音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Toby Beauの1980年のアルバム『If You Believe / 愛のスケッチ』。
Toby Beau / If You Believe (愛のスケッチ) (1980年)
Toby Beauはアメリカのポップ・カントリー・グループ。
3枚のアルバムがあり、このアルバムが3作目にあたる。

デビュー時は5人組であったが、メンバーが次々に抜け、このアルバムのリリース時にはリーダーであるBalde Silvaだけが残った。
従って、ジャケットには "Toby Beau is Balde Silva." と書かれている。

後にThe Joe Chemay Bandを結成するJoe Chemay(b), Billy Joe Walker Jr.(g), John Hobbs(k)や、名サックス奏者であるErnie Wattsが参加しており、サウンド、演奏はしっかりしている。

AOR的には、Joe ChemayがDavid Batteauと共作したポップな「One Needs Another」や、Peter McCann作のロック・チューン「Little Miss American Dream」、Kenny Logginsの従兄弟であるDave Logginsが書いたバラード「My Dream Love」が気になるところ。

だが、本作の一番は「If I Were You / 愛を受けとめて」。
このドリーミーなメロウ・チューンは、プロデューサーのJerry FullerがJohn Hobbsと書いた。
アレンジがすっきりしており、穏やかなエレピとSax、美しいコーラスに包まれたロマンティックなナンバーだ。

2001年に世界初CD化されたが、この7月にソニー・ミュージックの「AOR CITY 1000」シリーズからCDが再発された。
曲の邦題に小恥ずかしさを感じるのは、自分の歳のせいか…

●収録曲
1. Could It Be Love / 愛を教えて - 4:06
2. If I Were You / 愛を受けとめて - 3:24
3. One Needs Another / 輝く君の瞳 - 3:05
4. If You Believe - 3:58
5. Ships In The Night / 風に揺れる恋 - 3:48
6. Little Miss American Dream - 2:50
7. Give Me A Sign - 3:08
8. You Caught Me With My Love Down / 愛のキャッチ・ダウン - 3:20
9. As Far As I Can See / 明日の約束 - 3:27
10. My Dream Lover - 3:55


◆プロデュース: Jerry Fuller

◆参加ミュージシャン: Balde Silva(vo, g, harmonica)
with Billy Joe Walker Jr.(g), John Hobbs/Larry Muhoberac(k), Joe Chemay(b, bv), Steve Turner(ds, per), Bob Zimmitti/Joe Clayton(per), Ernie Watts(sax)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2016/07/31 17:36 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
Boz Scaggsの1976年の名盤『Silk Degrees』の発売40周年を記念し、「ソニー AOR誕生40周年記念 AOR CITY 1000」と題したシリーズがソニー・ミュージックから発売された。

発売日は7月27日と8月17日。税抜き1,000円という嬉しい価格だ。
シリーズ監修は金澤寿和氏。
共通のアートワークを、大瀧詠一『A LONG VACATION』のイラストで知られる永井博氏が担当している。
AOR CITY 1000
7月27日発売分について、以前に予約注文していたCD3枚が本日届いた。
中身はいずれ紹介するとして、さっそく外観を紹介しようと思う。

到着したCDは、以下の3タイトル。
Nigel OlssonはAmazonで予約注文し、他の2枚はタワレコで注文していた。
どちらも発売日の前日に届いたのでビックリである。

Nigel Olsson / Changing Tides (1980年) <世界初CD化>

Lou Rawls / Love All Your Blues Away (1986年) <世界初CD化>

What If / What If (1987年)


タワレコから届いた箱には、CDの他にPOST CARDが2枚(同一のもの)同梱されていた。
恐らく、CDを2タイトル購入したからだと思う。
POST CARDは永井博氏のイラストのもので、今の季節にピッタリの爽やかなデザイン。

なお、Amazonから届いた箱にはPOST CARDの同梱はなかった。
タワレコ独自のサービスということか。

CDのジャケットはシンプルな1枚折りで、裏面は白地。
またライナー・ノーツも1枚もので、裏面は白地であるが、金澤寿和氏や中田利樹氏が今回のために書き下ろしているところが嬉しい。
コスパの優れた企画である。

参考までに、初CD化の2タイトルとPOST CARDについて、キャプチャした画像を以下に掲載。



◇画像1:POST CARD
タワレコから届いた箱に同梱されていたPOST CARD。
よく見ると、左下に (c)Hiroshi Nagai の記載がある。
季節感のある、とても綺麗なカードだ。
AOR CITY 1000 Post Card

◇画像2, 3:『Nigel Olsson / Changing Tides』(1980年)。
ビニール包装を開封後のキャプチャ画像。
帯の裏には、「世界初CD化/リマスタリング:2016年」の記載がある。
ライナー・ノーツは金澤寿和氏が担当。
Nigel Olsson / Changing Tides (表)Nigel Olsson / Changing Tides (裏)

◇画像4, 5:『Lou Rawls / Love All Your Blues Away』(1986年)。
ビニール包装を開封前のキャプチャ画像。
帯の裏には、「世界初CD化/リマスタリング:2016年」の記載。
ライナー・ノーツは中田利樹氏が書いている。
Lou Rawls / Love All Your Blues Away (表)Lou Rawls / Love All Your Blues Away (裏)

以上、ご参考までに。

7月27日発売の50作品を見る
8月17日発売の50作品を見る

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2016/07/26 18:53 AORその他 TB(0) CM(0)
Felix Cavaliereの1979年のアルバム『Castles In The Air』。
Felix Cavaliere / Castles In The Air (1979年)
Felix Cavaliereは元The Rascalsのキーボード奏者、ヴォーカリスト、ソングライターを務めた中核メンバー。The Rascalsは60年代後半から70年代初めにかけて活動したブルーアイド・ソウルの名グループで、「」などのヒットで知られる。

本作はFelix Cavaliereの3枚目のソロ・アルバムで、共作も含めて全曲がFelix Cavaliereの作。このうち「People Got To Be Free / 自由への讃歌」は、The Rascalsの69年のアルバム『』に収められた全米No.1ヒット曲のセルフ・カヴァーである。

Felix Cavaliereは優れたメロディ・メイカーだ。本作に収録されたどの曲もメロディが瑞々しく、ポップでキャッチー。

胸がキュンとするような甘酸っぱいメロディの「Only A Lonely Heart Sees / ロンリー・ハート」はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの36位を記録。他にも、「Good To Have Love Back / 愛が帰る時」や「Castles In The Air」、「Love Is The First Day Of Spring / 愛は春のはじめに」など、ポップな良曲が並ぶ。

ソウルフルで独特の浮遊感のあるヴォーカルも曲調に合っており、聴いていて心地よい。参加ミュージシャンはJazz/Fusion系の一流どころで固められ、演奏もしっかりだ。The Rascalsで一緒に活動したEddieとDavidのBrigati兄弟もバック・ヴォーカルで参加している。

Felix Cavaliereはソロ活動では大きなヒットに恵まれなかった。また80年代にはソロ・アルバムを制作しておらず、次作『』がリリースされたのは94年である。寡作だが、今も活動を続けている。

このアルバムのCDは、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年8月に再発されている。ブルーアイド・ソウル好きにお薦めだ。

●収録曲
1. Good To Have Love Back / 愛が帰る時 - 3:53
2. Only A Lonely Heart Sees / ロンリー・ハート - 3:50
3. All Or Nothing - 3:21
4. Castles In The Air - 3:34
5. People Got To Be Free / 自由への讃歌 - 3:44
6. Dancin' The Night Away - 4:14
7. Love Is The First Day Of Spring / 愛は春のはじめに - 4:23
8. Outside Your Window - 3:13
9. Don't Hold Back Your Love - 4:09
10. You Turned Me Around - 4:28


◆プロデュース: Felix Cavaliere(vo, k), Cengiz Yaltkaya

◆参加ミュージシャン: Buzzy Feiten/Hiram Bullock/Steve Khan/Vinnie Cusano(g), Will Lee/Marcus Miller(b), Steve Jordan(ds), Randy Brecker(Flugel Horn), David Lasley/Luther Vandross/Eddie Brigati/David Brigati(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2016/07/23 20:10 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(2)
TOTOの1986年のアルバム『Fahrenheit』。
TOTO / Fahrenheit (1986年)
本作はTOTOの6枚目のアルバム。このアルバムから、現ヴォーカリストのJoseph Williamsが加入した。Josephは映画音楽の作曲家であるJohn Williamsの息子。TOTOの主要メンバーとは地元の仲間どうしである。

元TrillionのFergie Frederiksenがリード・ヴォーカルを担当した前作『』はロック色の強い作品であったが、本作はAOR路線に回帰。サウンドの変化はJoseph Williamsの加入による影響が大きいと思われる。

Josephは収録曲の半分(1, 2, 4, 6, 8)の曲作りを手がけた。また、Lukatherがリード・ヴォーカルを担当した「Without Your Love」と「I'll Be Over You」を除く全曲のリード・ヴォーカルを担当している。

Josephのドライな声質は、肌にまとわりつく湿度を吹き飛ばすような爽快さがある。歌い回しも上手く、TOTOのダイナミックな演奏との相性も抜群。初代ヴォーカリストのBobby Kimballのウェットな声質と対照的で、好みの分かれるところだが、私はどちらかと言うとBobby Kimball派。

雄大なバラードの「I'll Be Over You」はLukatherとRandy Goodrumの共作。Michael McDonaldのバック・ヴォーカルが優しく、美しい。この曲はファースト・シングルとなり、Billboard Hot 100チャートの11位を記録した。

ラストのジャズィなナンバー「Don't Stop Me Now」はLukatherとPaichの共作。クールなトランペットはMiles Davisで、TOTOのアルバムにJazz界の巨人が参加したことで話題となった。

TOTOの中期の作品では人気・評価ともに高いアルバム。ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年8月にCDが再発されており、お薦めだ。

●収録曲
1. Till the End - 5:17
2. We Can Make It Tonight - 4:16
3. Without Your Love - 4:33
4. Can't Stand It Any Longer - 4:40
5. I'll Be Over You - 3:50
6. Fahrenheit - 4:39
7. Somewhere Tonight - 3:46
8. Could This Be Love - 5:14
9. Lea - 4:29
10. Don't Stop Me Now - 3:05


◆プロデュース: TOTO

◆参加ミュージシャン: Joseph Williams(vo), Steve Lukather(g, vo), David Paich(k, bv), Steve Porcaro(sy), Mike Porcaro(b), Jeff Porcaro(ds, per)
with David Sanborn(sax), Michael McDonald/Fergie Frederiksen/Don Henley(bv), Miles Davis(tp), Lenny Castro/Steve Jordan/Jim Keltner/Joe Porcaro(per), Jerry Hey/Tom Scott/Larry Williams(horns), etc.

▶こちらもお薦め

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2016/07/18 19:22 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
TOTOの1982年作『TOTO Ⅳ / 聖なる剣』。
TOTO Ⅳ / 聖なる剣
TOTOの4作目であり、世界的な成功を手中にしたアルバムである。
この名盤も、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズの第2弾として8月17日にCDが再発された。
2000年のリマスタリング。解説は中田 利樹氏である。

アルバムはBillboard 200チャートの4位を記録。
シングルは、「Africa」がBillboard Hot 100チャートの1位を記録したほか、「Rosanna」が2位、「I Won't Hold You Back」が10位となり、3曲のシングルがTop10入りを果たした。
また、1983年のグラミー賞では、「最優秀アルバム賞」を始めとする6部門を受賞している。

TOTOは70年代後半にプロのスタジオ・ミュージシャンにより結成されたバンド。
従って、演奏に関しては非の打ちどころがなく、どのアルバムを聴いても確かな手応えと高い満足を得ることができる。

グルーヴ感抜群で表情豊かなJeff Porcaroのドラムスや、エモーショナルなSteve Lukatherのギター・プレイには、他では得難い唯一無二の味わいがある。
それを目当てにTOTOを聴く人は多いと思うし、私もその一人。

また、AORというジャンルにおいて長く活動している数少ない、あるいは唯一と言っても良いバンドだ。
ヴォーカリストとドラマーの交代はあるが、コアのメンバーは変わらずに今も活動を続けている。

私はBobby Kimballがヴォーカリストを担当した初期4作品を愛聴している。
この4枚がTOTOの音楽を形作ったといって良いだろう。

TOTOの音楽やスタイルをお手本にしたミュージシャンや曲は多い。
また、TOTOのメンバーが参加した他のアーティストの作品は数え切れないほどある。

そのような「TOTO山脈」「TOTOレガシー」とも言える数多の作品群を物色する楽しみは格別である。
当たりもあれば外れもあるが、贅沢な楽しみを残してくれたことに感謝したい。

●収録曲
1. Rosanna – 5:31
2. Make Believe – 3:45
3. I Won't Hold You Back – 4:56
4. Good for You – 3:20
5. It's a Feeling – 3:08
6. Afraid of Love – 3:51
7. Lovers in the Night – 4:26
8. We Made It – 3:58
9. Waiting for Your Love – 4:13
10. Africa – 4:57


◆プロデュース: TOTO

◆参加ミュージシャン: Lenny Castro/Joe Porcaro(per), Tom Scott(sax), Jerry Hey/Chuck Findley(tp), Jimmy Pankow(tb), Timothy B. Schmit/Tom Kelly(bv)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2016/07/17 19:32 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター