音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサード リンク

Randy Meisnerの1980年のアルバム『One More Song』。
Randy Meisner / One More Song (1980年)
Randy MeisnerはEaglesの元ベーシスト。1971年のバンド創設時のメンバーであり、76年の代表作『Hotel Carifornia』まで在籍した。Eaglesの75年のアルバム『One of These Nights / 呪われた夜』からのヒット曲「Take It to the Limit」(米4位)や、『Hotel California』収録の名曲「Try and Love Again」などはRandy Meisnerの作で、高音の少しクセのある声でリード・ヴォーカルも担当している。

Eagles結成前は、同じカリフォルニアのバンドであるPocoに在籍し、バンドの創設からファースト・アルバムの制作までベーシストを担当した。なお、Meisnerの後任としてTimothy B. SchmitがPocoに加入するが、後にMeisnerがEaglesを脱退した際の後任も、やはりTimothy B. Schmitが務めている。不思議な縁である。

本作は、Eagles脱退後の2枚目のソロ・アルバム。Eaglesの平和で穏やかな側面にだけ光を当てたような、温かいウェストコースト・ロックを聴くことができる。ちょうどEaglesの解散する年にあたるが、Don HenleyとGlenn Freyも参加し、タイトル曲「One More Song」のバック・ヴォーカルを担当した。

ラストの「Anyway Bye Bye」はPocoのカヴァーであるが、それ以外は、Meisner, Eric Kaz, Wendy Waldmanの共作が4曲(2, 3, 5, 7)、Meisner, Kazの共作が2曲(1, 4)、Jack Tempchinの作が2曲(6, 8)となっている。

Kazと共作した「Deep Inside My Heart」と「Hearts on Fire」は共にアップテンポの明るいナンバー。シングル・カットされ、Billboard Pop Singlesチャートの各々22位、19位をマークした。「Deep Inside My Heart」では、Kim Carnesがバック・ヴォーカルを担当している。


ラストの「Anyway Bye Bye」は、Meisnerがほろ苦く歌うスロー・バラード。Pocoのセカンド・アルバム『Poco』(70年)に収録された名曲で、Pocoの原曲は7分もあるが、ここではコンパクトにまとめている。

本作のCDは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから昨年7月に再発された。ちなみに、このアルバムの元気なバック・バンドの名前はSilverados。Silverado(シルヴァラード)という名前の由来は知らないが、81年に設立されたアメリカのワイナリーの名前でもある。Randy Meisnerが育んだ豊かな "Spirit" を味わえるアルバムだ。

●収録曲
1. Hearts on Fire - 2:48
2. Gotta Get Away - 4:03
3. Come on Back to Me - 3:51
4. Deep Inside My Heart - 3:29
5. I Need You Bad - 3:11
6. One More Song - 3:55
7. Trouble Ahead - 4:12
8. White Shoes - 4:11
9. Anyway Bye Bye - 4:30


◆プロデュース: Val Garay

◆参加ミュージシャン: Wendy Waldman(ag, bv), Craig Hull(g), Bill Cuomo/Sterling Smith(k), Bryan Garofalo(b), Craig Krampf(ds), Don Francisco(per, bv), Michael Jacobsen(sax), Don Henley/Glenn Frey/Kim Carnes(bv)

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2017/05/25 10:15 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
Tom Snowの1982年のアルバム『Hungry Nights』。
Tom Snow / Hungry Nights (1982年)
Tom Snowは様々なアーティストにヒット曲を提供してきたアメリカのソングライター。代表的なところでは、The Pointer Sistersの「He's So Shy / 内気なボーイ」(80年, 米3位)、Olivia Newton-Johnの「Make a Move on Me」(82年, 米5位)、Melissa Manchesterの「You Should Hear How She Talks About You / 気になるふたり」(82年, 米5位)、Deniece Williamsの「Let's Hear It for the Boy」(84年, 米1位)、Linda Ronstadtの「Don't Know Much」(89年, 米2位)などがある。ポップで品が良く、温かいメロディを書く人である。

ソロ・アルバムは1975年と76年、82年に1枚ずつを出しており、本作『Hungry Nights』は3作目。ギタリストのDean Parksがプロデュースを手掛けた珍しいアルバムである。

「Somewhere Down The Road」と「Don't Call It Love」の2曲以外は全て、このアルバムのための書き下ろし。優れたソングライターだけに、耳になじむ良質なメロディが揃っている。

「Somewhere Down The Road / きっと、どこかで」は、今は別れても、きっとどこかでまた出会うということを力強く伝える感動のバラード。Barry Manilowが81年のアルバム『If I Should Love Again』で歌った曲で、Barry Manilowのシングルは、Billboard Hot 100チャートの22位をマークした。


「Don't Call It Love」は、Kim Carnesの81年のアルバム『Mistaken Identity / 私の中のドラマ』に提供したポップなナンバー。グラミー受賞曲「Bette Davis Eyes / ベティ・デイヴィスの瞳」を収めたアルバムだ。


全曲の作詞/作曲のクレジットは次のとおり。
Tom Snow作曲/Cynthia Weil作詞が4曲(1, 2, 5, 6)、Snow/Eric Kazの共作が2曲(3, 4), Snow作曲/Dean Pitchford作詞が1曲(7)、Snow作曲/Richard Wolf作詞が1曲(8), Snow/John Farrarの共作が1曲(9)、Snowの作詞・作曲が1曲(10)である。

「Somewhere Down The Road」もそうだが、弾き語りに近いスタイルで歌われる「Time Of Our Lives」のようなしっとりとした曲では、Tom Snowの作るメロディの素晴らしさが際立つ。また、Tom Snowは歌っても上手い。美声という感じではないが、ビブラートを細やかに効かせた丁寧な歌い方をする。

このアルバムのCDは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから昨年7月に再発された。真っ赤な夕日のカヴァー・アートが印象的だが、これは日本のアナログ盤のジャケットを再現したもの。オリジナルのジャケットには、Tom Snowが葉巻をくわえてポーズを決める渋い写真が使われている。

●収録曲
1. Hungry Nights - 3:38
2. Straight For The Heart - 3:21
3. Love Hangs By A Thread / 愛はひとすじの糸に似て - 4:11
4. Our Song / アワ・ソング・ワンスモア - 3:37
5. Somewhere Down The Road / きっと、どこかで - 3:48
6. Soon - 3:57
7. Don't Call It Love - 3:01
8. I Almost Let You Go / ふりむけば愛 - 3:49
9. I Think I Know Too Much / アイ・ノウ・トゥー・マッチ - 4:00
10. Time Of Our Lives - 3:36


◆プロデュース: Dean Parks(g, b, sy, sax, strings ar)

◆参加ミュージシャン: Tom Snow(vo, k, strings ar), Lee Sklar/Abraham LaBoriel/Hadley Hockensmith(b), Jeff Porcaro/Ed Greene/Tris Imboden/Mike Baird(ds), Lenny Castro(per), Richard Page/Tom Kelly(bv), etc.

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサード リンク



関連記事
2017/05/23 14:53 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(2)
カテゴリー一覧

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサード リンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年作『Bobby Caldwell

お気に入りに追加

ブロとも申請

この人とブロともになる

お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
ミュージックのお薦め
アクセスランキング
QRコード
QR
最新記事一覧
AOR名盤(1978年) - Mike Finnigan / Black & White 2017/05/28
AOR名盤(1982年) - Leslie Smith / Heartache 2017/05/27
AOR名盤(1980年) - Randy Meisner / One More Song 2017/05/25
AOR名盤(1982年) - Tom Snow / Hungry Nights 2017/05/23
AOR名盤(1982年) - Jimmy Webb / Angel Heart 2017/05/21
Amazon専用ストア
アクセスカウンター