音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Rupert Holmesの1979年作『Partners In Crime』。
Rupert Holmes / Partners In Crime
Rupert Holmesはイングランド生まれ、ニューヨーク育ちのシンガー・ソングライター。
映画やドラマのようなストーリーを持った作詞で定評がある。

本作は5作目にあたり、Rupert Holmesのキャリアにおける最大のヒット・アルバム。
ファースト・シングル「Escape (The Piña Colada Song)」がBillboard Hot 100チャートの1位となる大ヒットを記録し、セカンド・シングル「Him」も6位を獲得。サード・シングル「Answering Machine」も32位を記録した。
アルバムは、Billboard 200チャートの33位をマークしている。

「Escape」は、1979年12月の終わりに1位に到達し、同チャートにおける70年代最後のNo.1ヒット曲になった。また、1980年1月にもチャートの1位に返り咲いたため、70年代と80年代という2つの年代を跨ぐNo.1ヒット曲である。
そのようなめでたい曲は、この曲だけだそうだ。

"The Piña Colada Song" という副題の付いた「Escape」の歌詞は、映画になりそうなストーリー。

妻との生活に飽きていた男がある日、新聞の投稿を見つける。
「もしあなたがピナ・コラーダが好きで、雨に濡れても平気で、ヨガに夢中じゃなくて、そんなにおバカさんでもなくて、真夜中の砂丘でメイク・ラヴしたいと思っている、そんな人なら、私こそあなたの恋人候補、お手紙下さい、一緒にエスケイプしましょう」というもの。
男は手紙を出し、期待に胸を膨らませてその女性と会ってみたら、なんと自分の妻だった。
男は言った。
「知らなかったよ、君がピナ・コラーダや、雨に濡れるのが好きだったなんて、海での気分や、シャンペンの味が好きだったなんて、真夜中の砂丘でメイク・ラヴしたいだなんて、君こそ僕の捜し求めていた女さ、おいで、一緒にエスケイプしよう」と。

Rupert Holmesの作る歌詞はどれもこんな感じで、ユーモアがあり、ロマンティック。

歌詞を読んで楽しめるだけでなく、どの曲もポップで聴きやすいメロディを持っている。
アレンジも洒落ており、上質なAORとしてサウンドの心地よさを楽しむのも良い。

濃厚なロマンティシズムが香る前作『Pursuit of Happiness / 浪漫』(1978年)も、フリーソウル/AORの名盤として人気が高く、お薦めである。

●収録曲
1. Escape (The Piña Colada Song) – 4:34
2. Partners in Crime – 5:14
3. Nearsighted – 2:49
4. Lunch Hour – 4:38
5. Drop It – 4:10
6. Him – 4:04
7. Answering Machine – 3:33
8. The People That You Never Get to Love – 3:46
9. Get Outta Yourself – 4:43
10. In You I Trust – 4:49


◆プロデュース: Rupert Holmes(vo, k, sy, sax), Jim Boyer

◆参加ミュージシャン: Dean Bailin(g), Frank Gravis(b), Leo Adamian/Steve Jordan(ds), Peter Gordon(horn), Wayne Andre/David Taylor(tb), Victoria(per), Bob Gurland(voiced trumpet), Chrissy Faith(bv), Gene Orloff Section(strings ar)


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/10/16 12:34 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/54-67ee2099
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1979年) - The Bliss Band / Neon Smiles 2017/09/24
AOR名盤(1982年) - China / China (夜明けのダンサー) 2017/09/22
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2017/09/20
AOR名盤(1976年) - Silver / Silver (シルヴァー・ファースト) 2017/09/18
AOR名盤(1977年) - Fools Gold / Mr. Lucky 2017/09/15
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター