音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Joe Chemay Bandの1982年のアルバム『The Riper The Finer / L.A.プレゼンツ』。
Joe Chemay Band / The Riper The Finer (L.A.プレゼンツ) (1982年)
Joe Chemay Bandは、セッション・ミュージシャンとして活躍するJoe Chemayが1981年に結成したバンド。本作は彼らの唯一のアルバムである。

Joe Chemayは70年代以降の数多くのアルバムに参加して、ベースやバック・ヴォーカルを担当している。70年代では、Elton Johnの『Blue Moves』(76年)、Leon Russellの『Americana』(78年)、Pink Floydの『The Wall』(79年)、The Beach Boysの『L.A. (Light Album)』(79年)などのビッグ・ネームと一緒に仕事をした。

Joe以外のメンバーであるBilly Walker(g), John Hobbs/Mike Meros(k), Paul Leim(ds)も、それぞれが70年代から活躍するセッション・ミュージシャン。したがって、彼らはTOTOやMaxusと同じように、セッション・ミュージシャンたちが作ったバンドである。

アルバム・タイトルの「The Riper The Finer」は"熟すほど良い"の意。自分たちは十分にキャリアを積んで熟しており、今がまさに聴き時だというメッセージだろう。

収録曲は「Proud」と「Love Is A Crazy Feeling」を除いて彼らのオリジナル。
この2曲は共にシングル・カットされ、「Proud」はBillboard Hot 100チャートの68位まで到達した。また「Love Is A Crazy Feeling」は、Elton Johnのバンドでギターを弾くDavey Johnstone等の作。そのElton Johnとの「Don't Go Breaking My Heart」のデュエットで知られるKiki Deeが、78年のアルバム『Stay With Me』でこの曲を歌っている。

また、オリジナル曲のうち「One Needs Another」は、Toby Beauの80年のアルバム『If You Believe / 愛のスケッチ』の収録曲をセルフ・カヴァーしたものだ。

このアルバムのフロント・カヴァーは、日本盤ではどういう訳か差し替えられた。原盤では、シックな緑を背景に、鮮やかな黄色の柑橘物にナイフを入れている。新鮮な果汁が今にも滴りそうなフレッシュなジャケットだ。

本作のサウンドも柑橘系のようにフレッシュ。ただし甘さや若さはなく、渋くてビターな柑橘系である。
洗練されたピアノのイントロが印象的な「Bad Enough」や、シングル・カットされた2曲のビターなメロディを聴くと、原盤のジャケットの方が本作のサウンドに相応しい感じがする。

●収録曲
1. Bad Enough - 3:58
2. Proud - 3:47
3. Once In A Life - 4:30
4. A Fine Line - 3:45
5. You Saw Me Coming - 3:25
6. Love Is A Crazy Feeling - 3:43
7. Holy Thunder - 4:23
8. One Needs Another - 3:12
9. Never Gonna Let You Go - 3:40


◆プロデュース: Joe Chemay(vo, b, ag), John Guess

◆参加ミュージシャン: Billy Walker(g), John Hobbs/Mike Meros(k), Paul Leim(ds)
with Louis Conte(per), Maxine Waters/Julia Waters(bv)


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/04/13 15:37 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(2)
コメント
こちらのアーティストも初めて知りました。まだまだ勉強不足・・(苦笑)
(PS)ピンクフロイドの初期時代、サイケデリック名曲集を公開いたしました~!ちょっと貴殿に葉古すぎるかな・・(苦笑)
2017/04/15 16:39 ローリングウエスト URL
Re: タイトルなし
RWさん、こんにちは。

ピンク・フロイド! いいですねぇ。私も心酔したバンドです。
『The Wall』『狂気』『あなたがここにいてほしい』『おせっかい』『原子心母』『ファイナル・カット』『アニマルズ』など、中期以降のアルバムから入っていきましたが、結局は全てのアルバムを聴くことになりました。

1988年の来日公演にも行きましたし、『The Wall』の映画も観ました。あと、『ピンク・フロイド・バレエ』というのも観に行きました。懐かしいなぁ~
2017/04/15 19:44 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/571-45ba967f
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2017/09/20
AOR名盤(1976年) - Silver / Silver (シルヴァー・ファースト) 2017/09/18
AOR名盤(1977年) - Fools Gold / Mr. Lucky 2017/09/15
AOR名盤(1978年) - Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud 2017/09/13
AOR名盤(1980年) - Paul Davis / Paul Davis (パステル・メッセージ) 2017/09/11
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター