音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

The Souther, Hillman, Furay Bandの1974年のアルバム『The Souther, Hillman, Furay Band』。
The Souther, Hillman, Furay Band / S.T. (1974年)
The Souther, Hillman, Furay Bandは、60年代終わりから70年代始めにかけてのウェストコースト・ロック・シーンで独自のキャリアを積んだJ.D. Souther, Chris Hillman, Richie Furayの3人が結成したバンド。

J.D. Souther(vo, g)は、Linda RonstadtやThe Eaglesとの仕事で知られるシンガー・ソングライター。ソロとしても1972年に『John David Souther』でアルバム・デビューしており、後のアルバム『You're Only Lonely』からは、タイトル曲がBillboard Hot 100チャートの7位を記録する。

Chris Hillman(vo, b, mandolin, g)はThe Byrdsの創設メンバー。その後もThe Flying Burrito BrothersやManassasでキャリアを積んだ、フォーク・ロック/カントリー・ロックの開拓者である。

Richie Furay(vo, g)も、Buffalo SpringfieldとPocoという重要グループを渡り歩いた。3人とも素晴らしい実績の持ち主であり、CS&N(Crosby, Stills & Nash)や、そこにNeil Youngを加えたCSN&Yのようなスーパー・グループの影響を受けたバンドと言える。

主要な3人以外に、サポート・メンバーとしてJim Gordon, Al Perkins, Paul Harrisが参加しており、アルバムのバック・カヴァーでは、その3人も「Gordon★Perkins★Harris」というタイトルで写っている。
The Souther, Hillman, Furay Band / S.T. (バック・カヴァー)

Jim Gordonは、Eric Clapton率いるDerek and the Dominosでの仕事で知られるセッション・ドラマー。スティール・ギターやドブロを担当するAl Perkinsとキーボード奏者のPaul Harrisは、Chris Hillmanと一緒にManassasのメンバーだった。

収録曲はSouther, Hillman, Furayの3人が別々に作って持ち寄っており、共作は一曲もない。Southerが4曲(3, 5, 7, 10)、Hillmanが3曲(2, 6, 8)、Furayが3曲(1, 4, 9)と、曲数も公平。リード・ヴォーカルもそれぞれが担当しており、パワー・バランスが均等だ。バンドというより民主的な集合体といった感じがするが、サウンドのまとまりはとても良い。

この中からは1曲目の「Fallin' in Love / 素晴らしき恋」がシングル・カットされ、チャートの27位をマークした。他にも、Furay作のメランコリックな「Belive Me」や、Souther作の爽快なナンバー「Border Town」、同じくSoutherのしっとりとした「Deep, Dark And Dreamless / 暗黒の夜」など、良曲が多い。アルバムはBillboard Pop Albumsチャートの11位を記録した。

彼らは75年にもTom Dowdのプロデュースにより、セカンド・アルバム『Trouble In Paradise』をリリースするが、この2枚で解散してしまう。CS&NもCSN&Yもスタジオ・アルバム1枚で解散しており、メンバーの頭文字を取ったスーパー・グループは短命であることが多い。Jeff Beckの作ったBB&A(Beck, Bogert & Appice)もそうだった。

●収録曲
1. Fallin' In Love / 素晴らしき恋 - 3:30
2. Heavenly Fire - 3:43
3. The Heartbreaker - 2:56
4. Belive Me - 5:03
5. Border Town - 3:52
6. Safe At Home - 2:53
7. Pretty Goodbyes - 3:40
8. Rise And Fall - 3:07
9. The Flight Of The Dove - 4:06
10. Deep, Dark And Dreamless / 暗黒の夜 - 5:37


◆プロデュース: Richard Podolor

◆参加ミュージシャン: J.D. Souther(vo, g), Chris Hillman(vo, b, mandolin, g), Richie Furay(vo, g)
with Jim Gordon(ds), Al Perkins(steel g, dobro), Paul Harris(k), Joe Lala(per)

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/04/16 15:26 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/572-e85b2f03
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター