音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Chinaの1982年のアルバム『China / 夜明けのダンサー』。
China / China (夜明けのダンサー) (1982年)
Chinaはカナダで結成された3人組。メンバーのChris Kearney(vo), Danny McBride(vo, g), Bill King(vo, k)は新人ではなく、それぞれにリーダー作をもつベテランである。

本作はChinaの唯一のアルバム。チャートを賑わしたヒット曲はないが、曲の良さ、ハーモニーの美しさ、バック・ミュージシャンの充実、そして "Creative Arranging Consultant" としてJay Graydonが参加していることなどから、AOR好きには人気のアルバムである。ソニーの「洋楽秘宝館」シリーズから2001年に世界初CD化され、2016年7月には「AOR CITY 1000」シリーズから再発された。

全曲が彼らのオリジナルで、品の良い、充実した曲が揃っている。また、AOR好きの心をくすぐる魅力が随所にある。

例えば、「Runnin' Around」や「There Was A Time」などで聴こえるふくよかなヴォーカル・ハーモニーはMichael McDonaldのスタイル。最初に聴いたときは、Michael McDonaldがバック・ヴォーカルに参加していると思ったほど。

ひねりのある曲調の「Shootout In The Parking Lot / 駐車場の銃声」にはSteely Danの影響を感じる。Steely Danに在籍したJeff Baxterが本作に参加しているからかも知れない。実際には、Jeff Baxterは大らかなロック・ナンバーの「Come And Take My Love」のみに参加してギターを弾いている。

また、軽やかで洗練された「Roll Me Over」には、同郷のMarc Jordanの名作『Blue Desert』の雰囲気がある。ぶっきらぼうな感じの歌い方はMarc Jordanのようだし、Danny McBrideによる華やかなギター・ソロはJay Graydon風だ。

こうしたところがAORファンの心を掴むのだろう。

曲の良さでは、1曲目の「You Can't Treat Love That Way」が格別。美しく叙情的なメロディと爽やかなハーモニーを聴くと、気持ちが軽くなる。この曲は、Sneakerの前年のヒット曲「想い出のスニーカー」と同じ香りがするので、この爽やかさはSneakerをプロデュースしたJeff Baxterの持ち味なのかも知れない。

●収録曲
1. You Can't Treat Love That Way - 3:11
2. Runnin' Around - 4:14
3. Fast Livin' / 過ぎゆく日々 - 4:04
4. There Was A Time - 3:37
5. Shootout In The Parking Lot / 駐車場の銃声 - 4:32
6. Never Gonna Let You Go - 3:25
7. Roll Me Over - 3:49
8. Little Dancer / 夜明けのダンサー - 3:07
9. Come And Take My Love - 4:12
10. Days And Nights - 3:14


◆プロデュース: Bob Johnston

◆参加ミュージシャン: Chris Kearney(vo), Danny McBride(vo, g), Bill King(vo, k)
with Lee Ritenour/Albert Lee/Jeff Baxter(g), Abraham Laboriel(b), Andy Newmark/Mike Baird(ds), Paulinho Da Costa(per), Michael Boddicker(sy), Jay Graydon(ar consultant), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/09/22 17:13 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
Bill LaBountyの1982年のアルバム『Bill LaBounty / サンシャイン・メモリー』。
Bill LaBounty / Bill LaBounty (サンシャイン・メモリー) (1982年)
Bill LaBountyは癒し系のAORを代表するミュージシャン。切ないが温もりのあるメロディ。丁寧で心のこもった歌声。さり気なく洗練されたアレンジ。疲れた時や気分が塞ぐ時に癒しと潤いを与えてくれる大切なアーティストだ。

Billは70年代初期にFat Chanceというグループに在籍し、Steve Eaton等と活動を共にした。72年に1枚のアルバムを残してグループは解散し、ソロとなったBillは75年にファースト・アルバム『Promised Love』、78年に2作目『This Night Won't Last Forever / 涙は今夜だけ』、79年に3作目『Rain In My Life』をリリースしている。

本作は、Bill LaBountyを代表する4作目。モノクロのジャケットの枯れた感じからは想像もできないような、豊かな実りのある音楽を聴くことができる。ジャケットの眼差しを見ていると、楽しいことも辛いことも全て受け入れる強さと覚悟が伝わってくるようだ。この味わい深い表情を撮影したのは著名な写真家のNorman Seeff。

ポップス・スタンダードとなった1曲目の「Livin' It Up」は、Bill LaBountyとBarry Mann=Cynthia Weil夫妻による共作。「Nobody's Fool」の作者も同じ顔ぶれだ。

残りもBillと他のライターによる共作で、共作者はRoy Freeland(2, 4, 5, 6, 8, 10)、Stephen Geyer(3)、Kathy Wakefield=Cynthia Weil(7)となっている。

どの曲もメロディが良く、Billの歌声が優しい。アレンジや演奏にも優しさが感じられ、1曲1曲を聴き進むごとにしみじみとした感動がこみ上げてくる。Steve Lukather、Jeff Porcaro、Steve Gadd、David Sanborn、James Taylor等、一流のミュージシャンが参加し、その穏やかな演奏や優しいコーラスも感動もの。全てがスペシャルに思える。

発売当時の国内盤のタイトルは『サンシャイン・メモリー』になり、それに合わせるようにジャケットもプールサイドの少年のデザインに差し替えられた。何だか残念な演出だ。

自分がAORの素晴らしさを知り、広く深く聴くきっかけとなったアルバム。このアルバムが大好きだという人は多いのではないかと思う。ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年8月にCDが再発されており、お薦め。2017年8月には同じシリーズから、79年のサード・アルバム『Rain In My Life』のCDも再発された。

●収録曲
1. Livin' It Up - 4:20
2. Didn't Want To Say Goodbye / さよならは言えなくて - 2:47
3. Dream On / 見果てぬ夢 - 4:20
4. Slow Fade - 4:14
5. Comin' Back - 3:43
6. Look Who's Lonely Now / メランコリーの妙薬 - 3:54
7. Never Gonna Look Back / 愛するふたり - 3:12
8. It Used To Be Me / 追憶のソナタ - 4:10
9. Nobody's Fool - 3:28
10. Secrets - 3:48


◆プロデュース: Russ Titleman(per)

◆参加ミュージシャン: Bill LaBounty(vo, k), Steve Lukather/Dean Parks(g), Greg Phillinganes/Clarence McDonald(k), Ian Underwood(sy), Willie Weeks/Chuck Rainey(b), Steve Gadd/Jeff Porcaro/Andy Newmark(ds), Lenny Castro(per), David Sanborn(sax), Jerry Hey(tp), James Taylor/Stephen Bishop/Leslie Smith/Patti Austin/Jennifer Warnes(bv), Nick DeCaro(string ar), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/07/05 18:18 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
Larry Leeの1982年のアルバム『Marooned / ロンリー・フリーウェイ』。
Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) (1982年)
Larry Leeは米カントリー・ロック・グループのThe Ozark Mountain Daredevils(O.M.D.)の元メンバー。1972年のバンド結成からドラマーやソングライターとして活躍し、82年にバンドを離れた。O.M.D.の最大のヒットとなった「Jackie Blue」(75年, 米3位)はLarryの手がけた曲だ。

本作はLarry Leeの唯一のソロ・アルバム。カラフルなイラストの爽やかなジャケットは鈴木英人氏によるデザインで、日本盤向けに制作されたもの。夏、若者、ドライヴといったイメージを見事に演出している。オリジナルのジャケットはLarry本人を写したシックなデザインで、季節でいうと秋を感じさせる。
Larry Lee / Marooned (オリジナル・フロント・カヴァー)
音の方はポップで爽やかなAORで、日本盤のジャケットに合う。Larryは6曲(3, 5, 6, 8, 9, 10)を書いており、このうち2曲(9, 10)はO.M.D.で一緒だったSteve Cashとの共作だ。

「Waiting To Let Go」や「Number One Girl / 君はナンバー・ワ ン」の爽やかなメロディは、Paul Davisの作る柑橘系の曲を思わせる。ほど良く甘くてフレッシュなLarryのヴォーカルも魅力的。

ポップで明るい「Don't Talk / ロンリー・フリーウェイ」は日本盤のタイトルになり、91年の邦画『波の数だけ抱きしめて』にも使われた。

「Only Seventeen」「Just Another Girlfriend」のようなポップ過ぎる曲を聴くと、80年代という感じがする。「Only Seventeen」は英国人ソングライターのAlan Tarneyの作で、女性シンガーのBarbara Dicksonが前年のアルバム『You Know It's Me』で歌った。

ラストの「Hang On」はクール・ダウン用の渋いナンバー。メロディがほろ苦く、エレピの優しい音色とギターの乾いたカッティングが気持ちいい。

本作以降は再びフォーク/カントリー・シーンへと戻ったようで、2000年以降は元O.M.D.のRandle ChowningとBeyond Reachというユニットを組み、2005年、11年、14年にアルバムを出している。82年の本作は、そうしたLarryの歩みにおける異色作かも知れないが、時流に乗ったというレベルを超えた眩さがある。

●収録曲
1. Waiting To Let Go - 4:24
2. Don't Talk / ロンリー・フリーウェイ - 3:19
3. Marooned / ひとりぼっちのアフタヌーン - 5:01
4. The Best Is Yet To Come / 乾いた季節 - 3:05
5. Number One Girl / 君はナンバー・ワン - 3:34
6. Satisfaction Guaranteed (I Could Give You Love) / サティスファクション - 3:19
7. Only Seventeen - 4:04
8. Hollywood / 哀しみハリウッド - 4:58
9. Just Another Girlfriend / アナザー・ガールフレンド - 3:14
10. Hang On - 3:49


◆プロデュース: John Ryan

◆参加ミュージシャン: Jon Goin(g), Nicky Hopkins(k), Gabriel Katona(sy), David Hungate(b), Mike Baird(ds), Lenny Castro(per), David Sanborn(sax), Bill Champlin/Tom Kelly/Richard Page/Rick Danko/Rosemary Butler(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/07/04 16:23 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(3)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1977年) - Jaye P. Morgan / Jaye P. Morgan 2017/11/17
AOR名盤(1976年) - George Benson / Breezin' 2017/11/15
AOR名盤(1977年) - Kenny Rankin / The Kenny Rankin Album 2017/11/13
AOR名盤(1974年) - Randy Edelman / Prime Cuts 2017/11/11
AOR名盤(1978年) - Jerry Corbetta / Jerry Corbetta 2017/11/08
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp