音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Livingston Taylorの1980年のアルバム『Man's Best Friend』。
Livingston Taylor / Man's Best Friend
Livingston Taylorは、James Taylorの弟。兄と同様にシンガー・ソングライターであり、1970年のアルバム・デビューから現在に至るまで、兄とほぼ同じペースでアルバム制作を続けている。Taylor兄弟はAlex, James, Livingston, Kate, Hughの5人で、Livingstonはその三男。全員がミュージシャンである。

Livingstonが兄のJamesと似ているのは、アルバム制作のペースだけではない。アコースティックな響きのある穏やかな曲調や歌声、歌い方も兄と似ている。特に歌声に関しては、兄と区別が付かないほど。従って、彼のアルバムはJames Taylorのアルバムのように聴けてしまう。

本作はLivingston Taylorの5枚目のスタジオ・アルバムで、プロデュースをJeff BaxterとJohn Boylanが担当した。Jeff Baxterが6曲(1, 4, 5, 6, 8, 9)を、John Boylanが残りの曲をプロデュースしている。

Jeff BaxterはSteely DanとThe Doobie Brothersのギタリストを務め、前年の79年にThe Doobie Brothersを離れている。John BoylanはLinda RonstadtのアルバムやBostonのデビュー・アルバムなどを手掛けた名プロデューサー。シンガー・ソングライターのTerence BoylanはJohnの弟だ。

本作にはカヴァー曲が4曲(2, 3, 6, 10)収録されている。
「Dance With Me」はOrleansの75年のアルバム『Let There Be Music / 歌こそすべて』に収録されたヒット曲で、John Hall夫妻の作。「First Time Love」はPat Alger等の作で、Pat AlgerもArtie Traum & Pat Alger名義の80年のアルバム『From The Heart』に収めている。「Dancing In The Streets」は、Martha & The Vandellasの歌により64年に大ヒットしたモータウン・クラシック。そして「Marie」は、Randy Newmanの74年のアルバム『Good Old Boys』の収録曲である。このうち「First Time Love」はシングル・カットされ、Billboard Pop Singlesチャートの38位をマークした。

John Boylanのプロデュースした曲はシンガー・ソングライターらしい曲調であるのに対し、Jeff Baxterのプロデュースした曲には、軽快でポップな「Ready Set Go」やカリプソの「Face Like Dog」、ジャジーにスウィングする「Pajamas」など、リズムを意識したものが多く、本作にほのぼのとした明るさを与えている。

あるいは、本作の穏やかな明るさはLivingston Taylorの性格の表れかも知れない。兄Jamesには内省的な印象があるので、よく似た兄弟の唯一の違いはそのあたりだろうか。

●収録曲
1. Ready Set Go - 3:14
2. Dance With Me - 3:13
3. First Time Love - 2:41
4. Sunshine Girl - 3:49
5. You Don't Have To Choose - 3:26
6. Dancing In The Streets - 3:25
7. Out Of This World - 2:31
8. Face Like Dog - 4:04
9. Pajamas - 1:54
10. Marie - 2:17


◆プロデュース: Jeff Baxter(g), John Boylan

◆参加ミュージシャン: Livingston Taylor(vo, g), Larry Carlton/Steve Cropper(g), Paulinho Da Costa/Victor Feldman(per), Scott Edwards/Neil Stubenhaus(b), Ed Greene/Russ Kunkel/Jeff Porcaro/Rick Shlosser(ds), Tom Funderbunk/Howard Kaylan/Tom Kelly/Don Henley(bv), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/03/16 17:58 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(2)
コメント
Livingston Taylorの名前は初めて聞くなあと・・思ったらああのJames Taylorの弟が音楽界で活躍していたとは!初めて知りました。今度CD探してみよう!
こちらは美しき声のカントリーPOP女性歌手クリスタルゲイルの記事、是非聴いて見て下さい。貴殿のお気に入り間違いなしです!
2017/03/17 06:26 ローリングウエスト URL
Re: タイトルなし
RWさん、こんにちは。

クリスタルゲイルの記事、拝見しました。「Don't It Make My Brown Eyes Blue / 瞳のささやき」は彼女が歌っていたのですね。恥ずかしながら、初めて認識しました。80年代のアルバムもチェックして見ようと思います。
2017/03/17 17:43 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/551-03cbede8
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1978年) - Mike Finnigan / Black & White 2017/05/28
AOR名盤(1982年) - Leslie Smith / Heartache 2017/05/27
AOR名盤(1980年) - Randy Meisner / One More Song 2017/05/25
AOR名盤(1982年) - Tom Snow / Hungry Nights 2017/05/23
AOR名盤(1982年) - Jimmy Webb / Angel Heart 2017/05/21
Amazon専用ストア
アクセスカウンター