音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

The Bliss Bandの1978年のアルバム『Dinner With Raoul / デビュー!』。
The Bliss Band / Dinner With Raoul (デビュー!)
The Bliss Bandは、イングランド出身の職人ソングライターであるPaul Bliss率いるイギリスの5人組。Paul Bliss以外のメンバーは、Phil Palmer(g), Andy Brown(b), Nigel Elliott(ds, per), Alan Park(k)である。彼らは78年と79年にアルバムを1枚ずつ残しており、本作はデビュー・アルバムだ。

本作のプロデュースは、The Doobie BrothersのギタリストであるJeff Baxterが担当した。Paul Blissの優れた才能を見抜いたJeff Baxterの方からプロデュースを買って出たようだ。

The Doobie Brothersからは、Jeff Baxterの他にMichael McDonaldとKeith Knudsenが、またMichaelの妹のMaureenも本作に参加し、バック・ヴォーカリストを務めている。

Jeff BaxterとMichael McDonaldの名前から連想するもう一つのグループがSteely Dan。
Jeff BaxterはSteely Danの初期の3作品、『Can't Buy a Thrill』(71年)、『Countdown to Ecstasy』(72年)、『Pretzel Logic』(74年)におけるメンバーであり、Michael McDonaldも74年のツアー・メンバーを務めた他、それ以降のアルバムにコンスタントに参加している。

Paul BlissはSteely DanやDonald Fagenのフォロワーであり、本作はそのオマージュが色濃く表れた作品だ。
本作のフロント・カヴァーを見ても、色合いやロゴ、猥雑な雰囲気などが、Steely Danのデビュー・アルバム『Can't Buy a Thrill』と似ている。
Steely Dan / Can't Buy a Thrill

本作の収録曲は全てPaul Blissの作であるが、まるでSteely Danの初期の作品を聴いているような味わいがある。また、Paul Blissの歌い方にはDonald Fagenを思わせるところがあり、中田 利樹氏のCD解説によれば、本人も「ここでのヴォーカルはDonald Fagenからの影響が大き過ぎる」と語っているそうだ。

Paul Blissの作るメロディは情緒的で甘美であり、また英国らしい気品と味わいがある。「Slipaway」や「Stay A Little Longer」の見事に美しいハーモニーを聴くと、至福を感じると共に、Paul Blissの職業作家としての非凡な能力に感嘆する。

●収録曲
1. Rio
2. Over The Hill
3. Slipaway
4. Don't Do Me Any Favors
5. On The Highway
6. Right Place, Right Time
7. Stay A Little Longer
8. Here Goes
9. Whatever Happened
10. Take It If You Need It


◆プロデュース: Jeff Baxter(g)

◆参加ミュージシャン: Paul Bliss(k, vo), Andy Brown(b, vo), Nigel Elliott(ds, per), Phil Palmer(g, vo), Alan Park(k)
with Victor Feldman(per), Emilio Castillo/Stephen Kupka(horns), Michael McDonald/Maureen McDonald/Keith Knudsen(bv), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/03/14 19:08 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(2)
コメント
The Bliss Bandは初めて聞いたバンドです。この頃はアメリカンTOP40ばかり聴いていたので英国のコアなグループは全く知る機会がなかったです。勉強してみます~
2017/03/14 21:40 ローリングウエスト URL
Re: タイトルなし
RWさん、こんにちは。

The Bliss Bandはお薦めですよ。英国のバンドでありながらウェストコースト・サウンドへの憧れが感じられて、なかなか素敵な音を出してます。2枚のCDも去年再発されたばかりなので、入手し易いです。
2017/03/15 17:22 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/550-525f128d
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1978年) - Mike Finnigan / Black & White 2017/05/28
AOR名盤(1982年) - Leslie Smith / Heartache 2017/05/27
AOR名盤(1980年) - Randy Meisner / One More Song 2017/05/25
AOR名盤(1982年) - Tom Snow / Hungry Nights 2017/05/23
AOR名盤(1982年) - Jimmy Webb / Angel Heart 2017/05/21
Amazon専用ストア
アクセスカウンター