音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Chicの1979年のアルバム『Risqué / 危険な関係』。
Chic / Risqué (危険な関係) (1979年)
ChicはNYで結成されたディスコ/ファンク・グループ。本作はサード・アルバムで、この時のコア・メンバーはBernard Edwards(b), Nile Rodgers(g), Tony Thompson(ds), Alfa Anderson(vo), Luci Martin(vo)です。

1978年の前作『C'est Chic』では、シングルの「Le Freak / おしゃれフリーク」がBillboard Hot 100チャートの1位を獲得する大ヒットとなり、アルバムもBillboard 200チャートの4位をマークします。本作もアルバム・チャートの5位を記録し、前作に続いてTop10にチャート・インしました。

本作からはディスコ・ナンバーの「Good Times」がHot 100チャートの1位を記録します。ベース、ドラムス、ギターの生みだす波のようなグルーヴが心地良く、8分も続く曲ですが、ずっと聴いていたくなります。

「My Feet Keep Dancing」も中毒性のあるディスコ・サウンドで、Bernard Edwardsのコクのあるファンキーなベースが病みつきになります。

「A Warm Summer Night / 暑い夏の夜」は蕩けるようにメロウ・サウンド。甘美なメロディの裏で、やはりBernard Edwardsのベースの存在感が大きい。

メロディ、リズム、アレンジのどれもが洗練されており、Chicを代表するエレガントなアルバムです。

●収録曲
1. Good Times – 8:08
2. A Warm Summer Night / 暑い夏の夜 – 6:10
3. My Feet Keep Dancing – 6:38
4. My Forbidden Lover / 禁じられた恋 – 4:39
5. Can't Stand to Love You – 2:56
6. Will You Cry (When You Hear This Song) – 4:06
7. What About Me? / 私はどうなるの – 4:09


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2015/11/29 22:20 Soul / R&B(70年代) TB(0) CM(0)
Rod Stewartの1995年のアルバム『A Spanner in the Works / ユア・ザ・スター』。
Rod Stewart / A Spanner in the Works (1995年)
1993年のライヴ・アルバム『Unplugged...and Seated』に続くRod Stewartの作品。素足の大スターが写るセピアのフロント・カヴァーのように、渋い内容のアルバムです。

1曲目の「Windy Town」はChris Rea作のビターなナンバー。Chris Reaの87年のアルバム『Dancing With Strangers』からのセレクトです。

「The Downtown Lights」は優しくて寂しげなバラード。メロディが美しく、このアルバムの中で一番好きな曲です。

「Leave Virginia Alone」はTom Petty作の素朴なアコースティック・ロック。続く「Sweetheart Like You」はBob Dylan作。83年のDylanのアルバム『Infidels』に収録された、心に沁みるナンバーです。

「You're the Star」も心に沁み入るメロディ。この曲は、Frankie Millerの90年のアルバム『Long Way Home』に収録されたナンバーで、Frankie Millerが体調を崩し、療養生活に入る前に録音された曲です。選曲が渋い。

ラストの「Purple Heather」はトラディショナル・ナンバー。スコットランド民謡でしょうか。スコットランド家系のRod Stewartらしい、納得のラスト・ナンバーです。

●収録曲
1. Windy Town (Chris Rea)
2. The Downtown Lights (Paul Buchanan)
3. Leave Virginia Alone / さよならヴァージニア (Tom Petty)
4. Sweetheart Like You (Bob Dylan)
5. This (John Capek, Marc Jordan)
6. Lady Luck (Carmine Rojas, Jeff Golub, Kevin Savigar, Rod Stewart)
7. You're the Star (Billy Livsey, Frankie Miller, Graham Lyle)
8. Muddy, Sam and Otis (R.Stewart, K.Savigar)
9. Hang on St. Christopher (Tom Waits)
10. Delicious (R.Stewart, Andy Taylor, Robin LeMesurier)
11. Soothe Me (Sam Cooke)
12. Purple Heather (Traditional)


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
Luther Vandrossの1981年のアルバム『Never Too Much』。
Luther Vandross / Never Too Much (1981年)
このアルバムは、アメリカのR&BシンガーであるLuther Vandrossのデビュー作。ブラック・コンテンポラリーの傑作です。

名ベーシストのMarcus MillerとAnthony Jacksonが参加しており、特にMarcus Millerの気合いの入ったベースを随所で聴くことができます。

このアルバムからはシャープなダンス・ナンバーの「Never Too Much」がシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの33位、R&Bチャートでは1位となるヒットを記録しました。80'sらしいエレガントなナンバーです。

続く「Sugar and Spice (I Found Me a Girl)」では、ギターのカッティングがChicのNile Rodgersのようにクール。「Don't You Know That?」もエレガントなナンバーで、セカンド・シングルとしてR&Bチャートの10位を記録します。

このアルバムのハイライトは「She's a Super Lady」。ベース(Marcus Miller)、ドラムス(Buddy Williams)、ギター(Steve Love)が一体となって生み出す引き締まったサウンドをバックに、Luther Vandrossがしなやかに歌う最高のナンバーです。

ラストの「A House Is Not a Home」はDionne Warwickの64年の曲。Burt Bacharach等が書いたしっとりとしたソウル・バラードで、Luther Vandrossの熱唱も見事。この曲も、Luther Vandrossを代表する1曲になりました。

●収録曲
1. Never Too Much
2. Sugar and Spice (I Found Me a Girl)
3. Don't You Know That?
4. I've Been Working
5. She's a Super Lady
6. You Stopped Loving Me
7. A House Is Not a Home


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2015/11/21 18:59 Soul / R&B(80年代) TB(0) CM(0)
TOTOの2015年のアルバム『XIV~聖剣の絆』。
TOTO / XIV~聖剣の絆 (2015年)
2006年のアルバム『Falling In Between』から9年振りとなるTOTOの新作です。

ブックレットのバック・カヴァーに写るメンバーは、David Paich(k)、Steve Lukather(g)、Steve Porcaro(k)、Joseph Williams(vo)の4人。これに加え、Keith Carlock(ds)とDavid Hungate(b)等が参加しています。

Steve PorcaroとJoseph Williamsは、2010年のTOTO再結成の際にメンバーに復帰しました。Steve Porcaroがスタジオ・アルバムに全面参加するのは1986年の『Fahrenheit』以来。Joseph Williamsにとっては88年のアルバム『』以来となります。

Keith CarlockはSimon Phillipsの後任として2014年に参加したドラマー。Steely Danの2000年以降のアルバムやDonald Fagenのソロ・アルバムでドラマーを担当した実力派です。本作では全曲のドラムスを担当し、盤石のサウンド構築に貢献しています。

メロディアスな曲が多く、長年活動するバンドに見られる "メロディ枯れ" はありません。11曲のうちJoseph Williamsが6曲、Steve Porcaroが1曲の曲作りに関わっており、二人のメンバー復帰の効果と思います。

Joseph Williamsのヴォーカルも伸びやかで力強く、TOTOの久し振りの快作です。

●収録曲
1. Running Out of Time
2. Burn
3. Holy War
4. 21st Century Blues
5. Orphan
6. Unknown Soldier (For Jeffrey)
7. The Little Things
8. Chinatown
9. All the Tears That Shine
10. Fortune
11. Great Expectations


▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2015/11/01 17:57 AOR名盤(1991年~) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター