音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Art Garfunkelの1981年のアルバム『Scissors Cut / 北風のラストレター』。
Art Garfunkel / Scissors Cut (北風のラストレター) (1981年)
Art GarfunkelはNY生まれのシンガー・ソングライター。Paul Simonと組んだ「Simon & Garfunkel」の活動が有名だが、70年代以降はソロ活動に専念し、高音域の美しいテナー・ヴォイスをじっくり聴かせる良質なアルバムを作っている。

本作はArt Garfunkelの5枚目のソロ・アルバム。恋人のLaurie Birdに捧げたアルバムであり、クレジットの最後には "and is dedicated to you, Bird" と記されている。

女優であり写真家のLaurieは、Artの78年のアルバム『Watermark』のフロント・カヴァーを撮影した。その写真には、海辺でくつろぐ幸せそうなArtが収められているが、翌年にLaurieは自ら命を絶ち、帰らぬ人になってしまう。

本作『Scissors Cut』は、Laurieの死後に制作されたアルバム。Art Garfunkelにとって、特別な思いのある作品ということになろう。日本でのファースト・シングル「Hang On In / 北風のラストレター」はアップ・テンポなナンバーだが、それ以外は穏やかで静かな曲で構成された、とても美しいアルバムだ。

「Scissors Cut / 愛の回転木馬」「In Cars / 美しき若葉の頃」「That's All I've Got To Say / 愛してる、ただそれだけ…」の3曲はJimmy Webbの作。どれもJimmy Webbらしい格調高い名品で、「Scissors Cut」と「In Cars」の2曲は、Jimmy Webbの82年のアルバム『Angel Heart』にも収録されている。

「A Heart In New York」は、アメリカでのファースト・シングル。Billboard Hot 100チャートでは66位止まりであったが、ニューヨークという都会の緊張感と希望に満ちた街の空気を伝える名曲だ。

静謐でロマンティックな「Can't Turn My Heart Away / ひとり窓辺で」と「The Romance」はEric Kazの作品。このアルバムは、アメリカ盤とUK/日本盤で曲目が異なっており、「The Romance」はUK/日本盤のみの収録。アメリカ盤では、代わりに前作『Fate for Breakfast』から「Bright Eyes」がセレクトされている。

「The Romance」でのArt Garfunkelの歌声はとても繊細だ。朝靄の中から聴こえてくるようなその歌声は神秘的ですらあり、本作の中でもひと際美しい。

ここから「In Cars」へと続く流れは秀逸。「In Cars」にはPaul Simonもヴォーカルで参加しており、曲の最後には "Remember me to one who lives there, For she once was a true love of mine (そこに住むある人によろしく言ってくれ、彼女はかつての恋人だったから)" という「Scarborough Fair」の一節が歌われ、感動を誘う。

Art Garfunkelのアルバムの中で一番心を打つ作品。Artのアルバムから1枚を人に薦めるとしたら、迷わずにこれを選ぶ。

●収録曲
1. Scissors Cut / 愛の回転木馬 - 3:52
2. A Heart In New York - 3:14
3. Up In The World / 街はたそがれ - 2:17
4. Hang On In / 北風のラストレター - 3:47
5. So Easy To Begin / 雨の舗道 - 2:54
6. Can't Turn My Heart Away / ひとり窓辺で - 3:23
7. The French Waltz - 3:12
8. The Romance - 3:10
9. In Cars / 美しき若葉の頃 - 3:49
10. That's All I've Got To Say (Theme From "The Last Unicorn") / 愛してる、ただそれだけ… - 1:54


◆プロデュース: Roy Halee, Art Garfunkel(vo)

◆参加ミュージシャン: Andrew Gold/Pete Carr/Dean Parks(g), Joe Osborn/Tony Levin(b), Rick Shlosser/Rick Marotta/Russ Kunkel(ds), Larry Knechtel/Jimmy Webb(k), Rob Mounsey/Michael Boddicker(sy), Michael Brecker(sax), David Campbell(strings), Teo Macero(conductor), Paul Simon/Lisa Garber/Leah Kunkel(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/04/22 16:01 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(2)
コメント
天使の歌声
Jimmy Webbの楽曲が光りますね。
特に「In Cars」が大好きで…。この美しいメロディ、アートが歌うことで完璧な仕上がりに。美しいですね。
2017/04/22 22:53 240 URL [ 編集 ]
Re: 天使の歌声
240さん、こんにちは。

Jimmy Webbの作る曲はどれも良いですよね。私も「In Cars」はお気に入りです。
240さんの『Jimmy Webb / Angel Heart』の記事も拝見しました。

ところで、私のブログの『お気に入りブログ』に、240さんの「音楽の杜」のリンクを置かせて頂きました。
今後とも、よろしくお願いいたします。
2017/04/23 10:58 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/6-9fd0de47
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター