音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Al Jarreauの1983年のアルバム『Jarreau』。
Al Jarreau / Jarreau
Al Jarreauは、卓越したヴォーカル・テクニックを持つアメリカのジャズ・ヴォーカリスト。ソフトな歌い口と軽妙なスキャットを持ち味とし、ジャズ・シーンだけでなくポップス・シーンでも高い人気を誇る。

アルバムは1975年から出しており、本作は通算6枚目のスタジオ・アルバム。80年代に入ってからの4作品、『This Time』(80年)、『Breakin' Away』(81年)、『Jarreau』(83年)、『High Crime』(84年)は、いずれもJay Graydonのプロデュース作として知られているが、本作もその1枚。

収録された9曲にはジャズ・スタンダードのカヴァーなどはなく、全曲がこのアルバムの為に書かれたマテリアル。作者の顔ぶれが豪華で、Al, Jay, David Fosterの共作が2曲(1, 4)、Al, Jay, Tom Canning(アシスタント・プロデューサー)の共作が3曲(5, 6, 9)、Pagesの二人とJohn Langで1曲(3)などとなっている。

ポップで華やかなメロディの曲が多く、サウンドも "隅々まで完璧に磨いた" という印象で、高度に洗練されている。とても聴き心地の良いアルバムだ。

「Mornin'」はBillboard Hot 100チャートの21位をマークするヒットとなり、Al Jarreauを代表する1曲となった。イントロの軽快なリズムとメロディを聴くと、Michael JacksonとPaul McCartneyが82年に歌った「Girl Is Mine」を思い出す。どちらの曲もJeff Porcaroがドラムスを叩いており、Jeffにしか出せない軽やかなグルーヴを賞味できる。

「Black And Blues」や「Trouble In Paradise」では、Jay Graydonが得意の華やかなギター・ソロを披露。Jerry Heyのホーン・アレンジも、アルバムの随所でシャープかつエレガントな彩りを与えている。

Al Jarreauは先月の12日に76歳で他界した。2017年のツアーも予定されていたようだが、亡くなる数日前の2月7日のHPに、残りのコンサートの中止と、これまでの50年に及ぶツアーへの謝辞が綴られている。命の尽きる最後まで歌うことを続けた偉大なヴォーカリストである。

●収録曲
1. Mornin' - 4:13
2. Boogie Down - 4:12
3. I Will Be Here For You / 君故に - 4:16
4. Save Me - 6:30
5. Step By Step - 4:25
6. Black And Blues - 4:48
7. Trouble In Paradise - 3:46
8. Not Like This - 2:36
9. Love Is Waiting / 愛を待ちわびて - 3:45


◆プロデュース: Jay Graydon(ar, g, k), Tom Canning(ar, k)

◆参加ミュージシャン: David Foster/Michael Omartian/Greg Mathieson(ar, k), Steve George/Robbie Buchanan(k), Abraham Laboriel(b), Jeff Porcaro/Steve Gadd(ds), Victor Feldman(per), Bill Champlin/Richard Page(bv), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/03/08 15:54 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/545-87fdd636
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1976年) - Ned Doheny / Hard Candy 2017/06/22
AOR名盤(1979年) - Deniece Williams / When Love Comes Calling 2017/06/21
AOR名盤(1983年) - Paul Anka / Walk A Fine Line 2017/06/20
AOR名盤(1982年) - Dwayne Ford / Needless Freaking 2017/06/19
AOR名盤(1980年) - Nigel Olsson / Changing Tides 2017/06/18
Amazon専用ストア
アクセスカウンター