音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Boz Scaggsの1988年のアルバム『Other Roads』。
Boz Scaggs / Other Roads (1988年)
Boz Scaggsはアメリカのブルーアイド・ソウル/Adult Contemporaryシーンを代表するシンガー・ソングライター。60年代後半にSteve Miller Bandの2枚のアルバムに参加したり、70年代初めに自身のバンドを率いて活動した時期もあるが、基本的にはソロのアーティストとして活動を続けている。

Boz Scaggsの名を広めたのは76年のグラミー受賞作『Silk Degrees』であり、Bozの代表作として、あるいはAOR屈指の名盤として高い評価を得ている。その後、『Down Two Then Left』(77年)、『Middle Man』(80年)と、AORのヒット作が続き、それから8年のブランクを空けて本作『Other Roads』がリリースされた。

前作『Middle Man』をプロデュースしたBill Schneeが本作でも中心となってプロデュースを担当し、他にStewart Levineが2曲(2, 3)、Boz本人もDavid Williamsと共同で1曲(6)をプロデュースしている。

11曲のうち7曲はBozのオリジナルで、残り4曲(3, 5, 7, 8)は他作。オリジナル曲も全て共作で、詩人でロック・シンガーのJim Carroll、Dann Huff(g)、Marcus Miller(b)、Bobby Caldwell等が共作者になっている。

他作の曲に関しては、「Heart Of Mine」がBobby CaldwellやChicagoのJason Scheff等の作。「I Don't Hear You」と「Crimes Of Passion」がJim CarrollとDann Huff等の作。CDのみに収録の「Soul To Soul」がBill SchneeとMarcus Millerの作だ。美しいバラードの「Heart Of Mine」はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの35位をマークした。

サウンドは、これまでのアルバムと比べてかなりマッシヴ。ハードなギター・プレイやドライヴ感溢れる力強いナンバーが目立つ。Dann HuffやMarcus Millerなどの実力派が、プレイヤーとしてだけでなく曲作りに大きく関わったことの効果だろう。『Silk Degrees』の頃にあったような甘さはなく、成熟した硬派な曲が多い。

Bobby Caldwellは「Heart Of Mine」以外にもう1曲、ラストのジャズィなバラード「The Night Of Van Gogh」をBozと共作している。この曲ではDavid Paichがピアノを弾き、父親のMarty Paichと一緒にストリングス・アレンジを担当。Jeff PorcaroのドラムスとMarcus Millerのベースという組み合わせも贅沢だ。ゴッホの代表作の一つ『星月夜(The starry night)』を思わせるタイトルも秀逸で、ロマンティックなクロージングになっている。

●収録曲
1. What's Number One? - 3:58
2. Claudia - 4:07
3. Heart Of Mine - 4:12
4. Right Out Of My Head - 5:26
5. I Don't Hear You - 4:42
6. Mental Shakedown - 4:10
7. Soul To Soul - 5:01
8. Crimes Of Passion - 4:02
9. Funny - 5:51
10. Cool Running - 4:14
11. The Night Of Van Gogh - 4:20


◆プロデュース: Bill Schnee, Stewart Levine, David Williams(g), Boz Scaggs(vo)

◆参加ミュージシャン: Dann Huff/Michael Landau/Buzz Feiten/Paul Jackson, Jr./Carlos Rios/Steve Lukather(g), Marcus Miller/David Hungate(b), Jeff Porcaro/John Robinson(ds), Lenny Castro/Paulinho da Costa(per), Larry Williams/Robbie Buchanan/Alan Pasqua/David Paich(k), Marty Paich(string ar), Jerry Hey(horn), David Lasley/James Ingram/Siedah Garrett/Timothy B. Schmit(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/08/08 16:37 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/87-40aea94c
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1974年) - Nick DeCaro / Italian Graffiti 2017/09/26
AOR名盤(1979年) - The Bliss Band / Neon Smiles 2017/09/24
AOR名盤(1982年) - China / China (夜明けのダンサー) 2017/09/22
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2017/09/20
AOR名盤(1976年) - Silver / Silver (シルヴァー・ファースト) 2017/09/18
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター