音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Lou Rawlsの1986年のアルバム『Love All Your Blues Away』。
Lou Rawls / Love All Your Blues Away
Lou Rawlsは1933年生まれのアメリカのベテラン・シンガー。レコード・デビューは1962年と比較的遅いが、2006年に他界するまでの間に60枚近くものアルバムを出している。その内容は、ゴスペル、R&B、ソウル、ジャズ、ブルースなど様々。ハリと艶のある低音を持ち味とし、グラミー賞の「Best Male R&B Vocal Performance」を3度も受賞する実力派だ。ちなみに、Sam Cookとは高校時代の同級生である。

80年代中盤の本作は、Lou Rawlsが53歳となる年のアルバム。Jay Graydonがプロデュースを担当し、ポップス・サイドの前半(A面)とスタンダード・サイドの後半(B面)を持つ珍しい構成のアルバムになった。ポップス・サイドでは時流を捉えたAORナンバーを5曲歌い、スタンダード・サイドではジャズ・スタンダードを4曲歌っている。

前半5曲の作者は、Jay Graydon、Robbie Nevil、David Foster、Tom Keane、Richard Page等、AOR好きには垂涎の豪華な顔ぶれ。これを目当てにCD化を切望するファンに応え、昨年7月にソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから世界初CD化された。

前半では、シンセを用いたダンサブルな曲が3曲続いた後に、極上のAORチューンが2曲歌われる。
「Stop Me From Starting This Feeling」はそよ風の吹くような颯爽とした曲で、Pagesの微熱感覚のハモりがいつもながらにクール。もう1曲の「Learn To Love Again」は、Tata Vegaとの甘美なデュエットを繰り広げるロマンティックなバラードだ。この2曲を手掛けたのはDavid Fosterで、感動をプロデュースするFosterマジックに、分かっていてもハマってしまう。

オーケストラを使った後半では、Lou Rawlsがゴージャスかつ雄弁に歌う。Lou Rawlsの本来の持ち味が発揮されるのは、こちらなのだろう。

フロント・カヴァーのLou Rawlsは、シックなスーツに身を包んで窮屈なポーズを取っているが、バック・カヴァーではカジュアルな装いで椅子にあぐらをかいている。A面のポップス・サイドよりもB面のスタンダード・サイドの方が、Lou Rawlsにとってはリラックスするものだったのかも知れない。
Lou Rawls / Love All Your Blues Away (バック・カヴァー)

●収録曲
1. Change Your Mind - 4:41
2. Are You With Me - 4:11
3. Love All Your Blues Away - 4:04
4. Stop Me From Starting This Feeling - 4:38
5. Learn To Love Again - 4:16
6. Willow Weep For Me - 4:09
7. We'll Be Together Again - 4:21
8. The Way You Look Tonight / 今宵の君は - 2:24
9. It Never Entered My Mind - 3:33


◆プロデュース: Jay Graydon(g, sy, ds)

◆参加ミュージシャン: Tata Vega(vo), John Mandel(ar), Jeremy Lubbock(ar, k), Chuck Domanico(b), John Kean/Mike Baird/John Guerin(ds), David Foster/Victor Feldman(k), Glen Ballard/Cliff Mangus/Michael Omartian/Steve George(sy), Alfie Silas/Bill Champlin/Richard Page(bv), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/03/13 16:21 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/549-517aae38
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1978年) - Mike Finnigan / Black & White 2017/05/28
AOR名盤(1982年) - Leslie Smith / Heartache 2017/05/27
AOR名盤(1980年) - Randy Meisner / One More Song 2017/05/25
AOR名盤(1982年) - Tom Snow / Hungry Nights 2017/05/23
AOR名盤(1982年) - Jimmy Webb / Angel Heart 2017/05/21
Amazon専用ストア
アクセスカウンター