音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Herbie HancockのCD BOXセット『Complete Columbia Collection』の紹介です。
Herbie Hancock / Complete Columbia Collection
ジャズ・ピアニストの大御所、Herbie Hancockがコロムビア・レコードに残した全作品を収めたBOXセットです。2013年11月にSony Legacyから発売されました。

Herbie Hancockの70年代、80年代の殆どのアルバムを網羅しており、ジャズ、フュージョン、ファンク、ブラック・コンテンポラリー、ディスコ・ミュージックと、時流を捉えた幅広い作風を楽しむことができます。また、スタジオ・アルバムだけでなく、ライヴ・アルバムや映画のサントラ、他のアーティストとのコラボレーション作品などもあり、多様なセット内容です。

新たにリマスタリングされた31作品(34CD)と、約200ページにも及ぶ分厚いブックレットが付属し、Amazonでの価格は約14,000円(*)。一見すると高価に思えますが、CD1枚あたりに換算すると約400円という素晴らしいコスト・パフォーマンスです。(*)執筆時点の価格

BOXセットに収められたアルバムは以下の通り。このうち、『V.S.O.P.』(76年)、『An Evening with Herbie Hancock & Chick Corea In Concert』(78年)、『V.S.O.P. The Quintet: Live Under the Sky』(79年)は2CDです。また、太字のアルバムは日本のみで発売されていたものです。

各CDは紙ジャケットに収納されており、紙ジャケットはSony Legacyの他のBOXセットと同様、背表紙のある丁寧な作り。(*)を付けた9作品については見開きのジャケットになっている点も嬉しいです。

Sony LegacyのBOXセットは低価格ながら丁寧な作りで、外れがありません。重宝しています。

●BOXセットの内容 (括弧内の数字は発売年)
1. Sextant (73) / 2. Head Hunters (73) / 3. Dedication (74) / 4. Thrust (74) / 5. Death Wish: Original Soundtrack (74) / 6. Flood (75)(*) / 7. Man-Child (75) / 8. Secrets (76) / 9. V.S.O.P. (76)(*) / 10. The Herbie Hancock Trio (77)
11. V.S.O.P.: The Quintet (77)(*) / 12. V.S.O.P. The Quintet: Tempest In The Colosseum (77)(*) / 13. An Evening with Herbie Hancock & Chick Corea In Concert (78)(*) / 14. Sunlight (78) / 15. Feets Don't Fail Me Now (78) / 16. Direct Step (78)(*) / 17. The Piano (79)(*) / 18. V.S.O.P. The Quintet: Live Under the Sky (79)(*) / 19. V.S.O.P. The Quintet: Five Stars (79)(*) / 20. Kimiko Kasai with Herbie Hancock: Butterfly (79)
21. Monster (80) / 22. Mr. Hands (80) / 23. Magic Windows (81) / 24. Herbie Hancock Trio with Ron Carter + Tony Williams (81) / 25. Quartet (82) / 26. Lite Me Up (82) / 27. Future Shock (83) / 28. Sound-System (84) / 29. Herbie Hancock and Foday Musa Suso: Village Life (85) / 30. Round Midnight: Original Soundtrack (86)
31. Perfect Machine (88)


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2014/07/27 19:18 BOXセット(Jazz / Fusion) TB(0) CM(0)
Vertu'の1999年のアルバム『Vertu'』。
Vertu' / Vertu' (1999年)
Vertu'は、Jazz/Fusionの名グループ「Return To Forever」の強力なリズム・セクションを担当したStanley Clarke(b)とLenny White(ds)が、Richie Kotzen(g)、Karen Briggs(violin)、Rachel Z(k)と結成したスーパー・グループ。本作はVertu'の唯一のアルバムです。

Richie Kotzenは卓越したテクニックと幅広い音楽性を持つギターの名手。Mr. BigやPoisonというハード・ロック・バンドでの活躍が知られていますが、自身のリーダー作も数多く出しています。Return To ForeverにもAl Di Meolaという速弾きで有名な個性派のギタリストが在籍しましたが、その代役という印象を受けません。本作では、独特のブルージーな味わいのある華麗なギターの腕前を存分に披露しています。

更にKaren Briggs(violin)とRachel Z(k)が加わることで、Jazz Rockの名グループであるMahavishnu Orchestraと同じ楽器編成になっていおり、Mahavishnu Orchestraのファンにもアピールするグループです。

サウンドはテクニカルでハードなFusion。Richie Kotzenのヴォーカル曲もあり、ブルージーで渋い歌声を味わうことができます。

Return To Foreverの名作『』や、Richie Kotzenのリーダー作が好きな方にお薦めです。

●収録曲
1. V-Wave
2. レイン
3. アノック
4. ザ・コール
5. トパシオ Part-1
6. トパシオ Part-2
7. ダンス・オブ・ザ・ハーレークイン
8. スタート・イット・アゲイン
9. マラケッシュ
10. トイズ


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2014/07/20 18:06 Jazz / Fusion TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター