音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Robin Trowerの3CDのBOXセット『Chrysalis Years (1977-83)』の紹介です。
Robin Trower / Chrysalis Years (1977-83)
Robin Trowerは元Procol Harumのギタリスト。このBOXセットには、Robin Trowerの1977年のアルバム『In City Dreams / 白昼の幻想』から、83年の『Back It Up / 虹色の戦慄』までの6枚のアルバムが収録されています。その中には、Jack Bruceとユニットを組んでいた時期のアルバム『B.L.T.』(81年)と『Truce』(82年)も含まれています。

6枚のオリジナル・アルバムを3枚のCDに収録し、Amazonでの価格は2,000円強(*)。お得感のあるBOXセットです。(*)執筆時点の価格

Robin TrowerはJimi Hendrixのフォロワーとして知られており、ギターのフレーズの随所にJimi Hendrixに対する尊敬とあこがれを感じ取ることができます。

どのアルバムもブルージーなロックがベースになっており、時おり見せる優しさ溢れるバラードが絶妙なアクセントになっています。ロック・ギタリスト好き、ブリティッシュ・ロック好き、Jimi Hendrix好きにはツボのサウンドでしょう。

同じシリーズのBOXセットに、『』があり、73年のソロ・デビュー作『Twice Removed from Yesterday』から76年の『Long Misty Days』までを収録しており、こちらもお薦めです。

●BOXセットの内容
1.『In City Dreams / 白昼の幻想』(77年)
2.『Caravan to Midnight』(78年)
3.『Victims of the Fury / 地獄脱出』(79年)
4.『B.L.T.』(81年) ※with Jack Bruce
5.『Truce』(82年) ※with Jack Bruce
6.『Back It Up / 虹色の戦慄』(83年)


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2015/06/27 20:19 BOXセット(Rock / Pops) TB(0) CM(0)
私がAORというジャンルを好んで聴くようになったのは2000年の少し前からの事。

金澤寿和氏の書かれたディスク・ガイドの名著『AOR Light Mellow』を書店で偶然手にし、AORというジャンルを集中して聴いてみようと思い立ったのがきっかけである。ジャンルの定義が難しいため、聴くべきアルバムを選ぶこと自体が難しい作業だったと思うが、初版では250のアーティストの作品を厳選して紹介している。

2001年には増補改訂版が出て、さらに41アーティストの作品が追加された。

ロックを中心に、The Beatles、Led Zeppelin、Pink Floydといった大御所アーティストのアルバムを "だいたい聴いた感" があり(実際は聴いていないアルバムが沢山あるが)、何か聴くべきものはないかということで、ようやく手を伸ばしたジャンルがAORである。

TOTOの初期の作品やSteely Danの『Aja』『Gaucho』、Donald Fagenの『Nightfly』など、メジャーなCDを何枚か持っていたが、どちらかというと敬遠していたジャンル。"何だか軽い音楽" という先入観があったからかも知れない。確かに、Led Zeppelinと比べたらサウンドは軽いし、Pink Floydと比べたらメッセージも軽いだろう。

だが、金澤寿和氏のディスク・ガイドに紹介されている作品を一つ一つ丁寧に聴いてみると、心地良かった。音楽による癒しというのはこういうものかと実感した。

今では初版に掲載の250作品のうち、CDを所有していないのは残り22作品(*)。CDの再発を気長に待って、15年かけてようやく228作品を所有した。(*)この記事の執筆時点

ディスク・ガイドは昔から好きで、渋谷陽一氏の名著『ロック - ベスト・アルバム・セレクション』(新潮文庫)を始め、様々なジャンルのものを読んだ。

ディスク・ガイドを読むと、アルバムの背景、当時の音楽事情、アーティストの生き方、著者の目線などが分かる。その上でアルバムを聴くと新たな気づきがあり、楽しい。

振り返ると、228作品とは言え、金澤寿和氏のディスク・ガイドに紹介されているアルバムを収集するのはなかなか大変であった。そこで、AORに興味を持った人が今からでもCDを楽に収集できるように、Amazonで購入できるものについては商品ページへのリンクを掲載したサイト『AORの名盤 330選』を運営している。中には流通量が少なくて高価になっているCDもあるが、AORの名盤とされているアルバムに誰でも容易にアクセスできる状態を保てればと思っている。


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2015/06/20 19:35 AORその他 TB(0) CM(0)
Rod Stewartの2006年のアルバム『Still The Same: Great Rock Classics of Our Time / グレイト・ロック・クラシックス』。
Rod Stewart / Still the Same: Great Rock Classics of Our Time (2006年)
タイトルの通り、Rod Stewartが偉大なロック・クラシックスをカヴァーしたアルバムです。"of Out Time (自分たちの時代の)" とあるように、Rod Stewartと同じ時期に活動したアーティスト達のヒット曲、名曲をカヴァーしています。

ジーンズ姿のリラックスしたRodは、このとき61歳。余裕のある佇まいが何ともカッコいい。こういう歳の重ね方をしたいものです。

Creedence Clearwater Revival(CCR)の1971年のヒット曲「Have You Ever Seen The Rain / 雨を見たかい」(米8位)、Elvin Bishopの76年の「Fooled Around And Fell In Love」(米3位)、The Pretendersの94年の「I'll Stand By You」(米16位)、Bob Segerの78年の「Still The Same」(米4位)など、新旧織り交ぜた選曲も見事です。

John Waiteの84年のヒット曲「Missing You」(米1位)なども鳥肌もの。

どの曲も、洗いざらしのジーンズのように清潔な質感があり、気持ちのよいアルバム。"Still The Same ..." とあるように、今も変わらぬ魅力を備えた、まさにエヴァー・グリーンなロック・ミュージック集。2000年代はスタンダード・ナンバーのカバーに傾倒しますが、ロックを歌うRod Stewartはやはりカッコいいです。

●収録曲 (括弧内はアーティスト)
1. Have You Ever Seen The Rain (CCR, 71年)
2. Fooled Around And Fell In Love (Elvin Bishop, 76年)
3. I'll Stand By You (The Pretenders, 94年)
4. Still The Same (Bob Seger, 78年)
5. It's A Heartache (Bonnie Tyler, 77年)
6. Day After Day (Badfinger, 71年)
7. Missing You (John Waite, 84年)
8. Father & Son (Cat Stevens, 70年)
9. The Best Of My Love (The Eagles, 74年)
10. If Not For You (Bob Dylan, 70年)
11. Love Hurts (The Everly Brothers, 61年)
12. Everything I Own (Bread, 72年)
13. Crazy Love(Van Morrison, 70年)


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2015/06/14 23:51 Rock / Pops TB(0) CM(0)
Rod Stewartの2003年のアルバム『As Time Goes By: The Great American Songbook 2』。
As Time Goes By: The Great American Songbook 2 (2003年)
『The Great American Songbook』は、Rod Stewartによるスタンダード・ナンバーのカヴァー集です。2002年のVol.1から発売が開始され、2010年のVol.5で完結しました。

このシリーズの中で、アルバム・ジャケットのRod Stewartが一番素敵だと思えるのがこのVol.2です。フロント・カヴァーではシックなスーツ姿ですが、バック・カヴァーではエレガントなブロンド女性を抱き、ほほ笑む余裕のRod。78年の名作『』の2003年版といった感じで、男として憧れます。
As Time Goes By: The Great American Songbook 2 (バック・カヴァー)
Jeff Beck Group、Faces、ソロ活動と、ロックというジャンルの頂点を歩んできた人ですが、2000年からはスタンダード・ナンバーを歌うことに徹します。

これが実にいい。年齢が醸し出すヴォーカルの深みと味わい。何とも言えない男の色香があります。

イギリスの偉大なシンガーによる、アメリカの偉大なソング集。年相応が素敵なのだ、ということを学べるアルバムです。

●収録曲
1. Time After Time
2. I'm In The Mood For Love
3. Don't Get Around Much Anymore
4. Bewitched, Bothered & Bewildered (featuring Cher)
5. 'Till There Was You
6. Until The Real Thing Comes Along
7. Where Or When
8. Smile
9. My Heart Stood Still
10. Someone To Watch Over Me
11. As Time Goes By (featuring Queen Latifah)
12. I Only Have Eyes For You
13. Crazy She Calls Me
14. Our Love Is Here To Stay


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2015/06/13 18:03 Rock / Pops TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター