音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Donny Hathawayの4CDのBOXセット『Never My Love: the Anthology』の紹介です。
Donny Hathaway / Never My Love: the Anthology
Donny Hathawayのオリジナル・アルバムを収めたBOXセットではなく、コンピレーション的な内容ですが、全58曲のうち23曲が未発表音源となっており、貴重な収録内容です。2013年11月にAtlanticレーベルから発売されました。

Disc1は、Donny Hathawayの代表曲を年代順に収録しており、Hathawayの音楽と人生をテーマとしたベスト盤的な内容。22曲のうち9曲をモノラルで録音するあたりに、制作サイドのこだわりを感じます。

Disc2は未発表のスタジオ録音集。Disc3は、1972年にザ・ビター・エンド(ニューヨーク、グリニッチ・ヴィレッジ)で行われた未発表のライヴ録音。そしてDisc4は、Roberta Flackとのデュエット集になっています。

詳細な解説が綴られた豪華なブックレットや、ペーパーバック仕立ての洒落たパッケージなど、Donny Hathawayへのリスペクトと愛を隅々に感じられる、素晴らしいBOXセットです。

なお、Donny Hathawayのオリジナル・アルバムを収録したBOXセットとしては、
●『』(4CD)
●『』(5CD)
があります。

●BOXセットの内容
1.『Favourites』(22曲) ※9曲はモノラル録音
2.『Unreleased Studio Recordings』(13曲) ※未発表のスタジオ録音
3.『Live at The Bitter End, 1971』(10曲) ※未発表のライヴ録音
4.『Roberta Flack & Donny Hathaway Duets』(13曲)

+ 27頁の豪華ブックレット


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2014/04/30 20:53 BOXセット(Soul / R&B) TB(0) CM(0)
アメリカを代表するロック・ミュージシャン、Bruce Springsteenの7作品、8CDを収めたBOXセット『The Collection 1973-84』の紹介です。
Bruce Springsteen / The Collection 1973-84
ここ数年、ロックやジャズのお買い得なCD BOXセットが相次いで発売されています。Bruce SpringsteenのこのBOXセットは、2010年8月にSony UKから発売された比較的古いものです。

タイトル通り、1973年のデビュー作『Greetings From Asbury Park, N.J. / アズベリー・パークからの挨拶』から、1984年のアルバム『Born in the U.S.A.』までの7作品を収録。

紙ジャケットは背表紙のある丁寧な作りで、1980年の2枚組の大作『The River』は見開きのジャケットです。全曲のクレジットを掲載したブックレットも付属。外箱には厚手の紙を使っており、低価格ながら重厚感のあるパッケージです。

収録アルバムの内容の良さは言うまでもありません。初期の熱いロックから、アコースティック・ギターとハーモニカだけでレコーディングした『Nebraska』、大ヒットした『Born in the U.S.A.』まで、Bruce Springsteenが最も輝いていた時期の作品を網羅しており、元気の出るBOXセットです。

Bruce Springsteenは今年1月に、通算18作目となる新作『』をリリースし、米・英のチャートは勿論のこと、各国のチャートで1位となりました。"ザ・ボス" は現役で活動しています。

●BOXセットの内容
1.『Greetings From Asbury Park, N.J. / アズベリー・パークからの挨拶』(73年, 米60位)
2.『The Wild, The Innocent & The E Street Shuffle / 青春の叫び』(73年, 米59位)
3.『Born to Run / 明日なき暴走』(75年, 米3位)
4.『Darkness on the Edge of Town / 闇に吠える街』(78年, 米5位)
5.『The River』(80年, 米1位) (2CD)
6.『Nebraska』(82年, 米3位)
7.『Born in the U.S.A.』(84年, 米1位)

+ブックレット


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2014/04/27 20:55 BOXセット(Rock / Pops) TB(0) CM(0)
Lou ReedのCD BOXセットの紹介です。
Lou Reed / 5CD Box Set (4種)
Lou ReedはThe Velvet Underground(1964-73)のギタリスト兼ヴォーカリストとして知られていますが、ソロになってからも非常に多くのアルバムを残したミュージシャンです。

ロック・シーンに多大な影響を与えた人ですが、全集的なBOXセットは残念ながらありません。その代わり、このブログでも何回か紹介した5CDのBOXセット『Original Album Classics』と『Original Album Series』が年代順に4種発売されており、それらを購入することでソロ・アルバムの殆どをカバーすることができます。

以下、年代順に紹介します。特に、89年の名作『New York』以降の90年代の作品を中心とするセット(最後のもの)はお薦めです。

●BOXセットの内容
1.『Lou Reed / ロックの幻想』(72年) ※ソロ・デビュー作
2.『Transformer』(72年)
3.『Berlin』(73年)
4.『Sally Cant Dance / 死の舞踏』(74年)
5.『Coney Island Baby』(76年)

※2008/6/20発売
※75年の『Metal Machine Music / 無限大の幻覚』は未収録


●BOXセットの内容
1.『Rock 'N' Roll Animal』(74年) ※ライヴ・アルバム
2.『Rock 'N' Roll Heart』(76年)
3.『Street Hassle』(78年)
4.『The Bells / 警鐘』(79年)
5.『Growing Up In Public / 都会育ち』(80年)

※2011/8/2発売


●BOXセットの内容
1.『The Blue Mask』(82年)
2.『Legendary Hearts』(83年)
3.『Live In Italy』(83年) ※ライヴ・アルバム
4.『New Sensations』(84年)
5.『Mistrial』(86年)

※2009/9/24発売


●BOXセットの内容
1.『New York』(89年)
2.『Songs for Dorella』(90年) ※ジョン・ケイルとのコラボ作
3.『Magic and Loss』(92年)
4.『Set the Twilight Reeling』(96年)
5.『Ecstasy』(2000年)

※2013/2/19発売


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2014/04/20 19:29 BOXセット(Rock / Pops) TB(0) CM(0)
Ry CooderのCD BOXセット『1970-1987』の紹介です。
Ry Cooder / 1970-1987
Ry Cooderの1970年のデビュー作から1987年のアルバム『Get Rhythm』までの11枚のオリジナル・アルバム(11CD)を収めたBOXセットです。2013年11月にRhinoレーベルから発売されました。

Ry Cooderは80年代前半に『』などの映画音楽を多く手がけていますが、それらを除く初期~中期の全作品を揃えることができます。

年代順にアルバムを聴いて、作風の変遷を楽しむのもBOXセットの楽しみ方の一つ。Ry Cooderの場合、79年のアルバム『Bop Till You Drop』からポップな要素が加わります。

ブックレットは付属しませんが、Amazonでは1作品あたり300円程度(*)という優れたコスト・パフォーマンス。(*)執筆時点の価格

『Into the Purple Valley / 紫の峡谷』(71年)は見開きの紙ジャケット。『The Slide Area』(82年)では、紙ジャケットの裏面に歌詞が印刷されている点も嬉しいです。

Ry Cooderはスライド・ギターの名手であり、心地よい、味のあるギターを存分に楽しむことができます。休日にリラックスした気分で聴くには最適なBOXセットです。

●BOXセットの内容
1.『Ry Cooder / ライ・クーダー・ファースト』(70年)
2.『Into the Purple Valley / 紫の峡谷』(71年)
3.『Boomer's Story / 流れ者の物語』(71年)
4.『Paradise And Lunch』(74年)
5.『Chicken Skin Music』(76年)
6.『Show Time』(77年) ※ライヴ・アルバム
7.『Jazz』(78年)
8.『Bop Till You Drop』(79年)
9.『Borderline』(80年)
10.『The Slide Area』(82年)
11.『Get Rhythm』(87年)


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2014/04/13 12:02 BOXセット(Rock / Pops) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター