音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Les Dudekの1977年のアルバム『Say No More』。
Les Dudek / Say No More (1977年)
Les Dudekはアメリカのブルース・ロック・ギタリスト。10代から地元のバンドでギターを弾き始め、21歳になる年にAllman Brothers Bandの1973年のアルバム『』に参加。その後、Boz Scaggsの76年の名盤『Silk Degrees』に参加し、その年にBoz Scaggsのプロデュースのもと、アルバム『Les Dudek』でデビューしている。

本作はLes Dudekのセカンド・アルバム。
収録された9曲は共作も含めて全て彼のオリジナルで、このうち「One To Beam Up」と「Zorro Rides Again / 帰ってきた怪傑ゾロ」の2曲がギター・インストゥルメンタルとなっている。

前作に続いてGerald Johnson/Chuck Rainey(b)や、TOTOのJeff Porcaro(ds), David Paich(k)が参加。
「帰ってきた怪傑ゾロ」だけは特別なセッションになっており、Les Dudekの共演者の顔ぶれは、Bruce Springsteenのバック・バンドであるE Street Bandでキーボード奏者を務めたDavid Sancious、ジャズ・ドラマーのTony Williams、The CrusadersのベーシストであるBob Popwellと、かなりスペシャル。Les Dudekのギターもノリノリで、全員の演奏に迫力がある。

残り全曲でJeff Porcaroがドラムスを叩いているので、Jeffのファンにとって本作はマスト・アイテムだろうが、この見事な演奏の前では印象が薄れてしまうかも知れない。

Les Dudekは独特のしゃがれ声である。ギタリストなので歌唱で魅了するわけではないが、「I Remember」での静かな弾き語りなどは歌心があり、しみじみと伝わるものがある。

逆さまになった女性がグラスにシャンパンを注ぐフロント・カヴァーは、写真家のBob Seidemannが担当した。Bob Seidemannは、Blind Faithの69年のアルバム『』の少女の写真で有名だが、Jackson Browneの『Late For The Sky』(74年)やAirplayの『Airplay』(80年)も彼の仕事である。

なお、この女性は『刑事コジャック』で主演を務めたTelly Savalas(テリー・サバラス)の姪とのこと。ファンキーな「Jailabamboozle」は、シャンパンを開ける景気の良い音から始まっている。

●収録曲
1. Jailabamboozle - 4:52
2. Lady You're Nasty - 5:33
3. One To Beam Up - 3:25
4. Avatar - 7:00
5. Old Judge Jones - 4:39
6. Baby Sweet Baby - 2:10
7. What's It Gonna Be - 5:07
8. Zorro Rides Again / 帰ってきた怪傑ゾロ - 5:47
9. I Remember - 3:05


◆プロデュース: Bruce Botnick

◆参加ミュージシャン: Les Dudek(g, vo), Jeff Porcaro/Tony Williams(ds), Gerald Johnson/Chuck Rainey/Bob Popwell(b), Kevin Calhoon/Reymondo/Pat Murphy(per), Alan Feingold/David Paich/Ted Straton/Joachiem Young/David Sancious(k), Sherlie Matthews/Rebecca Lewis/Clydie King(bv)

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/03/31 17:45 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(2)
コメント
今日から4月なのに無茶苦茶寒いですね~!東京は開花宣言が出て10日以上経つのにまだ全体は4~5分咲き、来週から本格的な春を迎える感じですね。新年度もあらためてよろしくお願いいたします。
2017/04/01 08:01 ローリングウエスト URL
Re: タイトルなし
RWさん、こんにちは。

本当に寒い新年度のスタートですね。今日はエイプリル・フールなので、お天気様も軽いジョークを飛ばしたのではないでしょうか。明日から春らしくなると良いですね。

こちらこそ、これからも宜しくお願いいたします。
2017/04/01 18:24 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/561-fbb64cea
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター