音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Silverの1976年のアルバム『Silver / シルヴァー・ファースト』。
Silver / Silver (1976年)
SilverはLAで結成された5人組。元Batdorf & RodneyのJohn Batdorf(vo, g)と後にGrateful Deadに参加するBrent Mydland(vo, k)、The Eaglesの創設メンバーであるBernie Leadonの弟のTom Leadon(vo, b)等によって1976年に結成された。ウェストコースト産の爽やかなヴォーカル・ハーモニーを聴かせる素敵なグループであるが、本作一枚を残して解散した。

いきなりのメランコリックなバラード「Musician (It's Not an Easy Life)」に感動する。この1曲を聴くためだけにアルバムを手にする価値がある。

この曲は、ミュージシャンとして生きていくことの決意と悲哀を歌っている。サビでは
To be a musician
And I can see
It's not an easy life
It's not an easy life to live.
と歌い、
And I keep on smilin'
Ooooh smilin'
Smilin' to hide the pain
Inside I'm cryin'
Ooooh cryin'
And it's hard
It's hard to explain
と続ける。これをエレピの優しい伴奏と爽やかなヴォーカル・ハーモニーを主体に最後まで切々と歌う。しみじみとした感動を覚える名曲だ。

作者のBrent Mydlandはこの歌のように生きた。79年にGrateful Deadのメンバーになり、90年まで活動し、その年に37歳の若さで亡くなっている(死因はドラッグ)。Brent Mydlandが書いたもう1曲「Climbing」も素晴らしい歌で、高みを目指して上り続けることの希望と不安を歌っている。

収録された10曲のうち7曲がメンバーのオリジナルで、John Batdorfが2曲(6, 10)、Brent Mydlandが2曲(1, 7)、Greg Collierが3曲(4, 5, 9)を書いている。

他作の曲のうち、ポップで爽やかな「Wham Bam (Shang-A-Lang) / 恋のバンシャガラン」はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの16位となるヒットを記録した。

「All I Wanna Do」と「Trust in Somebody」も明るくノリの良い曲だが、全体的にはスロー~ミディアム・テンポの穏やかな曲が占める。ラストではEaglesが歌いそうな渋いナンバーの「Goodbye, So Long」を歌い、本当にグループの最後になった。陽気な邦題の付いた「恋のバンシャガラン」の爽やかな "sha la la la" も、何だか刹那的に聴こえる。

●収録曲
1. Musician (It's Not an Easy Life) - 4:47
2. All I Wanna Do - 2:40
3. Memory / 想い出 - 3:28
4. No Wonder - 6:01
5. Trust in Somebody / 誰かを信じて - 3:32
6. It's Gonna Be Alright - 3:06
7. Climbing - 3:18
8. Wham Bam (Shang-A-Lang) / 恋のバンシャガラン - 3:32
9. Right on Time - 2:45
10. Goodbye, So Long / さらば恋人よ - 3:44


◆プロデュース: Tom Sellers(ar), Silver(ar), Clive Davis

◆参加ミュージシャン: John Batdorf(vo, g), Greg Collier(vo, g), Brent Mydland(vo, k), Tom Leadon(vo, b), Harry Stinson(vo, ds)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/09/18 16:42 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
Fools Goldの1977年のアルバム『Mr. Lucky』。
Fools Gold / Mr. Lucky (1977年)
Fools GoldはDan Fogelbergのバック・バンドとして活動をスタートしたウェスト・コーストのグループ。デビュー・アルバムは1976年の『Fools Gold』で、その頃の彼らは4人組であったが、セカンド・アルバムの本作『Mr. Lucky』をリリースする頃には、Tom KellyとDenny Hensonのデュオ・グループになっている。

本作は、爽やかなウェスト・コースト・サウンドが詰まった柑橘系フルーツのようなアルバム。"闇夜に浮かび上がるゴールドのネオン" というジャケットからは想像できない快晴のサウンドを聴くことができる。「Wouldn't I Love To Love You」や「Fly Away」のようなバラードにも、じめっとした湿度はなく、メロディの美しさと二人のハーモニーの爽やかさが印象に残る。

全曲が二人のオリジナルで、Tom Kellyはその全てに貢献。バック・ミュージシャンは、TOTOの面々(Mike Porcaro, Jeff Porcaro, David Paich)やDavid Foster、Bill Champlin等、LAの実力派で固められ、演奏とサウンドはフレッシュで生き生きとしている。

本作を最後に彼らはグループを解散。伸びやかなハイトーン・ヴォーカルを操るTom Kellyは売れっ子のバックアップ・シンガーとなり、『Airplay / ロマンティック』を始めとする多くのアルバムに参加するほか、Billy Steinbergとi-Tenというユニットを組み、83年に唯一のアルバム『Taking A Cold Look』を残している。

このTomとBillyは優れたソングライター・チームとしてその後も活躍し、Madonnaの「Like a Virgin」(84年)を始め、Cyndi Lauperの「True Colors」(86年)、Whitney Houstonの「So Emotional」(87年)、Heartの「Alone」(87年)、The Banglesの「Eternal Flame」(89年)と、80年代に全米No.1ヒットを量産した。

本作のCDは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年8月に再発。i-Tenの『Taking A Cold Look』のCDも同時に再発されており、お薦めである。

●収録曲
1. Sweet Country Air - 4:14
2. I Can Hear The Whistle Blow / 口笛が聞こえる - 2:54
3. Wouldn't I Love To Love You / ラヴ・ユー - 4:24
4. Runnin' And Hidin' - 3:53
5. Fly Away - 3:54
6. Gypsy Brew - 2:43
7. Mr. Lucky - 4:16
8. Where Did Our Love Go Wrong / ゴー・ロング - 3:58
9. Captain - 5:57


◆プロデュース: Keith Olssen

◆参加ミュージシャン: Tom Kelly/Denny Henson(vo, g, ar)
with Andrew Gold/Waddy Wachtel(g), David Foster(k, ar), David Paich/Bill Champlin(k), Mike Porcaro(b), Jeff Porcaro(ds, per), Dan Forgelberg(lap steel), Mel Collins/Tom Scott(sax), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/09/15 17:50 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(2)
Melissa Manchesterの1978年のアルバム『Don't Cry Out Loud / あなたしか見えない』。
Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud (あなたしか見えない) (1978年)
Melissa Manchesterは、女優としても活動するニューヨーク生まれのシンガー・ソングライター。彼女の歌声には、うなだれている人に前を向かせるような力がある。このアルバムは7作目。プロデュースをLeon Wareが担当したことで、ブラック・コンテンポラリー・テイストのサウンドに仕上がっている。

収録曲は、Melissa Manchesterの作/共作が8曲、残り2曲(3, 5)が他作という構成。他作のうち「Don't Cry Out Loud / あなたしか見えない」はPeter AllenとCarole Bayer Sagerの共作。「Bad Weather / 恋は雨模様」はThe Supremesの73年の曲のカヴァーで、Stevie Wonder等が書いている。

本作の発売当時、タイトル曲の「Don't Cry Out Loud」には、曲の内容に相応しい「哀しみは心に秘めて」という邦題が付いていた。この名曲は76年に書かれており、作者の一人であるPeter Allenも77年のライヴ・アルバム『』(日本未発売)と79年のスタジオ・アルバム『』でこの曲を歌い、シングル・リリースもしている。このPeter Allenのバージョンに「あなたしか見えない」という邦題が付され、それ以降、本作の邦題も「あなたしか見えない」に変わったという経緯のようだ。

切ないが凛としたメロディが感動を誘うこの曲は、Billboard Hot 100チャートの10位となるヒットを記録した。Melissa Manchesterの歌が見事で、泣きじゃくる女性を "Fly high and proud (自信をもって飛び立つのよ)" と励ますくだりの歌声に胸を打たれ、不覚にも涙腺が緩んでしまう(毎度のこと)。Peter AllenやRita Coolidgeのバージョンも良いが、Melissa Manchesterの歌が一番である。

他にも、颯爽とした曲調の「Shine Like You Should / かがやくあなた」や、Leon Wareと共作したメロウ・ソウルの「Almost Everything」、心地よい高揚感のある「Bad Weather」、Carole Bayer Sagerと共作した優しいメロディの「To Make You Smile Again / 微笑をもう一度」など、素敵なトラックが多い。

David T. Walker(g), Richard Tee(k), Chuck Rainey(b), James Gadson(ds)等、ジャズ/フュージョン・シーンで活躍する一流の黒人ミュージシャンによる濃厚でしなやかな演奏も素晴らしいが、何よりもMelissaの歌に力がある。

歌声に元気づけてもらう。そういうことを実感できる大切なアルバムである。

●収録曲
1. Shine Like You Should / かがやくあなた - 3:13
2. Caravan - 3:42
3. Don't Cry Out Loud / あなたしか見えない - 3:50
4. Almost Everything - 2:44
5. Bad Weather / 恋は雨模様 - 3:20
6. Through The Eyes Of Grace / グレースのつぶやき - 4:01
7. To Make You Smile Again / 微笑をもう一度 - 4:51
8. Such A Morning - 2:51
9. Knowin' My Love's Alive / 愛をみつめて - 4:00
10. Singin' From My Soul - 3:29


◆プロデュース: Leon Ware(ar, bv), Harry Maslin

参加ミュージシャン: Melissa Manchester(vo, p), David T. Walker/Lee Ritenour/Jay Graydon(g), Richard Tee/Greg Phillinganes/Bill Payne(k), Chuck Rainey/David Hungate(b), James Gadson/Jim Keltner/Ed Greene(ds), Lenny Castro(per), Tom Saviano/Gene Page/Barry Fasman(ar), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



2017/09/13 19:45 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1979年) - The Bliss Band / Neon Smiles 2017/09/24
AOR名盤(1982年) - China / China (夜明けのダンサー) 2017/09/22
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2017/09/20
AOR名盤(1976年) - Silver / Silver (シルヴァー・ファースト) 2017/09/18
AOR名盤(1977年) - Fools Gold / Mr. Lucky 2017/09/15
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター