音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Randy Edelmanの1974年のアルバム『Prime Cuts』。
Randy Edelman / Prime Cuts (1974年)
Randy Edelmanは80年代から現在に至るまでに数多くの映画音楽を手がけたアメリカの作曲家。『Twins』(88年)、『Ghostbusters II』(89年)、『The Mask』(94年)、『Anaconda』(97年)など、作品の例は枚挙にいとまがない。

70年代にはシンガー・ソングライターとして活動しており、このアルバムは3作目にあたる。

本作のプロデュースを担当したのはMichael Stewart。Billy Joelの『』(73年)やKenny Rankinの77年の名作『The Kenny Rankin Album』などを手掛けたプロデューサーだ。また、ストリングス・アレンジをNick DeCaroが担当している。

アルバムの内容は素朴で優しいAOR。
オープニングの「Bluebird」の清々しいこと。穏やかな朝の新鮮な空気のように、無垢で爽やかな曲だ。

収録曲の全てに同じような清らかさがあり、聴き進むほどに心が洗われる気分になる。

全曲がRandy Eledmanの作詞・作曲で、このうち静かなストリングスをバックにピアノの弾き語りで歌う「I Am A Dancer」と「The Woman On Your Arm」はライヴ録音になっている。

他のアーティストにカヴァーされた曲も多い。「You are the Sunlight - I Am The Moon」はDionne Warwickの2013年の未発表曲集『』で、「Isn't It A Shame」はLabelleの76年のアルバム『』やShirley Basseyの76年のアルバム『』で、「Everybody Wants To Call You Sweetheart」はThe Fifth Dimensionの95年のライヴ・アルバム『』で、各々カヴァーされた。

バック・ミュージシャンも含めて全員が一流であり、素朴ではあるが、プロの仕事によって丁寧に作りこまれた極上の品(Prime Cuts)になっている。

Randy Edelmanの奥様はシンガー・ソングライターのJackie DeShannon。このアルバムの2年後に結婚し、子供も授かり、今も結婚生活を送っている。

●収録曲
1. Bluebird - 3:42
2. Pistol Packin' Melody - 3:03
3. I Am A Dancer - 4:24
4. Where Did We Go Wrong? - 4:14
5. Stan, The Pantsman - 3:48
6. You Are The Sunlight - I Am The Moon - 3:05
7. The Woman On Your Arm - 3:41
8. Isn't It A Shame - 3:27
9. Everybody Wants To Call You Sweetheart - 2:48
10. June Lullaby - 3:48


◆プロデュース: Michael Stewart(ar, g)

◆参加ミュージシャン: Randy Edelman(vo, k, ar), Michael Omartian(k, ar), Dean Parks/Al Kooper(g), Wilton Felder(b), John Guerin(ds), Tom Scott(sax), Rita Jean Bodine(bv), Nick DeCaro(accordion, string ar), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/11/11 16:44 AOR名盤(1974~1976年) TB(0) CM(0)
Jerry Corbettaの1978年のアルバム『Jerry Corbetta』。
Jerry Corbetta / Jerry Corbetta (1978年)
Jerry Corbettaはデンバー生まれのシンガー・ソングライター。地元で結成されたロック・バンドのSugarloafでソングライターとリード・シンガーを担当し、「Green-Eyed Lady」(70年, 米3位)、「Don't Call Us, We'll Call You」(74年、米9位)という2曲のTop10ヒットを生んでいる。

1978年にSugarloafを解散してソロ活動をスタートし、その年にリリースした最初かつ唯一のソロ・アルバムが本作である。バック・ミュージシャンにはSugarloafのメンバーのBob Webber(g)、Rusty Buchanan(b)、Myron Pollock(ds)が参加し、同じくメンバーのRobert Yeazel(g)と「Caribbean Lady」「Free Man」の2曲を共作している。

全曲がJerry Corbettaのオリジナルで、その全てが共作。軽やかなシティ・ポップスの「Sensitive Soul」や、Jay Graydonのギターが美しい「If I Never Had Your Love」「I Wish I Was Makin' Love」など、ポップで品の良い曲が揃っている。Jerry Corbettaの歌声は初期のBilly Joelのように若々しく、爽やかだ。

白眉の出来は哀愁漂うメロウ・バラードの「Caribbean Lady」。カリビアンというタイトルのとおり、南国の風が香るようなロマンティック・ムード溢れるナンバーだ。

「I Wish I Was Makin' Love」は、翌年のAlessiのアルバム『』でカヴァーされた。また、「Green-Eyed Lady」はSugarloaf時代のヒット曲のセルフ・カバー。サイケデリックでファンキーなロック・ナンバーなので、本作の中では少々浮いているが、ちょうど良いアクセントになっている。

このアルバムで3曲(1, 2, 9)を共作したBob Creweは、Frankie Valliの最大のヒット曲である「Can't Take My Eyes Off You / 君の瞳に恋してる」の作詞家。そうした縁から、Jerry Corbettaは80年に "Frankie Valli and The Four Seasons" にメンバーとして誘われ、84年まで活動している。

AORのリイシュー・ブームに乗って、2016年10月にワーナーの「AOR BEST SELECTION 1300」シリーズから本作のCDも再発されたが、直前の9月16日にJerry Corbettaは68歳で他界。ご冥福をお祈りしたい。

●収録曲
1. Sensitive Soul - 3:35
2. If I Never Had Your Love - 3:43
3. I'm A Lover, Not A Fighter - 4:45
4. Caribbean Lady - 5:31
5. Free Man - 3:46
6. I Wish I Was Makin' Love (To You Tonight) - 3:33
7. Green-Eyed Lady - 5:24
8. Celebrate Our Love - 3:38
9. Between A Rock And A Hard Place - 8:23


◆プロデュース: Steve Barri, Jerry Corbetta(vo, k)

◆参加ミュージシャン: Jay Graydon(g, ar), Bob Webber(g), Michael Omartian/Greg Mathieson(k), Rusty Buchanan/Mike Porcaro(b), Myron Pollock/Mike Baird(ds), Victor Feldman/Chef McCracken(per), Chuck Findley(tp), Jim Horn(sax), Ernie Watts(flute), Bill Champlin(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/11/08 18:16 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(2)
Lauren Woodの1981年のアルバム『Cat Trick』。
Lauren Wood / Cat Trick (1981年)
Lauren Woodはアメリカの女性シンガー・ソングライター。60年代から活動しており、いとこのNovi Novog、ベーシストのErnie Eremita等と組んだ「Rebecca And The Sunny Brook Farmers」というグループで69年にアルバムを1枚、70年代にはNovi, Ernieと組んだ「Chunky, Novi and Ernie」で73年と77年にアルバムを残している。"Chunky" は彼女の愛称だ。

ソロになってからは79年に最初のアルバム『』をリリース。本作『Cat Trick』はセカンド・アルバムで、リチャード・ギアとジュリア・ロバーツが共演した90年の映画『プリティ・ウーマン』で使われた「Fallen」を収録している。

プロデュースをCrackin'のメンバーであったPeter BunettaとRick Chudacoffが担当。二人は前年にRobbie Dupreeのデビュー作『ふたりだけの夜』をプロデュースし、ヒットさせている。

共作も含めて収録された全曲がLauren Woodの作。どの曲もポップで可愛らしく、また暖かいメロディと寛いだ雰囲気を持っている。Lauren Woodの声は陽だまりのような温もりのあるアルト・ヴォイス。少しハスキーなところがチャーミングで、とても親密な響き方をする。

ポップな「Breakin' Too Many Hearts / ハートの痛手」はNicolette Larsonの79年のアルバム『』への提供曲。同じアルバムに「Fallen」も収録された。

メロウでソウルフルな「In The Dark」は、アメリカの女性シンガーのLani Hallへ提供された。80年のアルバム『Blush』に、この曲と「Ain't Got Nothin' For Me / 虚ろなふたり」の2曲が収録されている。

「Work On It」ではRobbie Dupreeとロマンティックなデュエットを披露。イギリスの女性ソウル・シンガーのMaxine Nightingaleが80年のアルバム『Bittersweet』でこの曲を歌った。続く「Half As Much / 想いを寄せて」も切ない余韻を残すロマンティックなナンバーだ。

そして、本作のハイライトは「Fallen」。ポップでキュート、エレガントな香りが立ち上るようなこの名曲は前出のNicolette Larsonのほかに、Nicole Willsも83年のアルバム『Tell Me』でカヴァー。女性シンガーだけでなく、男性のJohnny Mathisも88年のアルバム『』で歌っている。

Norman Seeffの撮影したセピア調のジャケットにはネコの眼差しのLauren Woodが写る。よく見ると、瞳は緑色。バック・カヴァー(下の画像)では、Lauren Woodの抱く猫が同じ色の瞳をしている。
Lauren Wood / Cat Trick (バック・カヴァー)

●収録曲
1. Breakin' Too Many Hearts / ハートの痛手 - 3:28
2. In The Dark - 4:00
3. Work On It - 3:22
4. Half As Much / 想いを寄せて - 3:34
5. Never Been So In Love / あなただけに - 3:55
6. What I'd Give For Love / ギヴ・フォー・ラヴ - 4:59
7. Fallen - 3:41
8. We're On To Something / 愛はサムシング - 3:39
9. Ain't Got Nothin' For Me / 虚ろなふたり - 3:18
10. Dark December Night / 12月の暗い夜 - 2:36


◆プロデュース: Peter Bunetta(ds, per), Rick Chudacoff(b, k)

◆参加ミュージシャン: Lauren Wood(vo, k), Robbie Dupree(vo), Brian Ray(g), Bill Elliot(k, orch ar), Michael Boddicker(sy), Airto Moreira(per), Jerry Hey(tp), Novi(viola), Arno Lucas/Leslie Smith/Tommy Funderburk/Arnold McCuller/Tata Vega(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/11/06 11:07 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1977年) - Jaye P. Morgan / Jaye P. Morgan 2017/11/17
AOR名盤(1976年) - George Benson / Breezin' 2017/11/15
AOR名盤(1977年) - Kenny Rankin / The Kenny Rankin Album 2017/11/13
AOR名盤(1974年) - Randy Edelman / Prime Cuts 2017/11/11
AOR名盤(1978年) - Jerry Corbetta / Jerry Corbetta 2017/11/08
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp