音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Terence Boylanの1977年のアルバム『Terence Boylan』。
Terence Boylan / Terence Boylan (1977年)
Terence Boylanはアメリカのシンガー・ソングライター。後にSteely Danを結成するDonald FagenとWalter Beckerとは大学のクラス・メイトであった。

Terence Boylanのファースト・アルバムは69年の『』。Bob Dylanのようなフォーク・ロックを指向した作品で、Donald FagenとWalter Beckerも全曲で演奏している。実はこれがFagenとBeckerの最初の録音らしい。

それから8年後に出されたセカンド・アルバムが本作。爽やかなウェスト・コースト・サウンドに包まれた美しいアルバムで、「Shake It」や「Sundown Of Fools」、「Rain King」など、メロディの瑞々しいナンバーを揃えている。

ファースト・アルバムに続いてDonald Fagenが参加し、2曲(1, 5)でピアノを弾いている。確かに「Shame」のサウンドやピアノの音色にはSteely Danの曲のようなクールな味わいがある。また、Steve Lukatherが2曲(4, 6)でギターを弾いており、これがLukatherの初レコーディングとのこと。

リリース時の邦題は『リリシズム』だったらしい。"叙情主義" ということだが、Terence Boylanのしなやかな歌声には詩的でロマンティックな響きがあるので、そのような邦題が付いたのだろう。

Terence Boylanが翌年にプロデュースしたDane Donohueのアルバム『Dane Donohue』は、本作の雰囲気とよく似ている。Donohueの歌声はBoylanにとても近いし、『Dane Donohue』の2曲目の「Dance With The Stranger」などは、まるで本作の「Don't Hang Up Those Dancing Shoes」のよう。聴き比べると面白い。

●収録曲
1. Don't Hang Up Those Dancing Shoes - 3:30
2. Shake It - 3:48
3. Sundown Of Fools - 2:43
4. The War Was Over - 4:21
5. Shame - 4:40
6. Hey Papa - 4:00
7. Where Are You Hiding - 4:09
8. Rain King - 3:38
9. Trains - 5:20


◆プロデュース: Terence Boylan(vo, g, ds)

◆参加ミュージシャン: Steve Lukather/Dean Parks(g), Donald Fagen/Al Kooper/David Paich/Jai Winding(k), Victor Feldman(k, per), Chuck Rainey/Wilton Felder/Bob Glaub/Lee Sklar(b), Jim Gordon/Jeff Porcaro/Russ Kunkel(ds), John Klemmer(sax), Don Henley/Timothy B.Schmit/Tom Kelly(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/10/07 19:41 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(2)
Fools Goldの1977年のアルバム『Mr. Lucky』。
Fools Gold / Mr. Lucky (1977年)
Fools GoldはDan Fogelbergのバック・バンドとして活動をスタートしたウェスト・コーストのグループ。デビュー・アルバムは1976年の『Fools Gold』で、その頃の彼らは4人組であったが、セカンド・アルバムの本作『Mr. Lucky』をリリースする頃には、Tom KellyとDenny Hensonのデュオ・グループになっている。

本作は、爽やかなウェスト・コースト・サウンドが詰まった柑橘系フルーツのようなアルバム。"闇夜に浮かび上がるゴールドのネオン" というジャケットからは想像できない快晴のサウンドを聴くことができる。「Wouldn't I Love To Love You」や「Fly Away」のようなバラードにも、じめっとした湿度はなく、メロディの美しさと二人のハーモニーの爽やかさが印象に残る。

全曲が二人のオリジナルで、Tom Kellyはその全てに貢献。バック・ミュージシャンは、TOTOの面々(Mike Porcaro, Jeff Porcaro, David Paich)やDavid Foster、Bill Champlin等、LAの実力派で固められ、演奏とサウンドはフレッシュで生き生きとしている。

本作を最後に彼らはグループを解散。伸びやかなハイトーン・ヴォーカルを操るTom Kellyは売れっ子のバックアップ・シンガーとなり、『Airplay / ロマンティック』を始めとする多くのアルバムに参加するほか、Billy Steinbergとi-Tenというユニットを組み、83年に唯一のアルバム『Taking A Cold Look』を残している。

このTomとBillyは優れたソングライター・チームとしてその後も活躍し、Madonnaの「Like a Virgin」(84年)を始め、Cyndi Lauperの「True Colors」(86年)、Whitney Houstonの「So Emotional」(87年)、Heartの「Alone」(87年)、The Banglesの「Eternal Flame」(89年)と、80年代に全米No.1ヒットを量産した。

本作のCDは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年8月に再発。i-Tenの『Taking A Cold Look』のCDも同時に再発されており、お薦めである。

●収録曲
1. Sweet Country Air - 4:14
2. I Can Hear The Whistle Blow / 口笛が聞こえる - 2:54
3. Wouldn't I Love To Love You / ラヴ・ユー - 4:24
4. Runnin' And Hidin' - 3:53
5. Fly Away - 3:54
6. Gypsy Brew - 2:43
7. Mr. Lucky - 4:16
8. Where Did Our Love Go Wrong / ゴー・ロング - 3:58
9. Captain - 5:57


◆プロデュース: Keith Olssen

◆参加ミュージシャン: Tom Kelly/Denny Henson(vo, g, ar)
with Andrew Gold/Waddy Wachtel(g), David Foster(k, ar), David Paich/Bill Champlin(k), Mike Porcaro(b), Jeff Porcaro(ds, per), Dan Forgelberg(lap steel), Mel Collins/Tom Scott(sax), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/09/15 17:50 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(2)
Kenny Logginsの1977年のアルバム『Celebrate Me Home / 未来への誓い』。
Kenny Loggins / Celebrate Me Home (未来への誓い) (1977年)
Kenny Logginsはアメリカのシンガー・ソングライター。Jim Messinaとポップ/ロック・デュオのLoggins and Messinaを組んで1971年から76年まで活動した後にソロとなり、アルバム制作やライヴ活動のほかに、80年代以降は映画の主題歌を歌って多くのヒット曲を生んでいる。特に、『Footloose』の同名主題歌(84年, 米1位)と『Top Gun』の主題歌「Danger Zone」(86年, 米2位)は有名だ。

本作は、Loggins & Messina解散の翌年にリリースされたファースト・ソロ・アルバム。ジャズ・キーボード奏者のBob Jamesと、Billy Joelなどのプロデュースで知られるPhil Ramoneがプロデュースを手がけた。

収録曲は、Patti Austin作の「I've Got The Melody」とRay Charles等、多くの歌手に歌われたスタンダード・ナンバーの「You Don't Know Me」を除いてKenny Logginsのオリジナル。殆どを共作しており、共作者はJohn Townsend(1)、Jimmy Webb(2)、Bergman夫妻(3)、翌年に奥様となるEva Ein(4, 5, 9)、Bob James(8)、David Foster(9)となっている。

ポップで軽快な「I Believe In Love / 愛を信じて」はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの66位にチャート・イン。アルバムはBillboard 200チャートの27位を記録した。

Loggins & Messinaの頃や「Footloose」のような快活なヒット曲から想像されるアップ・テンポな曲は少なく、ジャズ/フュージョンの実力派プレイヤーの洗練した演奏をバックにKenny Logginsがじっくり歌うタイプの曲が多い。

Patti Austinのハリのある歌声がしっかり聴こえる「I've Got The Melody」や、曲の終わりにHiram Bullockのカッコいいギター・ソロを聴ける「Lady Luck」など、素材の良さが光る。

Bob Jamesと共作した「Celebrate Me Home」は、歌いだしが "Home for the holidays" であることや静かな曲調からクリスマス・ソングとして広く聴かれているようだ。ラストの「You Don't Know Me」では、そのBob Jamesの優しいエレピとEric Galeの渋~いエレキ・ギターだけを伴奏に、Kenny Logginsがしっとりと歌い上げる。胸に沁みる素晴らしい歌声だ。

●収録曲
1. Lady Luck - 4:40
2. If You Be Wise - 4:28
3. I Believe In Love / 愛を信じて - 3:30
4. Set It Free - 6:00
5. Why Do People Lie - 4:35
6. Enter My Dream - 5:20
7. I've Got The Melody (Deep In My Heart) - 4:15
8. Celebrate Me Home - 4:44
9. Daddy's Back - 3:37
10. You Don't Know Me - 4:13


◆プロデュース: Bob James(k), Phil Ramone

◆参加ミュージシャン: Kenny Loggins(vo, g, k), Hiram Bullock/Robben Ford/Eric Gale/Steve Khan/Hugh McCracken/Dean Parks/Lee Ritenour(g), Richard Tee(k), George Hawkins(b), Steve Gadd/Ralph MacDonald/Harvey Mason(ds), Steve Forman(per), Patti Austin/Lani Groves/George Hawkins(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/08/10 16:30 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1977年) - Jaye P. Morgan / Jaye P. Morgan 2017/11/17
AOR名盤(1976年) - George Benson / Breezin' 2017/11/15
AOR名盤(1977年) - Kenny Rankin / The Kenny Rankin Album 2017/11/13
AOR名盤(1974年) - Randy Edelman / Prime Cuts 2017/11/11
AOR名盤(1978年) - Jerry Corbetta / Jerry Corbetta 2017/11/08
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp