音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Tom Snowの1982年のアルバム『Hungry Nights』。
Tom Snow / Hungry Nights (1982年)
Tom Snowは様々なアーティストにヒット曲を提供してきたアメリカのソングライター。代表的なところでは、The Pointer Sistersの「He's So Shy / 内気なボーイ」(80年, 米3位)、Olivia Newton-Johnの「Make a Move on Me」(82年, 米5位)、Melissa Manchesterの「You Should Hear How She Talks About You / 気になるふたり」(82年, 米5位)、Deniece Williamsの「Let's Hear It for the Boy」(84年, 米1位)、Linda Ronstadtの「Don't Know Much」(89年, 米2位)などがある。ポップで品が良く、温かいメロディを書く人である。

ソロ・アルバムは1975年と76年、82年に1枚ずつを出しており、本作『Hungry Nights』は3作目。ギタリストのDean Parksがプロデュースを手掛けた珍しいアルバムである。

「Somewhere Down The Road」と「Don't Call It Love」の2曲以外は全て、このアルバムのための書き下ろし。優れたソングライターだけに、耳になじむ良質なメロディが揃っている。

「Somewhere Down The Road / きっと、どこかで」は、今は別れても、きっとどこかでまた出会うということを力強く伝える感動のバラード。Barry Manilowが81年のアルバム『』で歌った曲で、Barry Manilowのシングルは、Billboard Hot 100チャートの22位をマークした。

「Don't Call It Love」は、Kim Carnesの81年のアルバム『』に提供したポップなナンバー。グラミー受賞曲「Bette Davis Eyes / ベティ・デイヴィスの瞳」を収めたアルバムだ。

全曲の作詞/作曲のクレジットは次のとおり。
Tom Snow作曲/Cynthia Weil作詞が4曲(1, 2, 5, 6)、Snow/Eric Kazの共作が2曲(3, 4), Snow作曲/Dean Pitchford作詞が1曲(7)、Snow作曲/Richard Wolf作詞が1曲(8), Snow/John Farrarの共作が1曲(9)、Snowの作詞・作曲が1曲(10)である。

「Somewhere Down The Road」もそうだが、弾き語りに近いスタイルで歌われる「Time Of Our Lives」のようなしっとりとした曲では、Tom Snowの作るメロディの素晴らしさが際立つ。また、Tom Snowは歌っても上手い。美声という感じではないが、ビブラートを細やかに効かせた丁寧な歌い方をする。

このアルバムのCDは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年7月に再発された。真っ赤な夕日のカヴァー・アートが印象的だが、これは日本のアナログ盤のジャケットを再現したもの。オリジナルのジャケットには、Tom Snowが葉巻をくわえてポーズを決める渋い写真が使われている。

●収録曲
1. Hungry Nights - 3:38
2. Straight For The Heart - 3:21
3. Love Hangs By A Thread / 愛はひとすじの糸に似て - 4:11
4. Our Song / アワ・ソング・ワンスモア - 3:37
5. Somewhere Down The Road / きっと、どこかで - 3:48
6. Soon - 3:57
7. Don't Call It Love - 3:01
8. I Almost Let You Go / ふりむけば愛 - 3:49
9. I Think I Know Too Much / アイ・ノウ・トゥー・マッチ - 4:00
10. Time Of Our Lives - 3:36


◆プロデュース: Dean Parks(g, b, sy, sax, strings ar)

◆参加ミュージシャン: Tom Snow(vo, k, strings ar), Lee Sklar/Abraham LaBoriel/Hadley Hockensmith(b), Jeff Porcaro/Ed Greene/Tris Imboden/Mike Baird(ds), Lenny Castro(per), Richard Page/Tom Kelly(bv), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/23 14:53 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(2)
コメント
He's So Shyはポインターシスターズでよく聴きましたがこの方が作曲されたのですか?幅広い方なのですね!
下記のジミーウエッブ「エンジェルハート」大好きな名盤でした。
2017/05/24 06:18 ローリングウエスト URL
Re: タイトルなし
RWさん、こんばんは。

そうなんです。「He's So Shy」はTom Snowが曲を書いてます(作詞はCynthia Weil)。CherとPeter Ceteraがデュエットした「After All」(89年, 米6位)なんかもTom Snowの曲ですね。

Tom Snowと持ち味は違いますが、Jimmy Webbの曲も多くのミュージシャンに愛されてますね。普遍的な良さがあるのだろうと思います。
2017/05/24 23:28 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/80-f20693ce
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
AOR名盤(1988年) - Boz Scaggs / Other Roads 2017/08/08
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター