音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Chicagoの1978年のアルバム『Hot Streets』。
Chicago / Hot Streets (1978年)
Chicagoは、60年代後半から息の長い活動を続けるアメリカのロック・バンド。社会派のブラス・ロック・バンドという個性的なポジションを確立して70年代を疾走したが、1978年にバンド創設メンバーの一人であるTerry Kath(g)を不慮の事故で失うと、その勢いを失速している。

本作はTerry Kathが他界した年に出されたアルバム。Kathの没後に制作されているが、不思議と暗い曲が1つもなく、穏やかで明るい、救いのアルバムである。

この時のメンバーは、Peter Cetera(b, vo), Danny Seraphine(ds), Donnie Dacus(g), Laudir de Oliveira(per), Robert Lamm(k)の5名に、ブラス・セクションのLee Loughnane(tp), James Pankow(tb), Walter Parazaider(woodwinds)を加えた8名。

Terry Kathの後任を務めたのは、若いギタリストのDonnie Dacusだ。躍動感溢れるジャケットの左端に写る人物で、この時27歳。Donnieはリード・ギターのみならず、「Take A Chance」と「Ain't It Time」のリード・ヴォーカルも担当している。Terry Kathの不在を埋めるばかりでなく、バンドに新鮮な風を吹きこんだ。

グルーヴィーな「Take A Chance」はシングル・カットこそされていないが、本作の一押しの名曲。Donnieのヴォーカルは清涼剤のようにフレッシュで、後半からエンディングまで続く哀愁のギター・ソロも格別の味わいだ。ちなみに、Billy Joelの同年のヒット曲「My Life」で聴くことのできるフレッシュなバック・ヴォーカルは、DonnieとPeter Ceteraである。

本作からは、「Alive Again」「No Tell Lover」「Gone Long Gone」の3曲がシングル・カットされ、最初の2曲は共にBillboard Pop Singlesチャートの14位を記録するヒットとなった。

また、ヘヴィーなダンス・チューン「Little Miss Lovin」にはBee Geesの3兄弟が参加し、Peter Ceteraの上を行くハイ・トーンのバック・ヴォーカルで存在感を示している。

Donnieは79年の次作『Chicago 13』まで在籍し、バンドを支えた。Chicagoが完全復活するのは、Bill Champlinがメンバーに加入し、David Fosterをプロデューサーに迎えた名盤『16 / ラヴ・ミー・トゥモロウ』であるが、それまでの低迷期を支え、爽やかに去って行ったいう印象のナイス・ガイである。

●収録曲
1. Alive Again - 4:17
2. The Greatest Love On Earth - 3:13
3. Little Miss Lovin' - 4:32
4. Hot Streets - 5:12
5. Take A Chance - 4:35
6. Gone Long Gone - 3:55
7. Ain't It Time - 4:08
8. Love Was New - 3:32
9. No Tell Lover - 4:15
10. Show Me The Way - 3:18


◆プロデュース: Phil Ramone, Chicago

◆参加ミュージシャン: David "Hawk" Wolinski(k), Blue Weaver(k), Barry, Robin & Maurice Gibb(bv)


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/03/09 19:08 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/546-ed1ea2a4
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Peter Allen / Not The Boy Next Door 2017/08/22
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター