音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Geordieの5CDのBOXセット『The Albums』。
Geordieは、AC/DCのヴォーカリストであるBrian Johnsonが在籍したイギリスのロック・バンド。

先日このブログで紹介したが、ネットでオーダーした商品が昨日届いたので、参考までにBOXセットの画像を紹介する。



光沢のある外箱。
Geordie / The Albums 外箱画像1

外箱の裏面には、Disc1~Disc5のジャケットのサムネイル画像と曲目リストがプリントされている。
Geordie / The Albums 外箱画像2

外箱はこんな感じで開く。
Geordie / The Albums 外箱画像3

外箱を開けると、一番上にブックレットがあった。
Geordie / The Albums 外箱画像4

CDは紙のケースに一枚ずつ収まっている。紙ジャケットという感じではなく、薄い紙のケースだ。
Geordie / The Albums 外箱画像5

CDのレーベル面には、ジャケットと同じデザインがプリントされており、ひと手間かけているところが好印象。
Geordie / The Albums 外箱画像6

BOXセットの内容は、外箱、ブックレット、アルバム×5枚。
Geordie / The Albums 外箱画像7

ブックレットは表・裏表紙を含めて20ページのボリューム。詳細な解説(英語だが…)と各種スナップ・ショットが掲載されている。
Geordie / The Albums ブックレット(表)Geordie / The Albums ブックレット(裏)

Disc1は『Hope You Like It』(1973年作)。ボーナス・トラックが6曲収録されていた。
Geordie / The Albums Disc1(表)Geordie / The Albums Disc1(裏)

Disc2は『Don't Be Fooled by the Name』(1974年作)。残念ながら、ボーナス・トラックは収録されていない。
Geordie / The Albums Disc2(表)Geordie / The Albums Disc2(裏)

Disc3は『Save the World』(1976年作)。ボーナス・トラックが4曲収録されている。
Geordie / The Albums Disc3(表)Geordie / The Albums Disc3(裏)

Disc4は『No Good Woman』(1978年作)。ボーナス・トラックが4曲収録されている。
Geordie / The Albums Disc4(表)Geordie / The Albums Disc4(裏)

Disc5はBrian Johnson And Geordie名義の1981年作『Brian Johnson And Geordie』。ボーナス・トラックはない。
Geordie / The Albums Disc5(表)Geordie / The Albums Disc5(裏)

以上、ご参考までに。

●BOXセットの内容
1. 『Hope You Like It』(1973年)
2. 『Don't Be Fooled by the Name』(1974年)
3. 『Save the World』(1976年)
4. 『No Good Woman』(1978年)
5. 『Brian Johnson And Geordie』(1981年)


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/07/04 20:26 BOXセット(Hard Rock) TB(0) CM(0)
久しぶりにHard RockのBOXセットの紹介を。
Geordieの5CDのBOXセット『The Albums』。
5月27日に輸入盤のセットがCherry Redレーベルから発売された。

Geordieは、AC/DCのヴォーカリストであるBrian JohnsonがAC/DC加入前に在籍したイギリスのロック・バンド。

1972年に結成され、Brian Johnson(vo), Vic Malcolm(g, vo), Tom Hill(b), Brian Gibson(ds)の4人で活動をスタート。
その後、何回かメンバー交代をしている。

『Hope You Like It』(1973年)、『Don't Be Fooled by the Name』(1974年)、『Save the World』(1976年)、『No Good Woman』(1978年)の4枚のアルバムをリリース後、1980年にBrian Johnsonが抜けてAC/DCに移籍。

BOXセットにはもう1枚、Brian Johnson And Geordie名義の1981年作『Brian Johnson And Geordie』が収められている。

私はセカンド・アルバム『Don't Be Fooled by the Name』のCDを所有しており、これがなかなかカッコいい。

Brian Johnsonのだみ声や、重厚でどっしりしたサウンドはいかにもAC/DCっぽいが、随所にブリティッシュらしい風合いがあり、それが堪らない魅力になっている。

このアルバムには、トラディショナル・フォーク・ソング「House of the Rising Sun」のカヴァーが収録されている。
The Animalsのワイルドなカヴァーが大ヒットして有名だが、Brian Johnsonのヴォーカルに合わない訳がなく、いぶし銀のハード・ロックに仕上がっている。

GeordieはBrianが抜けてからもしばらく活動しており、1983年には『No Sweat』をリリース。
これがラスト・アルバムとなったが、BOXセットには残念ながら収録されていない。

今日、ネットでBOXセットをオーダーした。
商品の到着が楽しみである。

●BOXセットの内容
1. 『Hope You Like It』(1973年)
2. 『Don't Be Fooled by the Name』(1974年)
3. 『Save the World』(1976年)
4. 『No Good Woman』(1978年)
5. 『Brian Johnson And Geordie』(1981年)


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/06/21 19:35 BOXセット(Hard Rock) TB(0) CM(0)
ヴァイオリニストJean-Luc Pontyの5CDのBOXセット『Original Album Series』です。
今年2016年の1月に発売されました。

Jean-Luc Pontyの『Original Album Series』には、2012年に発売されたVol.1があり、70年代後半の5作品、『Upon the Wings of Music』(1975年)、『Aurora / 極光』(1976年)、『Imaginary Voyage / 桃源への旅立ち』(1976年)、『Enigmatic Ocean / 秘なる海』(1977年)、『Cosmic Messenger』(1978年)を収めています。

いずれも、ジャズ・ロックの名盤です。

今回発売されたシリーズはVol.2で、Vol.1に続く5作品、『A Taste for Passion』 (1979年)、『Live』 (1979年)、『Civilized Evil』 (1980年)、『Mystical Adventures』 (1982年)、『Individual Choice』 (1983年)を収録しています。

この2つのシリーズで、Jean-Luc Pontyのキャリアのピークと言える時期の作品を網羅することができ、嬉しいセレクションです。

『Civilized Evil』からは、ベースをRandy Jacksonが担当。
また『Individual Choice』では、ギターをAllan Holdsworthが、シンセサイザーとミニ・ムーグをGeorge Dukeが担当しています。
このあたり、フュージョンやジャズ・ロック好きの興味をそそります。

特にAllan Holdsworthは、『Enigmatic Ocean / 秘なる海』以来の共演。
流れるような早弾きを再び拝聴することができます。

1979年作の『Live』も驚くほど音が良く、ポイントが高いです。

とても満足感のある、お薦めのBOXセットです。

●収録曲
1. 『A Taste for Passion』 (1979年作)
2. 『Live』 (1979年作)
3. 『Civilized Evil』 (1980年作)
4. 『Mystical Adventures』 (1982年作)
5. 『Individual Choice』 (1983年作)


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2016/04/06 16:55 BOXセット(Jazz Rock) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1979年) - The Bliss Band / Neon Smiles 2017/09/24
AOR名盤(1982年) - China / China (夜明けのダンサー) 2017/09/22
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2017/09/20
AOR名盤(1976年) - Silver / Silver (シルヴァー・ファースト) 2017/09/18
AOR名盤(1977年) - Fools Gold / Mr. Lucky 2017/09/15
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター