音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Melissa Manchesterの1977年のアルバム『Singin'... / 雨と唄えば』。
Melissa Manchester / Singin'... (雨と唄えば)
Melissa Manchesterは、女優としても活動するニューヨーク生まれのシンガー・ソングライター。彼女の歌声には、うなだれている人に前を向かせるような力がある。歌の持つそのような力を確かに感じ取ることのできる数少ない女性シンガーの一人だ。

本作は通算6枚目のスタジオ・アルバム。『Singin' ...』というタイトルが示すように、シンガーとしての彼女に光を当てたアルバムである。

収録された10曲のうち、彼女の自作の曲は「No One's Ever Seen This Side Of Me」のみ。残りの曲は、彼女の歌の魅力を最大限に引き出すべく、幅広い方面からセレクトされた。

「Sad Eyes / 悲しい瞳」は、ギタリストのDavid Spinozzaが本作のために書き下ろした曲。続く「I Wanna Be Where You Are / いつも一緒に」は、Michael Jacksonの1972年のデビュー盤『Got To Be There』に収められたヒット曲で、Leon Ware/Arthur Rossの作。
「A Love Of Your Own / あなただけの愛」は、Ned Doheny/Hamish Stuart作の名曲。Ned Dohenyは1976年のアルバム『Hard Candy』で、Hamish StuartはAverage White Bandの同年のアルバム『Soul Searching』で、この曲を歌っている。「You Make It Easy」は、James Taylorの1975年のアルバム『Gorilla』の収録曲だ。

後半は、Sly & The Family Stoneの1969年作『Stand!』のタイトル曲で始まる。続く「My Love Is All I Know / 私のすべて」は、Wendy Waldmanの1974年作『Gypsy Symphony』からの選曲だ。
「Time」は、英国のミュージシャンであるJohn Milesの曲。Rupert Holmesがプロデュースした1977年作『Stranger in the City』の収録曲である。「Let Me Serenade You / 愛のセレナーデ」は、Three Dog Nightの1973年のアルバム『Cyan』に収められたヒット曲だ。

ラストの1曲には、The Beach Boysの1964年のアルバム『Shut Down Volume 2』から「The Warmth Of The Sun / 太陽の下で」が選ばれた。雨上がりの柔らかい青空のように、穏やかにアレンジされている。

「Sad Eyes / 悲しい瞳」は、彼女の歌声の強さが胸を打つ感動的な曲。彼女には「Don't Cry Out Loud / あなたしか見えない」という屈指の名唱があるが、それに匹敵する。

フロント・カヴァーには、どしゃ降りの雨の中を歌いながら走る彼女がいる。ずぶ濡れでも意に介さない。そんな圧倒的な爽やかさが彼女の歌にはある。

●収録曲
1. Sad Eyes / 悲しい瞳 - 4:04
2. I Wanna Be Where You Are / いつも一緒に - 3:47
3. A Love Of Your Own / あなただけの愛 - 3:59
4. No One's Ever Seen This Side Of Me / 誰も知らない私の悩み - 3:13
5. You Make It Easy - 5:05
6. Stand - 3:55
7. My Love Is All I Know / 私のすべて - 3:35
8. Time - 4:14
9. Let Me Serenade You / 愛のセレナーデ - 3:46
10. The Warmth Of The Sun / 太陽の下で - 3:52


◆プロデュース: Vini Poncia(bv)

◆参加ミュージシャン: James Newton Howard(ar, k), David Spinozza/Jeff Mironov(g), Don Grolnick(k), Will Lee/Tony Levin(b), Steve Gadd(ds), Lenny Castro(per), Tom Saviano(sax, flute), The Faragher Bros.(bv), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/02/28 16:42 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(2)
コメント
メリサマンチェスター好きでした!いい曲を多く出していましたよネ!70年代のお宝物女性イシンガー、沢山いました。小生も次回はクリスタルゲイルを公開しようと思っております。
2017/03/01 07:12 ローリングウエスト URL
Re: タイトルなし
RWさん、こんにちは。
いつもありがとうございます。

クリスタルゲイルは不勉強なので、是非参考にさせていただきます。
アルバムも結構な枚数を出しているようですね。
2017/03/01 20:50 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/539-6fdb73d2
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
Soul/R&B名盤(1985年) - Sade / Promise 2017/07/12
Rock名盤(1978年) - Billy Joel / 52nd Street (ニューヨーク52番街) 2017/07/10
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター