音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Cherの1989年の傑作『Heart Of Stone』。
Cher / Heart Of Stone (1989年)
80年代も後半になると、力強いアルバムが少ない印象がありますが、このアルバムを聴くと元気になります。Cherは歌手だけでなく、俳優としても活躍していますが、本作以外の彼女はあまり知りません。

本作のサウンドは、JourneyやBon Jobiのようなメロディアス・ハード路線。情熱的なロックと、力強いバラードがぎっしり詰まったアルバムです。

本作の力強さは、"Heart Of Stone (石のハート)" というタイトルや、アルバム・ジャケットの凛々しい姿に表れています。

曲は、Diane Warren、Desmond Child、Michael Bolton、Jon Bon Jobi、Richie Sambora、Jonathan Cain、Tom Snow等が提供。どの曲も完成度が高いです。また、Steve Lukather、Michael Landau、Carlos Vega等、腕のあるセッション・ミュージシャンがサウンドを支えています。

折れない心、再起する強さ、そういうものを持ち続けたいと思います。

●収録曲
1. If I Could Turn Back Time
2. Just Like Jesse James
3. You Wouldn't Know Love
4. Heart Of Stone
5. Still In Love With You
6. Love On A Rooftop
7. Emotional Fire
8. All Because Of You
9. Does Anybody Really Fall In Love Anymore?
10. Starting Over
11. Kiss To Kiss
12. After All (Love Theme From Chances Are)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2011/11/27 10:08 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(0)
Sinead O'Connorの1990年のアルバム『I Do Not Want What I Haven't Got』。
Sinead O'Connor / I Do Not Want What I Haven't Got (1990年)
このアルバムから「Nothing Compares 2 U」という名曲が大ヒットしました。この曲の出だしのフレーズ、「あなたが去ってから15日と7時間が過ぎた…」に痺れます。

この歌の人は、「あなた」が去ってからの時間を15日と7時間、数えたのですね。とても深い哀しみだと思います。

この曲はプリンスの作詞・作曲ですが、短いフレーズに深い喪失感を表現したプリンスは天才です。

歌詞を掲載しました。久し振りにじっくり読んでみましたが、鳥肌が立つような感動を覚えます。実に素晴らしい感性、表現力です。
●Nothing Compares 2 U

 It's been seven hours and fifteen days
 Since you took your love away
 I go out every night and sleep all day
 Since you took your love away
 Since you been gone I can do whatever I want
 I can see whomever I choose
 I can eat my dinner in a fancy restaurant
 But nothing
 I said nothing can take away these blues
 `Cause nothing compares
 Nothing compares to you

 It's been so lonely without you here
 Like a bird without a song
 Nothing can stop these lonely tears from falling
 Tell me baby where did I go wrong
 I could put my arms around every boy I see
 But they'd only remind me of you
 I went to the doctor n'guess what he told me
 Guess what he told me
 He said girl u better try to have fun
 No matter what you'll do
 But he's a fool
 `Cause nothing compares
 Nothing compares to you

 All the flowers that you planted, mama
 In the back yard
 All died when you went away
 I know that living with you baby was sometimes hard
 But I'm willing to give it another try
 Nothing compares
 Nothing compares to you
 Nothing compares
 Nothing compares to you
 Nothing compares
 Nothing compares to you

●収録曲
1. Feels So Different
2. I Am Stretched On Your Grave
3. Three Babies
4. The Emperor's New Clothes
5. Black Boys On Mopeds
6. Nothing Compares 2 U
7. Jump In The River
8. You Cause As Much Sorrow
9. Last Day Of Our Acquaintance
10. I Do Not Want What I Haven't Got


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
Billy Joelの1976年のアルバム『Turnstiles / ニューヨーク物語』。
Billy Joel / Turnstiles (ニューヨーク物語) (1976年)
Billy本人が「最も好きなアルバム」という作品です。"turnstile" とは、駅や劇場の入り口にある回転式の改札口のこと。

この作品は、大ブレイクする『The Stranger』の直前の作品ですが、内容の濃さでは『Stranger』に引けを取りません。

後に、『Stranger』より前のアルバムから選曲した名ライヴ・アルバム『Songs in the Attic』をリリースしますが、本作から、「Say Goodbye To Hollywood」「Summer, Highland Falls」「I've Loved These Days」「Miami 2107」の4曲が選ばれています。

この4曲の他にも、「New York State Of Mind」「James」という重要曲が収録されています。

「New York State Of Mind / ニューヨークの想い」は、その後ポップス・スタンダードになった名曲。

「James」は幼馴染みの真面目な青年 "James" を歌ったもの。自分とは全く違う人生を歩む彼に「君は自分の人生を好きかい?」と問いかける、優しく切ない名バラードです。

ニューヨークという都会に生きる人々の様々な人間模様を綴った名作です。

●収録曲
1. Say Goodbye To Hollywood
2. Summer,Highland Falls
3. All You Wanna Do Is Dance
4. New York State Of Mind
5. James
6. Prelude/Angry Young Man
7. I've Loved These Days
8. Miami 2017


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2011/11/06 11:42 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
Peter Brownの1979年のアルバム『Stargazer』。
Peter Brown / Stargazer (1979年)
アルバム全体はディスコ・サウンドですが、タイトル曲「Stargazer」は強い印象を残す美しいバラードです。この曲を最初に聴いたのは、NHK FMの名番組「クロス・オーバー・イレブン」。津嘉山正種氏が渋い声でショート・ストーリーを読み上げ、その間を絶妙な選曲で曲が流れるクールな番組です。

「Stargazer」は、この番組で2, 3回オン・エアーされたと記憶しています。イントロの流麗なピアノやロマンティックな曲調、間奏部分の美しいギターソロに感動しました。

ところが、肝心な曲名/アーティスト名が分からないまま、時が経過。。。

「She said she don't love me anymore.」というフレーズを憶えており、先日、ネットの歌詞検索をしたところ、曲名/アーティスト名が分かりました。ネット時代の利便性に感動です。

数ある洋楽ソングの中で、最も美しい曲の一つと思います。

●収録曲
1. Crank It Up
2. It's Alright
3. Stargazer
4. Got to Get the Show on the Road
5. Lead Me On
6. West of the North Star
7. Love in Our Hearts
8. Penguin


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2011/11/01 01:04 Soul / R&B(70年代) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター