音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Steely Danの1977年のアルバム『Aja / 彩(エイジャ)』。
Steely Dan / Aja (彩(エイジャ)) (1977年)
Steely Danは、Donald Fagen(vo, k)とWalter Becker(g)の二人を中心とするグループ。1972年の結成当初は6人のメンバーがいたが、次第にグループの輪郭は曖昧になり、二人の周りに優秀なセッション・ミュージシャンを集めて活動するスタイルへと移行していった。76年の前作『Royal Scam / 幻想の摩天楼』からは、バンドというよりはFagenとBeckerのユニットになっている。

本作は彼らの6作目のスタジオ・アルバム。Steely Danを代表するアルバムであるばかりでなく、AC(Adult Contemporary)ミュージックやAOR、もっと広げてロックが到達した神々しい高みのようなアルバムである。

本作は、よく知られているように予算と人(ミュージシャン)を贅沢に投入して制作された。他にもそのようなスタイルで制作されたアルバムはあるが、本作ではそれが徹底されており、「Peg」でJay Graydonのトリッキーなギター・ソロを採用するまでに6人(8人以上という説も)の著名なギタリストにソロを弾かせたといったエピソードが、二人の妥協のなさを物語る。

誰もが彼らのようなやり方を許されるわけはないので、応じたミュージシャンたちが二人の旺盛な熱意と高いプロ意識に対して寛容で、かつ尊重したということだろう。それぞれが最高の環境で存分に腕を振い、「Home At Last」におけるBernard Purdie(ds)のシャッフルなど、語り継がれる名演が生まれた。

このアルバムは78年のグラミー賞において、「Best Engineered Recording (Non Classical) / 最優秀録音賞」を受賞。また2003年にはグラミー賞の殿堂入りを果たした。チャート面では、アルバムはBillboard 200チャートの3位を記録。シングルは、「Peg」がBillboard Hot 100チャートの11位、「Deacon Blues」が19位、「Josie」が26位であった。

ジャケットの女性は日本人モデルの山口小夜子氏で、撮影も日本人カメラマンの藤井秀樹氏である。美を感じさせる『彩』という漢字を "彩(エイジャ)" と表記し、「Aja」の邦題にあてる日本側スタッフのセンスも抜群。

このタイトル曲で聴くことのできる圧巻のドラムスは、Steve Gaddによる名演。ダイナミックかつ繊細なドラムスを、Steve Gaddはワン・テイクで叩いたとのこと。そのような幸運も本作の成功の一因だった。

●収録曲
1. Black Cow - 5:10
2. Aja / 彩(エイジャ) - 7:57
3. Deacon Blues - 7:33
4. Peg - 3:57
5. Home At Last / 安らぎの家 - 5:34
6. I Got The News - 5:06
7. Josie - 4:33


◆プロデュース: Gary Katz

◆参加ミュージシャン: Donald Fagen(vo, k), Walter Becker(g, b)
with Larry Carlton/Lee Rinenour/Jay Graydon/Steve Khan/Dean Parks(g), Joe Sample/Don Grolnick/Michael Omartian(k), Victor Feldman(k, per), Chuck Rainey(b), Steve Gadd/Paul Humphrey/Bernard Purdie/Rick Marotta/Ed Greene/Jim Keltner(ds), Tom Scott/Wayne Shorter(sax), Michael McDonald/Timothy B.Schmit(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/11/19 16:14 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
Jaye P. Morganの1977年のアルバム『Jaye P. Morgan』。
Jaye P. Morgan / Jaye P. Morgan (1977年)
Jaye P. Morganはアメリカのポップス・シンガー。1953年にデビュー・シングルを出しており、その後の数年で全米トップ20に入るヒット曲を何曲も生む人気シンガーであった。アルバムも50年代から制作しているが、60年代以降は女優や番組のパネリストの活動が主になり、枚数は多くない。本作は12作目くらいにあたり、David Fosterが全面プロデュースした最初(もしくは2作目)の作品ではないかと言われている。

曲のクオリティが高く、金澤寿和氏は著書の『AOR Light Mellow』において、本作を「70年代のフォスター作品では間違いなく最高の出来」と絶賛。優れた選曲である上に、Jeff Porcaro(ds)やJay Graydon(g), Bill Champlin(bv)等、選りすぐりのミュージシャンのフレッシュな演奏が記録されている。

収録された9曲のうち6曲(2, 3, 5, 6, 7, 8)がカヴァー曲となっており、その内容は次のとおり。

「Keepin' It to Myself」はAlan Gorrieの作で、Average White Bandの74年のアルバム『』からのセレクト。

「Here Is Where Your Love Belongs」はBill Champlinの作。Sons Of Champlinの76年のアルバム『A Circle Filled With Love』の収録曲だ。

「It's Been So Long」は、Stevie Wonderの72年のアルバム『』の収録曲で、原曲は「Seems So Long」というタイトル。

「Let's Get Together」は、Luke Gross/George Kerr/Sidney Barnesの作ということだが、原曲は不明。「Can't Hide Love」は、EW&Fの75年のアルバム『Gratitude / 灼熱の狂宴』の収録曲だ。

「You're All I Need to Get By」はソウル・クラシックで、Marvin GayeとTammi Terrellの68年のアルバム『』におけるデュエットが有名だが、本作ではDonny Gerrardとデュエットしている。

カバー曲以外の提供者は、「I Fall in Love Everyday」(Jay Graydon等)、「Closet Man」(D. Foster/Donny Gerrard等)、「It All Goes Round」(D. Foster)となっている。

私はStevie Wonder作のバラード「It's Been So Long」が好きで、エンディングの「It's Been So Long ...」の壮大なリフレインを聴くたびに感動している。続く「Let's Get Together」は一転してファンキーなナンバーで、Jeff Porcaroのシャープなドラムさばきに痺れる。

CDは何度か再発されるも、現在は入手困難。Amazonのデジタル・ミュージック・ストアならば、MP3をダウンロードできるので、お薦めだ。

なお、Hodges, James & Smithの78年のアルバム『What Have You Done For Love』には本作から3曲(3, 5, 7)がカヴァーされており、ヴォーカル以外のバック・トラックは全く同じとのこと。Jaisunの77年のアルバム『Jaisun』にも4曲(1, 2, 4, 8)のバック・トラックが使い回されている。私はJaisunの4曲をネットで視聴したが、バック・トラックどころか歌声や歌い方までそっくりであった。

●収録曲
1. I Fall in Love Everyday - 3:14
2. Keepin' It to Myself - 3:25
3. Here Is Where Your Love Belongs - 4:30
4. Closet Man - 3:38
5. It's Been So Long - 5:36
6. Let's Get Together - 3:50
7. Can't Hide Love - 4:51
8. You're All I Need to Get By - 3:24
9. It All Goes Round - 6:08


◆プロデュース: David Foster(k, ar)

◆参加ミュージシャン: Jay Graydon(g, sy), Lee Ritenour/Ray Parker Jr.(g), David Hungate(b), Jeff Porcaro/Harvey Mason/Ed Greene(ds), Tower Of Power(horns), Ernie Watts(sax), Bill Champlin/Kenny Loggins/Donny Gerrard(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/11/17 19:51 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(2)
George Bensonの1976年のアルバム『Breezin'』。
George Benson / Breezin' (1976年)
George Bensonは60年代から活躍しているアメリカのジャズ・ギタリスト。1964年から現在に至るまでに多数のアルバムを制作しており、本作はスタジオ・アルバムとしては15作目ぐらいにあたる。この年にWarner Bros. Recordsに移籍しており、その第1弾としてリリースしたのが本作である。

このアルバムは、プロデュースをTommy LiPuma、エンジニアをAl Schmittが担当した。二人は、Nick DeCaroの『Italian Graffiti』(74年)やMichael Franksの『The Art Of Tea』(75年)など、AORやフュージョンの名作を数多く手がけた黄金のコンビとして知られており、本作も二人の代表作の一つ。

タイトル曲の「Breezin'」はBobby Womackの作。ジャケットの畏まった印象と裏腹に、メロディとサウンドはライト&メロウそのもの。Harvey Masonの刻む硬質なビートの上をGeorge Bensonのギターが軽やかにそよぐ感じが心地よい。

続く「This Masquerade」は、Leon Russellの72年のアルバム『』の収録曲。この1曲はヴォーカル曲となっており、George Bensonのソウル・フィーリングたっぷりの歌声と洒落たスキャットを聴くことができる。ギターだけでなく、歌も抜群に巧い。この曲はファースト・シングルとなり、Billboard Hot 100チャートの10位を記録した。

ファンキーな「Six To Four」はPhil Upchurchの作。Phil Upchurch自身も92年のアルバム『』でセルフ・カヴァーしている。

「Affirmaton / 私の主張」は盲目のギタリスト、Jose Feliciano(ホセ・フェリシアーノ)の作で、Felicianoの75年のアルバム『』の収録曲。哀愁味あるソウルフルなナンバーを都会的なアレンジでエレガントに仕上げており、とてもムードがある。

「So This Is Love / これが愛なの?」は、本作唯一のオリジナル曲。流麗なストリングスに包まれて、George BensonのギターとRonnie Fosterのエレピが絡む華やかなナンバーだ。

ラストの「Lady / 愛するレディ」は、そのRonnie Fosterの作。映画音楽を思わせる美しいストリングスに始まり、George Bensonのギターが軽やかに歌いだす。

本作の成功により、77年のグラミー賞ではGeorge Bensonが「Best Pop Instrumental Performance」を、Al Schmittが「Best Engineered Album, Non-Classical」を受賞。また、シングル「This Masquerade」のヒットにより、LiPumaとBensonは「Record of the Year」を受賞した。

このアルバムと同じ年にBoz Scaggsは『Silk Degrees』を、Ned Dohenyは『Hard Candy』をリリース。76年はライト&メロウ豊作の年であった。

●収録曲
1. Breezin' - 5:40
2. This Masquerade - 8:03
3. Six To Four - 5:06
4. Affirmation / 私の主張 - 7:01
5. So This Is Love / これが愛なの? - 7:03
6. Lady / 愛するレディ - 5:49


◆プロデュース: Tommy LiPuma

◆参加ミュージシャン: George Benson(g, vo), Phil Upchurch(g, b), Ronnie Foster/Jorge Dalto(k), Stanley Banks(b), Harvey Mason(ds), Ralph MacDonald(per), Claus Ogerman(orch ar), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/11/15 17:23 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1977年) - Steely Dan / Aja (彩(エイジャ)) 2017/11/19
AOR名盤(1977年) - Jaye P. Morgan / Jaye P. Morgan 2017/11/17
AOR名盤(1976年) - George Benson / Breezin' 2017/11/15
AOR名盤(1977年) - Kenny Rankin / The Kenny Rankin Album 2017/11/13
AOR名盤(1974年) - Randy Edelman / Prime Cuts 2017/11/11
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp