音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

1981年7月に行われたモントルー・ジャズ・フェスティバルの模様を収めたライヴ・アルバム『Casino Lights』。
Various Artists / Casino Lights (1981年)
今日のような夏の暑い時期に行われた、名ライヴです。プロデュースはTommy LiPumaですので、安心して聴ける(=内容が良いことは間違いない)作品。

この夜のライヴの出演者は"ワーナー・ブラザーズ・オールスターズ"。次のようなビッグ・ネームが参加した豪華なライヴです。
Al Jarreau(vo)とRandy Crawford(vo)
Yellowjacketsの面々(Robben Ford(g)、Ricky Lawson(ds)等)
David Sanborn(sax)
Neil Larsen(key) & Buzz Feiten(g)
Larry Carlton(g)
Mike Mainieri(vibes)
Marcus Miller(b)
Lenny Castro(per)

1981年のスイス。最高のメンバーによる夏の夜のライヴということで、想像するだけでもいいですね。

選曲も素晴らしいです。Richard PageとKenny Loggins作の「Who's Right, Who's Wrong」、Tom Snow作の「Sure Enough」は良質なAOR。「Imagin」は言わずと知れたJohn Lennonの名曲。その他、ボーナス・トラック4曲を含めて、Yellowjackets、David Sanborn、Larsen-Feiten Band、Larry Carltonの曲がバランス良く並んでいます。

80年代の「Live Under The Sky」など、夏場のジャズ・フェスが好きな人にお薦めの名ライヴ・アルバムです。

●収録曲 (括弧内はパフォーマー)
1. Your Precious Love (Al Jarreau/Randy Crawford)
2. Who's Right, Who's Wrong (Al Jarreau/Randy Crawford)
3. Sure Enough (Al Jarreau/Randy Crawford)
4. Imagine (Randy Crawford/Yellowjackets)
5. Monmouth College Fight Song (Yellojackets)
6. Theme from Love Is not Enough (David Sanborn)
7. Hideaway (David Sanborn)
8. Casino Lights (Neil Larsen/Buzz Feiten)
9. Tee Time for Eric (Yellowjackets)
10. Last Night (Larry Carlton/Yellowjackets)
11. E Minor Song (Neil Larsen/Buzz Feiten)
12. Sara's Touch (Mike Mainieri)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2015/07/12 19:24 Jazz / Fusion TB(0) CM(0)
Frankie Millerの1977年のアルバム『Full House』。
Frankie Miller / Full House (1977年)
Frankie Millerは英国のシンガー・ソングライター。Rod Stewartのようなハスキー・ヴォイスを持ち、Rod Stewartよりも熱唱する人です。

Robert Palmer、Jess Rodenと並び、"英国ブルー・アイド・ソウル御三家" と言われているとの事。Jess Rodenはともかく、Robert Palmerとは並ばない感じがします…

『Full House』はFrankie Millerの4作目のアルバム。このアルバムからは「Be Good to Yourself」(英27位)や「The Doodle Song」がヒットしますが、私にとっては「Jealous Guy」をしんみりと聴いて、せつない気分になる為のアルバム。

「Jealous Guy」はJohn Lennonの書いた名曲。Frankie MillerはJohn Lennonのようにナイーブには歌いません。心の底から嫉妬深い男であるかのように、熱く、狂おしく、ねちっこく歌います。これには感動します。

「Love Letters」「Take Good Care Of Yourself」「This Love Of Mine」でも、素晴らしい熱唱を聴くことができます。

Frankie Millerの作品をまとめて揃えたい人には、デビュー以降の7作品を4CDに収めたBOXセット、『』が手頃な価格(*)でお薦めです。(*)執筆時点の価格

●収録曲
1. Be Good To Yourself
2. The Doodle Song
3. Jealous Guy
4. Searching
5. Love Letters
6. Take Good Care Of Yourself
7. Down The Honkytonk
8. This Love Of Mine
9. Let The Candlelight Shine
10. (Ill Never) Live In Vain


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2015/07/11 15:09 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター