音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

John O' Banionの1982年のアルバム『Danger』。
John O' Banion / Danger (1982年)
1982年の東京音楽祭でグランプリを受賞した「I Don't Want To Lose Your Love / きみだけのバラード」を収録したアルバムです。

金澤寿和氏の著書『AOR Light Mellow』では、81年のファースト・アルバム『John O' Banion / 僕のラヴ・ソング』が紹介されています。

ファースト・アルバムは、切な気なメロディとJohn O' Banionのエモーショナルな歌声を存分に味わえるAORの快作。個人的に大好きなアルバムです。

このセカンド・アルバムもファーストの路線を踏襲。John O' Banionの音域の広いヴォーカルと豊かなメロディ、Carlos Vega(ds)等、腕のあるミュージシャンによる堅実な演奏を楽しむことができます。

特に、「I Don't Want To Lose Your Love」「Take Me Back」「Inside This Heart Of Mine」などのバラードが素晴らしい。

2011年にヴィヴィッド・サウンドから紙ジャケットで再発されたCDには、ボーナス・トラックとして4曲が収録されました。そのうちの3曲は1982年の東京虎ノ門久保講堂でのライヴ音源。スタジオ録音と遜色ないクオリティの歌と演奏がライヴで再現されています。

●収録曲
1. Danger
2. She Doesn't Mean A Thing To Me / 涙のジェラシー
3. I Don't Want To Lose Your Love / きみだけのバラード
4. Thru The Eyes Of Love / アイズ・オブ・ラヴ
5. Undercover Love
6. Our Love
7. I'm The One
8. Deep In The Night
9. Let Me Be Yours Tonight / ときめきトゥナイト
10. Take Me Back
11. Inside This Heart Of Mine / ハート・オブ・マイン
12. Thru The Eyes Of Love / アイズ・オブ・ラヴ (Live)
13. Standing On The Edge / エッジ・オブ・ラヴ (Live)
14. Caught / 燃える心 (Live)


◆プロデュース: Joey Carbone, Richie Zito

◆参加ミュージシャン: Carlos Vega(ds), Richie Zito(g, k), John Pierce(b), Joey Carbone(k), Paulinho Da Costa(per), James Newton Howard(sy), Jim Horn(sax), Bobby Kimball, Joe Chemay(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2015/03/29 19:18 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
Brand XのBOXセット『Nuclear Burn - The Charisma Albums 1976-1980』の紹介です。
Brand X / Nuclear Burn - The Charisma Albums 1976-1980
Brand XはイギリスのJazz Rockバンド。かなりハイ・レベルな演奏をするバンドです。

結成時のメンバーは以下の4名。プログレッシヴ・ロック・バンドGenesisのドラマーであり、ソロ活動でも80年代に多くのヒット曲、ヒット・アルバムを出したPhil Collinsが在籍することで知られています。
・John Goodsall(g)
・Percy Jones(b)
・Robin Lumley(k)
・Phil Collins(ds)

このBOXセットは、彼らの1976年のデビュー作『Unorthodox Behaviour』から80年の『Do They Hurt?』までのスタジオ・アルバム5枚と、77年のライヴ・アルバム『Livestock』の計6作品に加え、76年のBBC Sessionから4曲を収録しています。2014年11月に発売されました。

ちなみに、『Nuclear Burn』という刺激的な名前は、デビュー作『Unorthodox Behaviour』のオープニング曲のタイトルです。

2CD以上の収納用に設計された幅23mmのプラスティック・ケースに4枚のCDを収録しており、詳細な英語解説付きのブックレットが付属します。また、デジタル・リマスタリングされているようです。

Jazz RockのBOXセットは珍しく、しかもBrand Xという通好みのアーティストを取り上げたものとして貴重です。価格も2,500円程度(*)であり、Jazz Rockファン、Fusionファンにお薦めです。(*)執筆時点のamazonでの価格

●BOXセットの内容
1.『Unorthodox Behaviour』(76年)
2.『Livestock』(77年)
3.『Moroccan Roll』(77年)
4.『Masques』(78年)
5.『Product』(79年)
6.『Do They Hurt?』(80年)

+ BBC Session 4曲 (76年)


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2015/03/28 16:54 BOXセット(Jazz Rock) TB(0) CM(0)
Van Halenの新作ライヴ『Tokyo Dome In Concert / ライヴ・イン・ジャパン』。
Van Halen / Tokyo Dome In Concert (ライヴ・イン・ジャパン) (2015年)
2013年に行われた東京公演の模様を収録したライヴ・アルバムで、ワーナー・ミュージック・ジャパンから2015年4月に発売されました。

活動期間が長く、ライヴに定評のあるVan Halenですが、公式なライヴ・アルバムは、Sammy Hagerがヴォーカリストであった時期のライヴを収録した『』(93年)しかありませんでした。今回の『Live In Japan』は、David Lee Rothがヴォーカルを担当するファン待望のライヴ・アルバムです。

1978年のデビュー作『Van Halen / 炎の導火線』から2012年の最新作『』までの25曲を2枚のCDに収録しています。

メンバーは、Eddie Van Halen(g)、Alex Van Halen(ds)、バンドに復帰したDavid Lee Roth(vo)、そしてEddieの息子であるWolfgang Van Halen(b)。"Van Halen一家 + David Lee Roth" という顔ぶれ。

収録された25曲は全てDavid Lee Roth在籍時のアルバムからの選曲。原曲とほとんど同じアレンジで演奏している点が好感が持てます。最初からライヴで演奏するために曲が作られていたということかも知れませんし、演奏が上手過ぎるのかも知れません。

Eddie Van Halenのギターはもの凄くテクニカルで華やかですが、無表情な感じが特徴。"難しく考えずに、豪快に鳴らせばいいんだ" という爽快さがあります。

David Lee Rothのヴォーカルはほとんど衰えを感じさせません。日本に住んでいたらしく、「どこで日本語覚えたのですか?」「日本語が下手くそですみません」「ワタシに出来ることがあれば遠慮なくお申し付けください」といった陽気な日本語を上手に挟みながら、最後までエネルギッシュに歌います。

ブックレットにメンバー写真が全くないのだけが残念ですが、自然体で気持ちのよいライヴ・アルバムです。

●収録曲
<ディスク: 1>
1. Unchained / 2. Runnin' With The Devil / 3. She's The Woman / 4. I'm The One / 5. Tattoo / 6. Everybody Wants Some!! / 7. Somebody Get Me A Doctor / 8. China Town / 9. Hear About It Later / 10. (Oh) Pretty Woman / 11. Me & You (Drum Solo) / 12. You Really Got Me

<ディスク: 2>
13. Dance The Night Away / 14. I'll Wait / 15. Cradle Will Rock… / 16. Hot For Teacher / 17. Women In Love… / 18. Romeo Delight / 19. Mean Street / 20. Beautiful Girls / 21. Ice Cream Man / 22. Panama / 23. Eruption (Complete Guitar Solo) / 24. Ain't Talkin' 'Bout Love / 25. Jump


また、1978年のデビュー・アルバム『Van Halen / 炎の導火線』と1984年の名盤『1984』もセットにした4CDのDeluxe Editionも発売されています。

●収録作品
1.『Van Halen / 炎の導火線』(78年, 米19位)
2.『1984』(84年, 米2位)
3.『Live In Japan』(2015年)


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2015/03/22 18:06 Van Halen TB(0) CM(0)
Heartの5CDのBOXセット『Original Album Classics』の紹介です。
Heart / Original Album Classics
HeartはAnn Wilson(vo)とNancy Wilson(g)のWilson姉妹を看板とするハード・ロック・バンド。

この5CDのBOXセットは、『Little Queen』(77年)、『Dog And Butterfly』(78年)、『Bebe Le Strange』(80年)、『Private Audition』(82年)、『Passionworks』(83年)の5作品を収録しています。

Led Zeppelinからの影響を随所に感じる70年代のハード・ロック・アルバムと、大ブレイクする直前のコマーシャルなアルバムの両方を楽しむことのできるBOXセットです。

『Little Queen』(77年)と『Dog And Butterfly』(78年)におけるメンバーは以下の通り。
・Ann Wilson(vo)
・Nancy Wilson(g)
・Roger Fisher(g)
・Howard Leese(g, k)
・Steve Fossen(b)
・Michael Derosier(ds)

この頃のアルバムには、独特のリズムやアコースティック・ナンバーの風合い、Annのヴォーカル・スタイルなど、随所にZeppelinらしさが見られます。

『Bebe Le Strange』(80年)と『Private Audition』(82年)では、Roger Fisher(g)が抜けて5人編成となります。『Bebe Le Strange』は70年代のアルバムと同じハード・ロック路線ですが、『Private Audition』ではサウンドがポップで多彩なものに変わります。

『Passionworks』(83年)では、リズム・セクションがMark Andes(b)と元MontroseのDenny Carmassi(ds)に交代。大ブレイクする次作『Heart』(85年)の布石となる爽快なメロディアス・ロックのアルバムに仕上がっています。

●収録作品
1.『Little Queen』(77年, 米9位, 英34位)
2.『Dog And Butterfly』(78年, 米17位)
3.『Bebe Le Strange』(80年, 米5位)
4.『Private Audition』(82年, 米25位, 英77位)
5.『Passionworks』(83年, 米39位)


続く『Heart』(85年)では、外部のソングライターを起用してポップでキャッチーな曲を収録し、「What About Love」(米10位)、「Never」(米4位)、「These Dreams」(米1位)、「Nothin' At All」(米10位)と、シングル・ヒットを連発します。

大ブレイクした後の5作品を収めた『5 Classic Albums』というBOXセットもありますが、70年代ロック好きには『Original Album Classics』の方をお薦めします。

●収録作品
1.『Heart』(85年, 米1位, 英19位)
2.『Bad Animals』(87年, 米2位, 英7位)
3.『Brigade』(90年, 米3位, 英3位)
4.『Desire Walks On』(93年, 米48位, 英32位)
5.『Rock The House Live!』(91年, 米107位, 英45位)


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2015/03/22 09:51 BOXセット(Rock / Pops) TB(0) CM(0)
Karizmaの2012年のアルバム『Perfect Harmony』。
Karizma / Perfect Harmony (2012年)
Karizmaはキーボード奏者であるDavid Garfieldが率いるFusionグループ。Michael Landau(g)等、L.A.の実力派ミュージシャンが参加しています。

本作は、新曲14曲を2枚のCDに収め、さらにボーナス・ディスクも付いた3枚組のアルバム。2012年11月にクール・サウンドから発売されました。

参加メンバーは以下のとおり。
・Drums:Vinnie Colaiuta, Oscar Seaton, Carlos Vega, Jeff Porcaro
・Bass:Dean Cortez, Jimmy Johnson 他
・Guitar:Michael Landau, James Harrah, Tim Pierce
・Keyboard:David Garfield
・Percussion:Lenny Castro
・Sax:Larry Klimas
etc

ボーナス・ディスクには以下の10曲が収録されています。TOTOのファンであれば、Jeff Porcaroが参加した2曲が注目ではないでしょうか。
・結成30周年を記念して行った2005年4月の日本公演(4曲)
・89年8月のベイクド・ポテトでのライヴ(2曲、Jeff Porcaroがドラムスを担当)
・70年代後半に収録したデモ(2曲)
・75年の結成メンバーで収録したライヴ・テイク(2曲)

Fusion好き、TOTO好きにお薦めのアルバムです。

ワーナー・ミュージック・ジャパンの「Fusion Bestコレクション1000」シリーズから、2015年3月にKarizmaの86年のアルバム『』が、7月には87年のライヴ・アルバム『』のCDが再発されており、そちらもお薦めです。

●収録曲
<ディスク:1>
1. Tink / 2. Oh Sweet Oso / 3. Mujaka / 4. Ratso / 5. Still Waters Run Deep / 6. Pontier / 7. Mambos Cafe

<ディスク:2>
1. Delicious Juices / 2. Zigaboo / 3. And Yelling All The Time / 4. My Brother / 5. Donna / 6. Shelly / 7. Wheat Toast

<ディスク:3>
1. Heavy Resin / 2. Aliens (Ripped My Face Off) / 3. Dream Come True / 4. Kimbissa / Cuba / 5. Sting / 6. Toast For Eli / 7. From Above / 8. Sweet Pea / 9. 716 Stepney St. / 10. Kaptin' Koma


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2015/03/08 18:43 Jazz / Fusion TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター