音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Stephen Bishopの1976年のアルバム『Careless』。
Stephen Bishop / Careless
Stephen Bishopは、哀愁漂うロマンティックな曲を作ることで人気のあるシンガー・ソングライター。自らの愛称をタイトルに付けた1978年のアルバム『Bish / 水色の手帖』は、AORの名盤として知られている。

彼は映画音楽も手掛けており、85年の映画『White Nights』の挿入曲で、Phil CollinsとMarilyn MartinによりBillboard Hot 100チャートの1位を獲得した「Separate Lives」や、82年の映画『Tootsie / トッツィー』のテーマ曲「It Might Be You」などはStephenの作。また、顔立ちが男前のStephenは、自らも役者として70年代、80年代の映画に何本か出演している。

本作『Careless』は、Stephen Bishopのデビュー作。
「On and On」がBillboard Hot 100チャートの11位のヒットを記録した他、「Save It for a Rainy Day / 雨の日の恋」も22位を記録するなど、ヒットという点ではStephenのアルバムの中で最も良い成果を残したアルバムだ。

本作の収録曲は全てStephenの自作で、そのほどんどは哀愁のある美しいバラード。それらの曲では、しっとりしたストリングスをバックに、Stephenの甘く香るような優しい歌声と、時折のきれいなファルセットを聴くことができる。残りのポップで軽快な曲に関しても、アコースティックな響きを基調とする穏やかなものが多い。

Eric Claptonが「Sinking In An Ocean Of Tears」と「雨の日の恋」の2曲でギターを弾くなど、デビュー作にしては参加ミュージシャンの顔ぶれが豪華。バック・ヴォーカリストには、Chaka Khan(2, 7, 10の3曲)、Art Garfunkel(3, 6, 11の3曲)の名前も見られる。Clapton以外のギタリストも、Larry Carlton, Lee Ritenour, Jay Graydonと、役者を揃えている。

Stephen Bishopは、その服装も洒落ている。モノクロのフロント・カヴァーからは分からないが、インナーを見ると、白いジャケットにピンクのシャツ、ネクタイにハットという服装で、その足元をスニーカーで崩すカッコ良さ。彼のサイト stephenbishop.com を見ても、デザインがとてもスタイリッシュだ。
Stephen Bishop / Careless (インナー・フォト)

●収録曲
1. On And On - 3:00
2. Never Letting Go - 3:45
3. Careless - 3:42
4. Sinking In An Ocean Of Tears - 3:08
5. Madge - 4:03
6. Every Minute - 3:57
7. Little Italy - 3:35
8. One More Night - 3:58
9. Guitar Interlude - 0:32
10. Save It For A Rainy Day / 雨の日の恋 - 3:10
11. Rock And Roll Slave - 3:35
12. The Same Old Tears On A New Background - 2:38


◆プロデュース: Henry Lewy, Stephen Bishop(vo, g)

◆参加ミュージシャン: Eric Clapton/Andrew Gold/Jay Graydon(g), Craig Doege(k), Jim Gordon/Russ Kunkel(ds), Art Garfunkel/Chaka Khan/Leah Kunkel(vo), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/02/27 16:25 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/538-c70a3429
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター