音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Michael Wycoffの1982年のアルバム『Love Conquers All』。
Michael Wycoff / Love Conquers All (1982年)
Michael Wycoffはロサンゼルス生まれのR&Bシンガー。1976年から音楽活動をスタートし、Stevie Wonderの76年の名作『』のバック・ヴォーカルなどを務めたのち、1980年にアルバム『Come to My World』でソロ・デビューを果たした。

本作は、Michael Wycoffのセカンド・アルバム。
Leon Ware等の提供した「Looking Up To You」や、プロデューサーのWebster Lewisの書いた「Love Is So Easy」と「Take This Chance Again」、EW&FのギタリストAl McKay等による「Diamond Real」、Evelyn Kingとのデュエット・ナンバー「Can We Be Friends」などが収録されている。

この中から「Looking Up To You」がBillboard Black Singlesチャートの47位をマークし、「Still Got The Magic (Sweet Delight)」は同チャートの64位であった。

その「Still Got The Magic」と、Al McKayのシャープなギター・カッティングで始まる「Diamond Real」の2曲はファンキーでダンサブルであるが、それ以外はどれもミディアム~スロー・テンポのしなやかでメロウな曲。本作のCDが2016年8月のソニー「AOR CITY 1000」シリーズから再発されたことも頷ける。

シングル・ヒットした「Looking Up To You」は、R&BグループのZhané(ジャネイ)の93年のヒット曲『』(Billboard Hot 100チャート 6位)においてサンプリングされ、Michael Wycoffやこの曲の再評価につながった。

続く「Love Is So Easy」は、大人の世界のロマンティックなスロー・バラード。タイトル曲の「Love Conquers All」やラストの「It's Over」もゆったりとしたスケールの大きな曲で、こうしたナンバーでは、Michael Wycoffのソウルフルな熱唱がとても映える。

Michael Wycoffの歌声は、しなやかでジェントル。また、どこかDonny Hathawayのような知的で紳士的な響きがある。この時26歳で、フロント・カヴァーの写真も若々しい感じだが、落ち着いた歌声には貫禄すら感じる。真面目なソウル・アルバムが好きな人にお薦めだ。

●収録曲
1. Still Got The Magic (Sweet Delight) - 5:44
2. Looking Up To You - 5:18
3. Love Is So Easy - 5:10
4. Can We Be Friends - 3:34
5. Diamond Real - 3:45
6. Love Conquers All - 5:00
7. Take This Chance Again - 4:31
8. It's Over - 4:31


◆プロデュース: Webster Lewis(k)

◆参加ミュージシャン: Michael Wycoff(vo, k), Al McKay/David T. Walker/Chuck Bynum(g), Nathan Watts/Eddie Watkins(b), James Gadson(ds), Fred Wesley/George Bohanon(tb), Ray Brown/John Roberts/Nolan Andrew Smith(tp), Ron Brown/Jeff Clayton/Ernie Fields(per), Bob Watts(horn), New Paradise(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/04/03 13:52 Soul / R&B(80年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/562-e57486e7
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター