音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Larry John McNallyの1986年のアルバム『Fade To Black』。
Larry John McNally / Fade To Black (1986年)
Larry John McNallyはアメリカのシンガー・ソングライター。R&Bをベースに、ジャジーでブルージーな渋い曲を作る人で、様々なアーティストが彼の曲を歌っている。1981年のファースト・アルバム『Larry John McNally / シガレット・アンド・スモーク』からは、8曲の収録曲のうち5曲がDevonsquare、Bruce Willis、Mavis Staples、Average White Band、Chaka Khan等にカヴァーされた。

本作『Fade To Black』は、Larry John McNallyのセカンド・アルバム。
"Fade To Black" というタイトルは、映画の場面などがフェード・アウトして真っ暗な画面になることを指すようだ。CDのライナー・ノーツには、「ある意味でロサンジェルスの娯楽産業から顔を背けたことの証」と本人が記している。ポピュラーな曲を作るということを意識せずに、書きたい歌を書いたということだろう。

本作のプロデュースは、Steely Danのプロデューサーとして有名なGary Katzが担当した。レコーディングはLAとNYで行われており、NYのレコーディングは、同じくSteely Danなどのエンジニアとして知られるElliot Scheinerが担当している。

本作の収録曲は全てLarryのオリジナル。そのうち2曲を大物がカヴァーした。
1つは「The Motown Song」。Rod Stewartが91年のアルバム『』でこの曲をカヴァーし、Billboard Hot 100チャートの10位となるヒットを記録した。もう1つは「Long Drag Off A Cigarette」。Joe Cockerが84年のアルバム『』で歌い、その録音にはLarryもギタリストとして参加している。

Larry John McNallyは、作る曲の渋さや粋な歌い方から "男Rickie Lee Johnes" などと呼ばれることがある。「キザな奴」と言ってしまえばそれまでだが、レトロなマイクを手に歌うジャケットも、86年らしからぬオールド・ファッションドなオーラを発している。

何曲かは小説からの影響を強く受けたとのこと。Jack Kerouac(ケルアック)の『』を読んで「The Beat Generation」を書き、Jim Carrollの『』を読んで「Tar On The Roof」が書かれた。「In My Indiscretion」はレイモンド・カーヴァーの影響らしい。「James Dean」は、John Steinbeck(スタインベック)の『East Of Eden / エデンの東』の影響だろうか。

●収録曲
1. My Obsession
2. James Dean
3. The Motown Song
4. Switchblade
5. Long Drag Off A Cigarette
6. Chinatown
7. The Beat Generation
8. In My Indiscretion
9. Tar On The Roof


◆プロデュース: Gary Katz, Larry John McNally(g, vo)

◆参加ミュージシャン: Buzzy Feiten/Dann Huff(g), Jimmy Haslip/Reggie McBride(b), André Fischer/Richard Feldman(ds), Richard Kelly(ds, k, sy), Michael Ruff(k, sy), Mitchell Froom(sy), Michael Fisher(per), Jude Johnstone/Leslie Smith(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/04/19 15:09 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/574-50e00556
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Peter Allen / Not The Boy Next Door 2017/08/22
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター