音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Joni Mitchellの10CDのBOXセット『The Studio Albums 1968-1979』の紹介です。
Joni Mitchell / Studio Albums 1968-1979
丁寧なリイシューで知られるRhinoレーベルから、2012年11月に発売されたBOXセットです。Joni Mitchellのデビューから70年代までの全てのスタジオ・アルバム(10作品)のCDが収録されています。

各アルバムは見開きの紙ジャケットになっており、以前に紹介したChicagoVan HalenのBOXセットと比べると、紙ジャケットの作りがとても丁寧です。この内容で、2,637円(*)という価格は驚き。(*)執筆時点の価格

Joni Mitchellはレべルの高い、内容の濃い作品を作ることで定評があります。特に、Jaco Pastorius(b)が参加した3作『Hejira / 逃避行』(76年)、『Don Juan's Reckless Daughter / ドンファンのじゃじゃ馬娘』(77年)、『Mingus』(79年)や、傑作と言われる『Blue』(71年)、『Court and Spark』(74年)はお薦め。

こうした名盤のCDが低価格でまとめて入手できるというのは、洋楽好きにとっては大変ありがたいことです。いい時代になりました。

●BOXセットの内容
1.『Song to a Seagull (Joni Mitchell) / ジョニ・ミッチェル』(68年)
2.『Clouds / 青春の光と影』(69年)
3.『Ladies of the Canyon』(70年)
4.『Blue』(71年)
5.『For the Roses / バラにおくる』(72年)
6.『Court and Spark』(74年)
7.『The Hissing of Summer Lawns / 夏草の誘い』(75年)
8.『Hejira / 逃避行』(76年)
9.『Don Juan's Reckless Daughter / ドンファンのじゃじゃ馬娘』(77年)
10.『Mingus』(79年)


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2013/04/28 23:01 BOXセット(Rock / Pops) TB(0) CM(0)
Van Halenの6CDのBOXセット『The Studio Albums 1978 - 1984』の紹介です。
Van Halen / The Studio Albums 1978 - 1984
2013年2月にWarner Musicから発売されたCD BOXセットです。1978年の衝撃のデビュー・アルバム『Van Halen / 炎の導火線』から83年の大ヒット・アルバム『1984』まで、Dave Lee Roth(vo)在籍時の全てのオリジナル・アルバム、6作品を収めています。

CDはデジタル・リマスタリングされており、2,000円以下という驚きの価格です。

6枚のアルバムを通しで聴くと、レベルの高いバンドであることを再認識します。作曲のセンス、ノリの良さ(楽しさ)、Eddie Van Halen(g)の豊かなギター・フレーズと天才的なテクニック、豪快でありながら統制の効いた演奏。「誰もが憧れるが、誰も到達できない」、そんな凄みを感じるバンドです。

アメリカン・ハード・ロックの歴史を作った偉大なバンドの作品集。お薦めです。

先日、BS-TBSの洋楽番組『Song To Soul』で、『1984』に収録の名曲「Jump」を取り上げており、Dave Ree Rothのインタビューも放送されました。プロモーション・ビデオではいつも八方破れな印象のDaveが、実はとても頭の回転が速く、思慮深い人であることを知りました。また、日本の文化に関心が高いことも意外でした。懐の深いバンドです。

●BOXセットの内容
1.『Van Halen / 炎の導火線』(78年, 米19位)
2.『Van Halen 2 / 伝説の爆撃機』(79年, 米6位)
3.『Women And Children First / 暗黒の掟』(80年, 米6位)
4.『Fair Warning / 戒厳令』(81年, 米5位)
5.『Diver Down』(82年, 米3位)
6.『1984』(83年, 米2位)


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2013/04/14 19:22 BOXセット(Hard Rock) TB(0) CM(0)
ChicagoのBOXセット『Studio Albums 1969-78』の紹介です。
Chicago / Studio Albums 1969-78
デビュー・アルバム『Chicago Transit Authority / シカゴの軌跡』(69年)から12作目の『Hot Streets』(78年)まで、Chicagoのオリジナル・アルバムのうち、ライヴ・アルバム(4作目)とベスト・アルバム(9作目)を除く10作品を収録しています。

CDは2002年のデジタル・リマスター盤で、ボーナス・トラック付き。価格は2,600円強(*)という素晴らしいコスト・パフォーマンスです。CDはシンプルな紙ジャケットに収納されており、歌詞や解説は付属しません。(*)執筆時点の価格

年代順に聴いてみると、バンドのサウンドの変遷が分かります。BOXセットならではの楽しみ方です。Chicagoの場合、初期の汗臭い感じのブラス・ロックから、次第に都会的な洗練されたサウンドに変化していく様子が分かります。

12作目の『Hot Streets』(79年)は、金澤寿和氏の著書『AOR Light Mellow』にも紹介されているAORの名盤です。

同じようなCD BOXセットに、Joni Mitchell(10CD)、Eagles(6CD)、Van Halen(6CD)などがあり、いずれも購入予定です。

●BOXセットの内容
1. Chicago Transit Authority / シカゴの軌跡 (1969年)
2. Chicago / シカゴと23の誓い (1970年)
3. Chicago Ⅲ (1971年)
4. Chicago Ⅴ (1972年)
5. Chicago Ⅵ / 遥かなる亜米利加 (1973年)
6. Chicago Ⅶ / 市俄古への長い道 (1974年)
7. Chicago Ⅷ / 未だ見ぬアメリカ (1975年)
8. Chicago Ⅹ / カリブの旋風 (1976年)
9. Chicago XI (1977年)
10. Hot Streets (1979年)


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2013/04/07 10:21 BOXセット(Rock / Pops) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター