音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Art Garfunkelの1975年のアルバム『Breakaway / 愛への旅立ち』。
Art Garfunkel / Breakaway (愛への旅立ち)
Art GarfunkelはNY生まれのシンガー・ソングライター。Paul Simonと組んだ「Simon & Garfunkel」の活動があまりにも有名だが、70年代以降はソロ活動に専念し、高音域の美しいテナー・ヴォイスをじっくり聴かせる良質なアルバムをリリースしている。

本作は、Art Garfunkelの2枚目のソロ・アルバム。カヴァー曲や外部のライターが書き下ろした曲のみで構成したアルバムである。各々のプロフィールは以下のとおり。

●カヴァー曲
「I Believe / 永遠の想い」:Stevie Wonderの72年のアルバム『Talking Book』から。
「Rag Doll / 悲しきラグ・ドール」:Steve Eatonの74年のアルバム『Hey Mr. Dreamer』から。
「Disney Girls」:The Beach Boysの71年のアルバム『Surf's Up』から。(Bruce Johnston作)
「Waters of March / 春の予感」:Antonio Carlos Jobimの73年のアルバム『Jobim』から。
「I Only Have Eyes for You / 瞳は君ゆえに」:ジャズ・スタンダード。(Al Dubin, Harry Warren作)
「99 Miles From L.A. / L.A.より99マイル」:Albert Hammondの75年の同名アルバムから。

●書き下ろし
「Break Away / 愛への旅立ち」(Gallagher and Lyle):彼らも翌年のアルバム『Break Away』に収録。
「My Little Town」(Paul Simon):Paulも同年のソロ・アルバム『時の流れに』に収録。
「Looking for the Right One / めぐり会い」(Stephen Bishop):Stephenも78年作『水色の手帖』に収録。
「The Same Old Tears on a New Background」(同上):Stephenも76年のアルバム『Careless』に収録。

このうち、「I Only Have Eyes for You / 瞳は君ゆえに」、「Break Away / 愛への旅立ち」、「My Little Town」、「I Believe / 永遠の想い」の4曲がシングル・カットされ、最初の3つはBillboard Hot 100チャートの各々18位、39位、9位をマークした。また、アルバム自体もBillboard 200チャートの9位に到達している。

本作のハイライトはやはり、Paul Simonとのデュエットが久し振りに実現した「My Little Town」だろう。Simon & Garfunkelの歌声には、きんと冷えた冬の朝のような清潔感と緊張感があって好きなのだが、この抜群にフレッシュな曲にも同じ歌声を聴くことができる。

また、ロマンティック・バラードの達人として知られるStephen Bishopが書き下ろした2曲も名曲中の名曲。Art Garfunkelほど高音ではないが、Stephen Bishopも美しいテナー・ヴォイスの持ち主。両曲ともセルフ・カヴァーをしているので、聴き比べると良いだろう。

Albert Hammondの「99 Miles From L.A. / L.A.より99マイル」もグレート。Art Garfunkelは「天使の歌声」と称されるが、この曲での歌声は「天使の」という形容に相応しい神聖な響きを宿している。

●収録曲
1. I Believe (When I Fall In Love It Will Be Forever) / 永遠の想い - 3:48
2. Rag Doll / 悲しきラグ・ドール - 3:06
3. Break Away / 愛への旅立ち - 3:35
4. Disney Girls - 4:32
5. Waters Of March / 春の予感 - 3:37
6. My Little Town - 3:50
7. I Only Have Eyes For You / 瞳は君ゆえに - 3:39
8. Looking For The Right One / めぐり会い - 3:21
9. 99 Miles From L.A. / L.A.より99マイル - 3:30
10. The Same Old Tears On A New Background / ある愛の終りに… - 3:45


◆プロデュース: Richard Perry, Art Garfunkel(vo)

◆参加ミュージシャン: Stephen Bishop(g, bv), Paul Simon(g, vo), Pete Carr/Andrew Gold(g), Bill Payne/Bruce Johnston/Barry Beckett(k), Jim Keltner/Jim Gordon/Russ Kunkel(ds), Joe Osborn/Max Bennett(b), Joe Clayton(per), Toni Tennille/Graham Nash/David Crosby(bv), etc

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2017/03/27 17:39 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
Balanceの1981年のアルバム『Balance / ブレイキング・アウェイ』。
Balance / Balance (ブレイキング・アウェイ)
Balanceは1980年にNYで結成されたメロディアス・ハード系のロック・バンド。メンバーは、Peppy Castro(vo), Doug Katsaros(k), Bob Kulick(g)の3人である。

ヴォーカリストのDoug Katsarosは60年代からNYでバンド活動をしており、「Blues Magoos」(64年~70年)、「Barnaby Bye」(73年~74年)という二つのバンドに在籍。「Blues Magoos」ではサイケデリック・ロックを指向し、一方の「Barnaby Bye」では、双子のAlessi兄弟と活動を共にした。

キーボード担当のDoug KatsarosはNYのスタジオ・ミュージシャン。最初に参加したアルバムはPaul Stanleyの78年のソロ・アルバム『Paul Stanley』で、その後もBon JoviやMichael Bolton、Cherなどのアルバムに参加している。

ギタリストのBob KulickもNYのスタジオ・ミュージシャンで、Dougと同じく『Paul Stanley』に参加。また、KISSの他のアルバム、『Alive II』(77年)、『Unmasked』(80年)、『Killers』(82年)にも参加し、その流れからか、実弟のBluce KulicがKISSの正式メンバーとなった。

本作はBalanceのファースト・アルバム。彼ら以外に、John Siegler/Willie Weeks(b)、Andy Newmark(ds)がサポート・メンバーとして参加している。

NYのスタジオ・ミュージシャンのバンドということで「東のTOTO」という見方をされることがあったようだが、実際に聴いてみると、あまりそういう印象を受けない。彼らの作る曲にソウルやR&Bからの影響が見られないからだろう。キャッチーなメロディと爽やかなハーモニーを持ち味とする、とても耳馴染みの良いメロディアス・ロックである。

本作からは、ポップな「Breaking Away」がBillboard Hot 100チャートの22位をマークし、バラードの「Falling in Love」も58位と健闘した。

とびきり美しいメロディを持つ「Falling in Love」は、歳月に埋もれない魅力を放つ名バラードだ。彼らの美しいハーモニーがとてもロマンティックで、切なくも爽やかな余韻が残る。

本作は昨年8月のソニー「AOR CITY 1000」シリーズにおいて、めでたく日本初CD化された。80年代に数多く出されたメロディアス・ロックの一つと言えばそれまでだが、記憶に残る一枚となったのは、「Falling in Love」という美しい曲が生まれたからであろう。

●収録曲
1. (Looking For The) Magic - 3:57
2. I'm Through Loving You - 3:04
3. Breaking Away - 3:15
4. No Getting Around My Love - 3:52
5. Fly Through The Night / 夜を遙かに - 3:58
6. American Dream - 4:18
7. Haunting - 3:50
8. Falling In Love - 3:17
9. Hot Summer Nights - 3:21
10. It's So Strange - 4:09


◆プロデュース: Balance

◆参加ミュージシャン: Peppy Castro(vo), Doug Katsaros(k), Bob Kulick(g)
with John Siegler/Willie Weeks(b), Andy Newmark(ds)

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2017/03/24 19:43 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(0)
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
Rock名盤(1981年) - Santana / Zebop! 2017/03/29
AOR名盤(1979年) - Pages / Future Street 2017/03/28
AOR名盤(1975年) - Art Garfunkel / Breakaway (愛への旅立ち) 2017/03/27
Rock名盤(1981年) - Balance / Balance (ブレイキング・アウェイ) 2017/03/24
Rock名盤(1983年) - Le Roux / So Fired Up 2017/03/22
Amazon専用ストア
アクセスカウンター