音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Stephen Bishopの1980年のアルバム『Red Cab To Manhattan / 哀愁マンハッタン』。
Stephen Bishop / Red Cab To Manhattan (哀愁マンハッタン) (1980年)
Stephen BishopはAORシーンで人気の高いシンガー・ソングライター。哀愁漂うロマンティックな曲を作ることで定評があり、ヒット曲「On and On」(米11位)と「Save It for a Rainy Day / 雨の日の恋」(同22位)を収録した1976年のデビュー作『Careless』や、自らの愛称をタイトルにした78年のセカンド・アルバム『Bish / 水色の手帖』は、AORの名盤として知られている。

Stephenは映画音楽も手掛けており、1985年の映画『White Nights』の挿入曲である「Separate Lives」は彼の作。この曲は、Phil CollinsとMarilyn Martinの歌により全米1位を獲得した。また、彼の作ではないが、82年の映画『Tootsie / トッツィー』のテーマ曲「It Might Be You」(米25位)をStephenが歌っている。顔立ちが男前のStephenは、自らも役者として70年代、80年代の映画に何本か出演した。

本作『Red Cab To Manhattan / 哀愁マンハッタン』は、Stephen Bishopのサード・アルバム。プロデュースをMike MainieriとTommy LiPumaが手掛けたことで、前2作よりもメロディやサウンドがカラフルになった印象がある。

参加メンバーの顔ぶれは相変わらず豪華。その中にはEric ClaptonやPhil Collins、Chris Stainton、Procol HarumのGary Brookerといった英国ミュージシャンの名前も見られる。

収録曲は、共作も含めて全てStephenのオリジナルだ。
ロックンロール調の「Let Her Go」や「おてんば娘」、Buzz Feitenのギターがカッコいい「City Girl」など、アップ・テンポなナンバーやドラマティックに展開する曲もあるが、Stephenの本領が発揮されるのは、「愛の贈りもの」やタイトル曲「哀愁マンハッタン」のようなしっとりした曲。胸がキュンとするような甘く切ないメロディと洒落たサウンドは、とてもロマンティックな香りがする。

「愛の贈りもの」はシングル・カットされ、BillboardのAdult Contemporaryチャートでは31位をマークした。「哀愁マンハッタン」は、女性ジャズ・シンガーのDiane Schuurが2000年のアルバム『』でカヴァーし、そこではStephen Bishopも共演している。

口元を隠すミステリアスなジャケットは、女性写真家のLynn Goldsmithが撮影した。彼女は70年代から80年代にかけて数多くのアルバムのフロント・カヴァーを撮っており、それらは彼女のサイト「Lynn Goldsmith Photography」で見ることができる。その中でも、全体が黄色一色の本作のカヴァーは、割とインパクトが強い方だ。

●収録曲
1. The Big House - 3:44
2. Don't You Worry / くよくよしないで - 3:56
3. Thief In The Night / 恋泥棒 - 2:25
4. Send A Little Love My Way (Like Always) / 愛の贈りもの - 3:45
5. Let Her Go - 3:40
6. Little Moon - 3:10
7. The Story Of A Boy In Love / ボーイ・イン・ラヴ - 4:58
8. Living In The Land Of Abe Lincoln / リンカーンの祖国 - 3:00
9. Red Cab To Manhatten / 哀愁マンハッタン - 4:36
10. Sex Kittens Go To College / おてんば娘 - 1:30
11. City Girl - 4:56
12. My Clarinet / 僕のクラリネット - 3:00


◆プロデュース: Mike Mainieri(vib, sy), Tommy LiPuma

◆参加ミュージシャン: Stephen Bishop(vo, g, k, tb), Willie Weeks/John Giblin/Neil Jason(b), Andy Newmark/Phil Collins/Steve Gadd(ds), Gary Brooker/Don Gronlick/Chris Stainton(k), David Spinozza/Sid McGinnis/Jeff Mironov/Eric Clapton(g), Lenny Castro(per), David Lasley/Arnold McCuller/Phoebe Snow(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/04/09 16:11 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/567-92b4d311
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Peter Allen / Not The Boy Next Door 2017/08/22
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター