音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Le Rouxの1983年のアルバム『So Fired Up』。
Leroux / So Fired Up
Le Roux(ル・ルー)は、1978年にルイジアナ州で結成されたロック・バンド。当初はバンド名に "ルイジアナ" を付けて、Louisiana's Le Rouxを名乗っていたが、途中からバンド名をLe Rouxに短縮している。結成メンバーは、Jeff Pollard(vo), Bobby Campo(horns, violin), Leon Medica(b), David Peters(ds, per), Tony Haselden(g), Rod Roddy(k)の6人で、Jeffがバンドの中心であった。

本作はLe Rouxの5枚目のアルバム。前作『Last Safe Place』をリリース後に中核のJeffとBobbyの2人が抜け、代わりにFergie Frederiksen(vo)とJim Odom(g)が加わった。

Fergie Frederiksenは、Bobby Kimballに代わるTOTOの2代目のリード・ヴォーカリストとして有名だ。TOTOの84年のアルバム『Isolation』のリード・ヴォーカルを担当し、1枚でTOTOを脱退している。

FergieはLe Roux加入前は、プログレ・ハードのTrillionに在籍しており、Trillionも78年のアルバム『Trillion / 氷牙』のみで抜けている。Le Rouxも本作『So Fired Up』のみで抜けており、基本的に「居場所を構えない」的なところがある。ヴォーカルの個性が強過ぎて、バンドとしての音のバランスを保てないのかも知れない。

本作はAORというよりはメロディアス・ハード色の濃いアルバム。
強力なハイトーン・ヴォイスを前面に出したメロディアスなロック・サウンドは、Steve Perry擁するJourneyや、TOTOの『Isolation』のような味わいがある。

「Wait One Minute」は本作唯一のバラード。Journeyの「Who's Crying Now」や、Foreignerの「Waiting for a Girl Like You」あたりを思わせる濃厚なメロディが良い。メタリックなFergieの声はバラード系には向かないと言われるようだが、この曲での情感を込めた歌唱はなかなかのもの。(この曲のリード・ヴォーカルもFergieだと思うが、もしかして違うかな…)

なお、本作にはAmbrosiaのDavid Packが参加しており、「Carrie's Gone」と「Turning Point」の2曲のバック・ヴォーカルを担当している。

Le Rouxは本作の後に一旦解散するが、1985年に活動を再開。現在も活動を続けており、本作のメンバーのTony, Rod, Jimは今も健在だ。

●収録曲
1. So Fired Up - 4:41
2. Lifeline - 4:37
3. Let Me In - 4:02
4. Yours Tonight - 3:48
5. Line On Love - 3:45
6. Carrie's Gone - 3:54
7. Wait One Minute - 4:36
8. Turning Point - 5:03
9. Don't Take It Away - 3:22
10. Look Out - 4:18


◆プロデュース: Leon Medica(b, bv)

◆参加ミュージシャン: Tony Haselden(g, vo), Fergie Frederiksen(vo), Jim Odom(g, bv), Rod Roddy(k, bv), David Peters(ds, per, bv)
with David Pack(bv)


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/03/22 16:43 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/555-88bf5874
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター