音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

FCC (Funky Communication Committee)の1980年のアルバム『Do You Believe In Magic?』。
FCC (Funky Communication Committee) / Do You Believe In Magic? (1980年)
FCCは、アラバマ州マッスル・ショールズを拠点に活動したR&B/ブルー・アイド・ソウル系のグループ。Funky Communication Committeeというグループ名が素敵だ。デビュー作は1979年の『Baby I Want You』で、この時のメンバーは5人。本作はそれに続くアルバムで、メンバーは1人増えて6人になっている。

プロデュースを手がけたClayton IveyとTerry Woodfordは、マッスル・ショールズでは名の知れたプロデュース・チーム。Robert Byrneの79年のアルバム『Blame It On The Night / ワン・ナイト・ロマンス』や、R.Byrneが相棒のBrandon Barnesと制作したByrne & Barnes名義の81年のアルバム『An Eye For An Eye / スウィート・リヴェンジ』、Mac McAnallyの83年のアルバム『Nothin' But The Truth / ミニマム・ラヴ』などのマッスル・ショールズ産のAORの名作は、彼らの手によってプロデュースされている。

豊かで大らかなメロディとメロウなグルーヴ、ソウルフルな歌声、そして演奏がこなれていることが、これらのアルバムに共通する良さ。本作もそうしたマッスル・ショールズ産の良さを持っている。

収録曲はオリジナルが8曲、他作が2曲(4, 6)という構成。他作の曲のうち、爽やかな「Where Did You Come From」はWilliam D. Smithの作で、Larry Carltonも78年の名作『』で取り上げた。もう1曲の「How Do You Like Your Love」はRobert Byrne作のファンキーなナンバーだ。

オリジナル曲の中ではBrandon Barnesと共作した「Don't Hold Back」が良い。Michael McDonaldあたりが歌いそうな洗練されたブルー・アイド・ソウルである。

他にもイントロがThe Doobie Brothersの「Takin' It To The Streets」風の「Give Me A Reason」や、Steely Danの「Home At Last」風の「Falling Out Of Love」、もろにBoz Scaggsの「Lowdown」している「Let The Love On Through」など、AOR的な目線でとても楽しめる。

金澤寿和氏の『AOR Light Mellow』の増補改訂版に紹介されている作品だが、これまでCD化されていなった。この8月に、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから念願の世界初CD化。待った甲斐がありました。

●収録曲
1. Give Me A Reason - 4:34
2. Do You Believe In Magic - 4:03
3. Falling Out Of Love - 3:22
4. Where Did You Come From - 3:07
5. Jump Into The Fire - 3:50
6. How Do You Like Your Love - 4:01
7. Changes - 3:53
8. Don't Hold Back - 3:48
9. More Than A Lover - 4:11
10. Let The Love On Through - 3:04


◆プロデュース: Clayton Ivey(k), Terry Woodford

◆参加ミュージシャン: Dennis Clifton/Steve Gooch(vo, g), J.B. Christman(vo, k), Lonnie Ledford(b), Jim Evans(ds, per), Wayne Chaney(vo, per)
with Guy Higginbotham(sax, fl)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/08/30 11:59 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
John Farrarの1980年のアルバム『John Farrar』。
John Farrar / John Farrar (1980年)
John Farrarはオーストラリア出身のミュージシャン。Olivia Newton-Johnのソングライター兼プロデューサーとしての仕事は有名で、「Have You Never Been Mellow / そよ風の誘惑」(75年)、「You're the One That I Want / 愛のデュエット」(78年)、「Magic」(80年)などの全米No.1ヒットを始め、彼女の多くのヒット曲やヒット・アルバムを手がけた。

ロック・バンドのメンバーとしても60年代から活動しており、70年代中盤には英国のThe Shadowsのリズム・ギターを担当していた。ソロ・アルバムは1枚だけあり、それが本作。とても丁寧に作られた印象を受けるアルバムだ。

収録曲は全てJohn Farrarのオリジナルで、このうち3曲(2, 3, 6)を優れたメロディ・メイカーのTom Snowと、1曲(7)をThe Shadowsのリード・ギタリストであるHank Marvinと共作している。

Olivia Newton-Johnの「そよ風の誘惑」もそうだが、優しいメロディを紡ぎ、それをふんわりと華やかに仕上げる手腕が素晴らしく、本作では「Reckless / ときめき」「Cheatin' His Heart Out Again / 雨のハイウェイ」「Recovery」「Falling」「From The Heart / 真心をこめて」あたりにFarrarの良さが表れている。

ファルセットの美しいコーラスがアルバムの随所に入るので、Bee GeesのBarry Gibbあたりが参加しているのかと思いきや、実際はFarrar自らがヴォーカルを幾重にも重ねたもの。細やかな仕事に頭が下がる。

Tom Snowと共作した曲の中では「Recovery」が素晴らしい。ポップなメロディを柔らかくアレンジしたドリーミーな曲だ。

ほとんどFarrarのヴォーカルだけで最後まで聴かせる「Falling」も、しっとりと美しい曲、Olivia Newton-Johnとデュエットしたら、さぞやロマンティックだろうと想像してしまう。

そのOlivia Newton-Johnとのデュエットは、「Reckless / ときめき」の方で実現した。2008年のOlivia Newton-John & Friends名義のアルバム『』に収録され、二人の息の合ったデュエットを聴くことができる。

●収録曲
1. Reckless / ときめき - 3:21
2. Tell Someone Who Cares - 4:16
3. Can't Hold Back - 3:22
4. Gettin' Loose - 3:07
5. Cheatin' His Heart Out Again / 雨のハイウェイ - 4:03
6. Recovery - 4:22
7. It'll Be Me Babe - 3:27
8. Falling - 3:35
9. From The Heart / 真心をこめて - 4:23


◆プロデュース: John Farrar(vo, g, k, b)

◆参加ミュージシャン: Tom Snow(k), Michael Boddicker(sy), Mike Porcaro/David McDaniels(b), Ed Greene/Michael Botts(ds)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/06/28 11:04 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
Nigel Olssonの1980年のアルバム『Changing Tides』。
Nigel Olsson / Changing Tides (1980年)
Nigel Olssonはイングランド出身のロック・ドラマー。1967年にデビューし、70年からはElton Johnのバンドで活躍している。ソロ活動も並行して行い、最初のソロ作は71年の『Nigel Olsson's Drum Orchestra And Chorus』。内容はインスト・アルバムだが、その後は自ら歌うヴォーカル・アルバムを作っている。

本作『Changing Tides』は5作目。ただし、79年の前作『』の内容が78年の『Niegel Olsson』と3曲しか違わないため、実質的には本作が4枚目のソロ・アルバムと言って良いだろう。

収録曲はカヴァー曲と他のライターの曲で構成されており、選曲がなかなか良い。

爽やかな「Only A Matter Of Time」はEngland Dan & John Ford Coleyの79年のアルバム『Dr. Heckle and Mr. Jive』の収録曲。

美しいバラードの「Should We Carry On」はDavid Foster夫妻とJay Graydonの共作。同年のAirplayのアルバム『Airplay / ロマンティック』の収録曲で、オリジナルではGraydonが歌っている。

ポップな「Trapeze」は、Tony Sciutoの同年のアルバム『Island Nights』の収録曲。「Showdown」もTony Sciutoの作で、Tony自身は99年のアルバム『Be My Radio』でセルフ・カヴァーしている。

ラストの甘美なバラード「If This Is Love」はKerry ChaterとRobbie Pattonの共作。Melissa Manchesterも同年のアルバム『』で歌い、ACチャートでは19位を記録している。

なお、スペシャル・ゲストとしてElton Johnが参加し、「Showdown」でピアノを弾いている。Elton Johnの同じバンド・メンバーであるDee Murrayもゲスト参加し、「Saturday Night」と「Showdown」のベースを担当した。

Nigel Olssonは決して器用なシンガーではないと思うが、歌心がある。「Should We Carry On」などは、緻密にアレンジされたAirplayのオリジナルよりも、Nigelの歌うバージョンの方が曲の本来の良さを伝えている。あるいは、Fosterが「バラードを叩かせたらピカイチ」と絶賛したというNigelのドラム・プレイにそのような力があるのかも知れない。

●収録曲
1. Saturday Night - 3:18
2. Fool Me Again - 3:23
3. Only A Matter Of Time - 3:10
4. If You Don't Want Me To - 3:33
5. That's How Long - 3:33
6. Showdown - 3:42
7. Should We Carry On - 4:00
8. Trapeze - 3:15
9. If This Is Love - 3:53


◆プロデュース: James Stroud(per), Ed Seay

◆参加ミュージシャン: Nigel Olsson(vo, ds, per), Elton John(p), Richie Zito/Kenny Mims(g), Dee Murray/Don Barrett(b), Russell Ferrante(k), Marilyn Scott(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/06/18 16:54 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(2)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1977年) - Jaye P. Morgan / Jaye P. Morgan 2017/11/17
AOR名盤(1976年) - George Benson / Breezin' 2017/11/15
AOR名盤(1977年) - Kenny Rankin / The Kenny Rankin Album 2017/11/13
AOR名盤(1974年) - Randy Edelman / Prime Cuts 2017/11/11
AOR名盤(1978年) - Jerry Corbetta / Jerry Corbetta 2017/11/08
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp