音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Paul Davisの1977年のアルバム『Singer of Songs: Teller of Tales / アイ・ゴー・クレイジー』。
Paul Davis / Singer of Songs: Teller of Tales (アイ・ゴー・クレイジー)
Paul Davisは、70年代から80年代中盤にかけてアメリカのカントリー・シーンやポップス・シーンで活躍したシンガー・ソングライター。70年にアルバム・デビューし、81年までの約10年の間に7枚のアルバムを制作。80年代中盤を過ぎると早々と音楽活動から引退し、2008年に60歳という若さでこの世を去った。

本作は、Paul Davisの5枚目のスタジオ・アルバム。本作と80年の次作『Paul Davis / パステル・メッセージ』、およびラスト・アルバムとなる81年の『Cool Night』は、いずれもAORの名盤として知られている。

Paul Davisはポップス史に残るバラードの名品を2曲残した。
1つは本作に収録された「I Go Crazy」。この曲はBillboard Hot 100チャートの7位となる大ヒットを記録し、日本でも田中康夫氏原作の81年の映画『なんとなく、クリスタル』の主題歌に採用されて有名になった。もう1つは『Cool Night』に収録されたメロウでムーディなタイトル曲。こちらもチャートの11位を記録するヒットとなっている。

本作の収録曲は、The Beach Boysの67年のアルバム『Wild Honey』からのカヴァー曲「Darlin'」と、Jerry WienerとPaul Shafferの書いた「Never Want To Lose Your Love」を除いて、Paul Davisの作。

「Darlin'」では女性シンガーのSusan Collinsとデュエットし、Susanとは続く「Sweet Life」も共作している。この2曲は「I Go Crazy」に続いてシングル・カットされ、「Darlin'」はチャートの51位を、「Sweet Life」は17位をマークした。

アルバムの後半にはカントリー・ポップス調の曲も見られる。なお、後半1曲目の「Hallelujah Thank You Jesus」とラストの「Editorial」は、76年の前作『Southern Tracks & Fantasies』からの再録だ。

「I Go Crazy」の甘くロマンティックな旋律やキーボードの美しいリフレインには、一度聴いたらずっと記憶に残るような普遍的な良さがある。特にこの曲のリフレインに関しては、Styxの屈指のバラード「Babe」(79年, 全米1位)にも同じメロディを聴くことができる。「Babe」の作者であるDennis DeYoungの記憶の深いところにも、きっと残ったのだろう。

●収録曲
1. I Go Crazy - 3:52
2. I Never Heard The Song At All - 2:39
3. Darlin' - 3:00
4. Sweet Life - 3:28
5. Never Want To Lose Your Love - 2:24
6. Hallelujah Thank You Jesus - 2:52
7. I Don't Want To Be Just Another Love / もうひとつの愛 - 3:13
8. You're Not Just A Rose - 2:37
9. Bad Dream - 3:07
10. Editorial - 2:56


◆プロデュース: Paul Davis, Phil Benton

◆参加ミュージシャン: Barry Beckett/Al Feingold(k), Don Barrett/Ed King/Ed Seay(b), Jimmy Johnson/Kenny Mims(g), Nigel Olsson(ds, vo), Roger Hawkins/James Stroud/Roy Yeager(ds), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/03/19 16:34 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/553-f489b154
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1977年) - Phoebe Snow / Never Letting Go (薔薇の香り) 2017/07/21
Rock名盤(1980年) - Billy Joel / Glass Houses (グラス・ハウス) 2017/07/19
Soul/R&B名盤(1976年) - The Sons of Champlin / A Circle Filled With Love 2017/07/14
Soul/R&B名盤(1985年) - Sade / Promise 2017/07/12
Rock名盤(1978年) - Billy Joel / 52nd Street (ニューヨーク52番街) 2017/07/10
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター