音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Bill Withersの1977年のアルバム『Menagerie』。
Bill Withers / Menagerie (1977年)
Bill Withersは70年代のソウル、R&Bシーンで活躍したシンガー・ソングライター。デビューして間もなく、「Ain't No Sunshine」(71年, Billboard Hot 100チャートの3位)、「Lean on Me」(72年, 同1位)、「Use Me」(72年, 同2位)の3曲を立て続けにヒットさせ、「Ain't No Sunshine」ではグラミー賞の「Best Rhythm & Blues Song」を受賞した。この頃のBill Withersには、素朴で内省的なシンガー・ソングライターという印象がある。

その後しばらくはヒットから遠ざかるが、81年にサックス奏者であるGrover Washington, Jr.の「Just The Tow Of Us / クリスタルな恋人たち」のヴォーカルに抜擢され、これがチャートの2位となる久びさのヒットを記録。グラミー賞の「Best Rhythm & Blues Song」を再び受賞した。この時のBillは、大人の色香を漂わせるスタイリッシュなブラック・コンテンポラリー・シンガーに変わっている。

本作はBill Withersの通算6枚目のスタジオ・アルバム。Billが洗練という方向性を明確に示したのは恐らく本作であろう。内省的な曲はなく、洗練されたサウンドと心地よいグルーヴ、アダルトな歌唱を聴かせる楽曲がずらりと並ぶ。動物のキャラクターの中で笑顔を見せるフロント・カヴァーのように、明るくリラックスしたアルバムだ。

ポップでチャーミングな「Lovely Day」はチャートの30位をマークし、まずまずの成績。この曲は90年代終わりのGAPのCMに使われて、Bill Withersの代表曲の一つとなった。

ラテン・フレイヴァーの「I Want to Spend the Night」や「Tender Things」は、まるで避暑地で聴く音楽のような心地よさ。一方、濃厚なメロウネスの香るラストの「Let Me Be the One You Need」は、とてもロマンティック。この曲の持つ "都会の夜の大人の世界" 的なムードは、1985年のアルバム『Watching You Watching Me / 愛の情景』にも共通する。

「Lovely Day」は様々なアーティストにカヴァーされている。最近では、今年の2月26日に開催された2017年アカデミー賞授賞式のパフォーマンスにおいて、Justin Timberlakeが映画『Trolls』の主題歌となった「Can't Stop the Feeling!」に続けて、この「Lovely Day」を歌っている。

●収録曲
1. Lovely Day - 4:15
2. I Want To Spend The Night / 今宵を君と - 3:41
3. Lovely Night For Dancing - 5:51
4. Then You Smile At Me - 4:54
5. She Wants To (Get On Down) - 3:15
6. It Ain't Because Of Me Baby - 3:31
7. Tender Things - 5:02
8. Wintertime - 3:17
9. Let Me Be The One You Need - 4:44


◆プロデュース: Bill Withers(vo, g, k), Keni Burke(b), Clarence McDonald(k), Clifford Coulter(k, sy)

◆参加ミュージシャン: Dean Grant(k), Ray Parker, Jr.(g), Jerry Knight(b), Ralph MacDonald(per), Alvin Taylor/Russ Kunkel(ds), Mike Jones(sy), Pat Hodges/Denita James/Jessica Smith(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/03/12 16:11 Soul / R&B(70年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/548-8cfc8054
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター