音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Larsen-Feiten Bandの1980年のアルバム『Larsen-Feiten Band』。
Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band (1980年)
Larsen-Feiten Bandは、キーボード奏者のNeil LarsenとギタリストのBuzzy Feitenが結成したR&B/ブルー・アイド・ソウルの名グループ。メンバーは5人で、他のメンバーはLenny Castro(per), Art Rodriguez(ds), Willie Weeks(b)。全員が腕のあるセッション・ミュージシャンである。

本作は彼等のデビュー・アルバムで、プロデュースをTommy LiPuma、レコーディングとミキシングをAl Schmittが担当した。二人はフュージョン/AORの洗練されたアルバムを数多く手がけた名コンビ。また、セピア調のシックなカヴァー・アートは巨匠Norman Seeffの手によるものた。

曲作りの半分(3, 4, 7, 8)をNeil Larsen、残りをBuzzy Feitenが担当し、クールなメロディを安定感抜群の演奏で聴かせる渋いナンバーを揃えている。Buzzy FeitenのドライなギターにNeil Larsenの軽やかなオルガンが絡むサウンドは独特で、とても洒落ている。

1曲目の「Who'll Be The Fool Tonight / 今夜はきまぐれ」はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの29位をマーク。歌っているのはBuzzy Feitenだ。

Neil Larsenの書いた曲のうち、「Further Notice」と「Aztec Legend / アステカの伝説」はインスト曲。「Further Notice」はNeil Larsenらしい軽快なナンバーだが、重たいベース・ラインが印象的な「アステカの伝説」はミステリアス。夏の終わり、秋の気配を感じる頃に合いそうなロマンティックな響きがある。

Neil LarsenとBuzzy Feitenは70年代前半にFull Moonというバンドで活動しており、72年に唯一のアルバム『Full Moon』を残している。こちらも名盤と呼ぶに相応しい内容で、2016年8月にリマスタリングされたCDとLPがTower Recordsから再発されており、お薦め。

●収録曲
1. Who'll Be The Fool Tonight / 今夜はきまぐれ - 4:10
2. Danger Zone - 5:03
3. Further Notice - 3:34
4. Over - 5:09
5. She's Not In Love / 彼女はフリー - 4:40
6. Morning Star - 5:20
7. Make It - 4:27
8. Aztec Legend / アステカの伝説 - 4:46


◆プロデュース: Tommy LiPuma

◆参加ミュージシャン: Neil Larsen(k, vo), Buzzy Feiten(g vo), Lenny Castro(per, bv), Art Rodriguez(ds), Willie Weeks(b)
with Larry Williams/Kim Hutchcroft(sax), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/10/22 17:20 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
Paul Davisの1980年のアルバム『Paul Davis / パステル・メッセージ』。
Paul Davis / Paul Davis (パステル・メッセージ) (1980年)
Paul Davisは70年代から80年代中盤にかけてアメリカのカントリー~ポップス・シーンで活躍したシンガー・ソングライター。1970年にアルバム・デビューし、81年までの約10年間に7枚のアルバムを制作。80年代中盤を過ぎると早々と音楽活動から引退し、2008年に60歳という若さでこの世を去った。

本作はPaul Davisの6作目。「I Go Crazy」が大ヒットした1977年のアルバム『Singer of Songs: Teller of Tales / アイ・ゴー・クレイジー』と、タイトル曲が大ヒットした81年のアルバム『Cool Night』の狭間にあってセールス的には地味な印象があるが、Paul Davisらしいポップで爽やかなAORを満喫できるアルバム。

セルフ・タイトルのアルバムである点や自身を写したシンプルなジャケットからは、等身大の自分を表現しようとする姿勢が窺える。タレントのオダギリジョーさんに風貌が似ているんだよなぁ…

「Do Right」は甘酸っぱさと切なさが絶妙にブレンドしたPaul Davisらしいポップ・ソングで、このアルバムの爽やかさを印象づける名曲。「パステル・メッセージ」というAORらしい邦題は、そのままアルバム・タイトルに使われた。この曲はファースト・シングルとなり、Billboard Hot 100チャートの23位を記録している。

セカンド・シングルには2曲目の優しさ溢れるバラード「Cry Just A Little」が選ばれたがチャートの78位どまり。大きなヒットにはならなかった。

全曲がPaul Davisのオリジナルで、ラストの3曲は共作。「Do You Believe In Love」はPeabo Brysonとの共作で、「So True / 真実」と「When Everything Else Is Gone / すべてを投げ出して」はWill Boulwareとの共作である。

Peabo Brysonはソウル/R&Bシーンの名シンガー。Roberta Flackとデュエットした83年のヒット曲「」(米16位)などが知られているが、ポップで爽やかな「Do You Believe In Love」にほのかなR&Bの香りがするのはPeabo Brysonの貢献だろう。

●収録曲
1. Do Right / パステル・メッセージ - 4:05
2. Cry Just A Little - 3:42
3. He Sang Our Love Songs / 色あせし恋 - 4:18
4. All The Way - 4:46
5. Too Slow To Disco - 4:32
6. Let Me Know If It's Over / 失意の中で - 3:21
7. Do You Believe In Love - 3:54
8. So True / 真実 - 3:25
9. When Everything Else Is Gone / すべてを投げ出して - 5:02


◆プロデュース: Paul Davis(vo, k, vibes, ar), Ed Seay(ar, g, b, per, bv)

◆参加ミュージシャン: Kenny Mims(g), Will Boulware(k, bv), Don Barrett(b), James Stroud(ds, per, bv), Nigel Olsson/Marilyn Scott(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/09/11 15:04 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
Boz Scaggsの1980年のアルバム『Middle Man』。
Boz Scaggs / Middle Man (1980年)
Boz Scaggsはアメリカのブルーアイド・ソウル/Adult Contemporaryシーンを代表するシンガー・ソングライター。Boz Scaggsの名を広め、AOR屈指の名盤として高い評価を得た76年の『Silk Degrees』と翌年の快作『Down Two Then Left』から3年を経て、80年代の最初にリリースされたのが本作『Middle Man』である。

網タイツの女性の細い足に頭をもたせ、煙草をゆったりとくゆらせる斬新なカヴァー・アートが目を惹く。洗練された、大人の男の色香を発するサウンドを期待させるジャケットだ。

前2作のプロデュースを担当したJoe Wissertに代わり、職人的な音作りをするBill Schneeがプロデュースを担当。また、当時勢いのあったDavid Fosterが曲作りを全面的にサポートし、重厚で格調高いアルバムになった。

Bill Schneeは日本でも、オフコースの『We Are』(80年)、『』(81年)、『』(82年)の三部作のエンジニアを担当し、緻密で美しいサウンド構築に貢献している。

収録曲は、B.Scaggs, D.Fosterの共作が5曲(2-5, 7)、B.Scaggsの単独作が2曲(6, 8)、B.Scaggs, D.Foster, David Lasleyによる共作が1曲(1)、B.Scaggs, Steve Lukather, B.Schneeによる共作が1曲(9)という構成。

演奏面では、TOTOのDavid Paich(k)、S.Lukather(g)、David Hungate(b)、Jeff Porcaro(ds)が中心となり、前半(1-4)は洗練されたAOR、後半(5-9)はハードで重厚なロック・サウンドになっている。

前半では、1曲目の「Jojo」が格別の仕上がり。J.Porcaroによるタメの効いたリズムが実にエレガントで、憂いのあるメロディと泣きのSax、しなやかでタフなBozの歌声が素晴らしい。

しっとりとしたラヴ・バラード「You Can Have Me Anytime / トワイライト・ハイウェイ」では、ゲストで参加したC.Santanaが最後に短いギター・ソロを添える(PVでは見ることができない)。ちょっと贅沢な起用だ。

後半では、タイトル曲の「Middle Man」や「Angel You」、「You Got Some Imagination」のようなロック・チューンで、J.Porcaroがドラムスを激しく叩き、S.Lukatherが狂おしくギターを弾く。TOTOの79年のアルバム『Hydra』の収録曲であっても違和感のないハードな演奏だ。

セールス面では、アルバムはBillboard 200チャートの8位を記録。シングルは、「Breakdown Dead Ahead」がBillboard Hot 100チャートの15位、「Jojo」が17位であった。Middle Manとは仲介人のこと。夜遊びの、恋の、ということだろう。ちなみに、ジャケットの女性モデルがティーンだったことが当時のアメリカでは物議を醸したそうだ。

●収録曲
1. JoJo – 5:51
2. Breakdown Dead Ahead – 4:33
3. Simone / シモン (僕の心をもてあそぶ) – 5:05
4. You Can Have Me Anytime / トワイライト・ハイウェイ – 4:56
5. Middle Man – 4:51
6. Do Like You Do In New York – 3:44
7. Angel You – 3:38
8. Isn't It Time – 4:53
9. You Got Some Imagination – 3:56


◆プロデュース: Bill Schnee

◆参加ミュージシャン: David Foster(ar, k), Don Grolnick/David Paich(k), Steve Lukather/Ray Parker Jr./Carlos Santana(g), David Hungate/John Pierce(b), Jeff Porcaro/Rick Marotta(ds), Lenny Castro(per), David Lasley/Sharon Redd/Bill Champlin(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/09/09 17:03 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1977年) - Steely Dan / Aja (彩(エイジャ)) 2017/11/19
AOR名盤(1977年) - Jaye P. Morgan / Jaye P. Morgan 2017/11/17
AOR名盤(1976年) - George Benson / Breezin' 2017/11/15
AOR名盤(1977年) - Kenny Rankin / The Kenny Rankin Album 2017/11/13
AOR名盤(1974年) - Randy Edelman / Prime Cuts 2017/11/11
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp