音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Stephen Bishopの1978年作『Bish / 水色の手帖』。
Stephen Bishop / Bish (水色の手紙)
Stephen Bishopはアメリカのシンガー・ソングライター。
自身のアルバム制作以外に映画音楽を数多く手掛けており、例えば1985年の映画『White Nights』の挿入曲「Separate Lives」は、Stephen Bishopの提供した曲だ。Phil CollinsとMarilyn Martinがこの曲を歌い、Billboard Hot 100チャートの1位を獲得している。
また、1982年の映画『Tootsie / トッツィー』では、テーマ曲「It Might Be You」をStephen Bishopが歌い、Billboard Hot 100チャートの25位をマークした。なお、俳優として映画に出演することもあるようだ。

本作は、Stephen Bishopのセカンド・アルバム。
まるで映画のサウンド・トラックのようなアルバムで、アルバム・カヴァーも映画のワン・シーンのよう。

1曲目の「If I Only Had A Brain」は、ミュージカル『オズの魔法使い』の挿入歌。
この曲と5曲目の「Guitar Interlude」、8曲目前半の「Prelude」はインストゥルメンタル曲となっている。

アップ・テンポな曲は「Everybody Needs Love」、「Vagabond from Heaven」、「I've Never Known a Nite Like This」の3曲くらいで、しっとりとした静かな曲がアルバムの殆どを占めている。
さながら恋愛映画を観ているような感覚になる、とてもロマンティックなアルバムだ。

甘酸っぱいメロディの「Everybody Needs Love」はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの32位をマーク。この曲のイントロを聴いて、東京ラブストーリーのテーマ曲、「ラブ・ストーリーは突然に」を連想するのは私だけか…

ロマンティックな「Looking for the Right One」は、Art Garfunkelの1975年のアルバム『Breakaway / 愛への旅立ち』に提供した曲のセルフ・カヴァー。同じ路線の「A Fool at Heart」は、Leah Kunkelが1979年のデビュー・アルバム『Leah Kunkel / リア』で歌っている。

ジャケットの美しい横顔の女性は、「Sara」という名前のモデルらしい。Stephen Bishopが40人のモデルの中から選んだ女性との事。Fleetwood Macの1980年のアルバム『Tusk』に収録された名曲「Sara」は、何と彼女のことを歌ったものらしい。
そんなロマンティックな裏話が、長門 芳郎氏の解説に記されていた。

●収録曲
1. If I Only Had a Brain - 1:40
2. Losing Myself in You - 3:58
3. Looking for the Right One - 3:50
4. Everybody Needs Love - 3:42
5. Guitar Interlude - 0:27
6. A Fool at Heart - 5:34
7. What Love Can Do - 2:53
8. Prelude / Vagabond from Heaven - 4:24
9. Bish's Hideaway - 3:57
10. Only the Heart Within You - 4:11
11. Recognized - 0:53
12. I've Never Known a Nite Like This - 4:24
13. When I Was in Love - 4:32


◆プロデュース: Stephen Bishop(vo, g, tb), Dee Robb

◆参加ミュージシャン: Michael Sembello/Steve Cropper/Ray Parker Jr.(g), David Foster/Greg Phillinganes/Steve Porcaro(k), David Hungate/Nathan Watts/Abraham Laboriel(b), Rick Shlosser(ds), Michael McDonald/Chaka Khan/Natalie Cole/Art Garfunkel/Leah Kunkel(bv), Marty Paich(strings ar), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/10/17 18:54 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(2)
コメント
スティーヴン・ビショップは本当に大好きでした、ほんわかした歌い方がいいんですよね~!やっぱり一番好きなのは「Save It For A Rainy Day/雨の日の恋」「オン・アンド・オン」ですね~
2016/10/17 22:21 ローリングウエスト URL [ 編集 ]
粋な人ですよね
肩の力の抜けた、粋でお洒落な人ですよね。
「Save It For A Rainy Day / 雨の日の恋」「オン・アンド・オン」もいいですね。デビュー・アルバム『Careless』からのヒット曲ですよね。
サード・アルバム『哀愁マンハッタン』が未聴だったのですが、9月にワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズからCDが再発されたので、聴いてみようと思います。
2016/10/18 01:02 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/59-67d5c5bc
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター