音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Bill Champlinの1978年のアルバム『Single / 独身貴族』。
Bill Champlin / Single (独身貴族) (1978年)
Bill Champlinはカリフォルニア生まれのベテラン・シンガー。60年代から活動しており、ロック・バンドのSons Of Champlinを率いて65年から77年まで活動したのちにソロに転向し、セッション・ヴォーカリストやソングライターとして精力的に活動を続けた。Chicagoの元メンバーとしても知られており、82年の名作『16 / ラヴ・ミー・トゥモロウ』からChicagoに加入し、2009年に脱退するまでキーボード、ギター、ヴォーカルを担当している。ChicagoというとPeter Ceteraのイメージが強いが、在籍期間はBill Champlinの方が長い。

ソロ・アルバムはこれまでにライヴ盤も含めて8枚を制作しており、本作はファースト・ソロ・アルバム。Sons Of Champlinを解散してからChicagoに加入するまでの間に制作されたアルバムである。

本作ではまだ駆け出しのDavid Fosterをプロデューサーに起用。Fosterの他にTOTOのメンバーやJay Graydon、Michael McDonald等、この後のAORシーンを牽引する主要なミュージシャンが集い、活気に満ちたフレッシュなサウンドが生まれた。

私がAORを聴くようになった最初の頃に出会ったアルバムで、1曲目の「What Good Is Love」を聴いて、その溌剌としたメロディとガッツのある演奏をとても気に入ったことを覚えている。

この曲はHarry GarfieldとJay Graydonによる共作だが、残りは全てBill Champlinの作/共作。David Foster等が共作者となっている。

「I Don't Want You Anymore」は、ファンキーでノリの良いリズムとフュージョン・タッチの洗練された演奏の両方を味わえる好ナンバー。ただ勢いがあるだけでなく、サウンドの細部まで緻密に練られているところがこのアルバムの良さだ。

「We Both Tried」はメロディの美しいロマンティックなバラードで、Bill Champlinのソウルフルな熱唱を味わえる。Robbie Dupreeも80年のデビュー作『Robbie Dupree / ふたりだけの夜』でこの曲をカヴァーした。

Bill Champlinのヴォーカルは表情豊かでパワフル。また曲ごとのクレジットがないので詳細は分からないが、Jeff Porcaroと思われるしなやかで引き締まったドラムスも随所で聴こえてくる。

昨年7月にソニーの「AOR CITY 1000」シリーズからCDが再発されており、お薦め。アルバム全体がポジティヴなムードに満ちており、聴くと元気をもらえる。

●収録曲
1. What Good Is Love - 3:40
2. I Don't Want You Anymore - 3:56
3. We Both Tried - 4:56
4. Yo' Mama - 4:09
5. Fly With Me - 3:59
6. Love Is Forever - 3:59
7. Careless - 3:53
8. Elayne - 3:30
9. Keys To The Kingdom - 5:08


◆プロデュース: David Foster(k)

◆参加ミュージシャン: Bill Champlin(vo, g, k), Jay Graydon(g, sy), Steve Lukather/Ray Parker, Jr.(g), David Paich(k), Steve Porcaro(sy), David Hungate/David Shields(b), Jeff Porcaro/Larry Tolbert/Duris Maxwell(ds), Jerry Hey(horn), Marty Paich(strings), Daryl Hall/Bobby Kimball/Michael McDonald(bv), etc

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/05/20 19:54 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(2)
コメント
ダリル・ホール
こんばんは。
私も大好きな1枚です。何と言っても1曲目ですよね。一発で分かるジェイ・グレイドンのギター。撥ねるリズムはジェフ・ポーカロ。大好きです。
このアルバム、実はダリル・ホールがコーラスにクレジットされているのですが、彼の声がなかなか聴きとれず。どの曲に参加されているのやら。翌年、ホール&オーツはフォスターのプロデュースで大ヒットを飛ばすことになります。この時代、TOTOを中心とした繋がりを感じさせますね。
2017/05/20 20:25 240 URL [ 編集 ]
Re: ダリル・ホール
240さん、こんばんは。

240さんもこのアルバムの記事を書いていたのですね。本作の1曲目のクレジットが『Jaye P.Morgan』の1曲目「I Fall In Love Everybody」と同じであること、240さんの記事で初めて知りました。なるほど、曲のフィーリングが同じですね。勉強になりました。
2017/05/20 20:51 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/9-065c8fc1
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1978年) - Kenny Loggins / Nightwatch 2017/06/25
AOR名盤(1981年) - James Taylor / Dad Loves His Work 2017/06/24
AOR名盤(1979年) - J.D. Souther / You're Only Lonely 2017/06/23
AOR名盤(1976年) - Ned Doheny / Hard Candy 2017/06/22
AOR名盤(1979年) - Deniece Williams / When Love Comes Calling 2017/06/21
アクセスカウンター