音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Earl Klughの1980年のアルバム『Late Night Guitar』。
Earl Klugh / Late Night Guitar (1980年)
Earl Klugh(アール・クルー)は有名なジャズ・ギタリスト。

本作は、Bob Jamesとの79年のコラボ作『One on One』を除くと、通算7枚目となるスタジオ・アルバムです。きれいなジャケットがとてもロマンティックで印象的です。

猛暑で寝苦しい夜が続きます。高原の涼風のような音楽で癒され、涼しくなりたいものですが、そんな時に効果てきめんのアルバムです。Earl Klughの涼やかなアコースティック・ギターを聴いていると、気温も湿度も下がる心地がします。

冬にも合うアルバムです。Earl Klughはサムピックを使わずに指の爪でギターを弾いているらしく、音に人肌の温かさがあります。寒い夜に聴けば、心が温かくなること請け合いです。

出会えたことに感謝したくなるような気持ちのいいアルバムです。

●収録曲
1. Smoke Gets In Your Eyes
2. Nice To Be Around (Nice To Have Around)
3. Like A Lover
4. Laura
5. Jamaica Farewell
6. Tenderly
7. Mona Lisa
8. Triste
9. Two For The Road
10. Mirabella
11. Lisbon Antigua
12. A Time For Love
13. I'll Never Say Goodbye (The Promise)


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2013/07/14 17:48 Jazz / Fusion TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/88-51ca49a2
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
Rock名盤(1980年) - Paul Simon / One Trick Pony 2017/08/20
Soul/R&B名盤(1985年) - Dionne Warwick / Friends 2017/08/16
Rock名盤(1977年) - Dave Mason / Let It Flow (流れるままに) 2017/08/14
Rock名盤(1977年) - The Sons Of Champlin / Loving Is Why 2017/08/12
AOR名盤(1977年) - Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) 2017/08/10
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター