipan - 4:07
10. Mãos De Afeto - 4:18


◆プロデュース: Lee Ritenour(g)

◆参加ミュージシャン: David Foster/Don Grusin/Greg Mathieson(k), David Hungate/Nathan East/Abraham Laboriel(b), John Robinson(ds), Alex Acuna(ds, per), Tom Scott(sax), Jerry Hey/Gary Herbig/Chuck Findley(horn), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/02/25 17:13 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/537-2a373959
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Peter Allen / Not The Boy Next Door 2017/08/22
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター