音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Nielsen-Pearsonの1983年のアルバム『Blind Luck』。
Nielsen-Pearson / Blind Luck
Nielsen-Pearsonは、Reed Nielsen(vo)とMark Pearson(vo)という二人のシンガー・ソングライターのユニット。1978年にアルバム・デビューした際は「The Nielsen Pearson Band」というバンドの形態であったが、直ぐにNielsenとPearsonのユニットとなり、続くアルバムを80年と83年に一枚ずつリリースしている。

本作『Blind Luck』は彼らの3枚目のアルバム。
プロデュースをBoz Scaggsの『Middle Man』などを手掛けたことで知られるBill Schneeが担当した。

曲は「Too Good To Last」を除いて、彼らのオリジナル。この曲はDavid Robertsの作で、Davidの82年のアルバム『All Dressed Up』からのカヴァーである。

参加ミュージシャンは、MaxusのMichael Landau(g)とRobbie Buchanan(k)に加えて、大半の曲のリズム・セクションをNeil Stubenhaus(b)とCarlos Vega(ds)が担当するという盤石の布陣。曲によって、Charles Johnson(g)やTOTOのSteve Lukather(g)が豪快にギターを弾いており、メリハリと重厚感のある爽快なサウンドになっている。

なお、Steve Lukatherがギターを弾いているのは「Hasty Heart」と「Fadeaway」の2曲のみ。たった2曲だが、上質なスパイスのように曲の良さを引き立て、鮮やかな印象を残している。

NielsenとPearsonは共にリード・ヴォーカルを担当することができる。二人のハーモニーはクールで美しく、しばしばPagesと比較される。アルバムを3枚しか残していないことや、最初はバンドの形態であったこと、活動時期がほぼ同じであることもPagesと共通する特徴だ。クールでメロウな質感の「I Hear You Breathing」や「Got Me Where You Want Me」などは、Pagesの曲であっても何ら不思議ではない。

Pagesとの唯一の違いは、Nielsen-Pearsonのアルバムの希少価値が高いこと。これだけ素晴らしい内容なのに、CD化されたのは1998年の1回のみ。日本のヴィヴィッド・サウンドから2作目と3作目の2 in 1で世界初CD化されているが、残念ながらその後の再発がない。ファースト・アルバムに至っては未だにCD化されておらず、私も聴いたことがない。

●収録曲
1. Hasty Heart - 4:04
2. Sentimental - 3:11
3. Too Good To Last - 3:21
4. Break Nobody's Heart - 3:40
5. I Hear You Breathing - 3:15
6. Lauralei - 4:00
7. Expectations - 2:55
8. Fadeaway - 3:19
9. Got Me Where You Want Me - 3:50
10. Carrie - 3:51


◆プロデュース: Bill Schnee

◆参加ミュージシャン: Reed Nielsen/Mark Pearson(vo)
with Steve Lukather/Michael Landau/Chales Johnson(g), Robbie Buchanan/Jai Winding/Richard Landis/Ian Underwood(k), Neil Stubenhaus(b), Carlos Vega/Vinnie Colaiuta(ds), Lenny Castro/Victor Feldman/Steve Forman(per), Joe Chemay(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/04/11 18:13 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/569-748b7f51
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2017/09/20
AOR名盤(1976年) - Silver / Silver (シルヴァー・ファースト) 2017/09/18
AOR名盤(1977年) - Fools Gold / Mr. Lucky 2017/09/15
AOR名盤(1978年) - Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud 2017/09/13
AOR名盤(1980年) - Paul Davis / Paul Davis (パステル・メッセージ) 2017/09/11
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター