音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Steve Archerの1982年作『...Solo』。
Steve Archer / ...Solo
Steve Archerは、米国CCMシーンで活動するシンガー・ソングライター。
60年代の後半に、兄(Gary, Tim)とゴスペル・トリオ「The Archer Bros.」を結成し、音楽活動をスタートした。このトリオは、70年代に入ると4人組のヴォーカル・グループ「The Archers」へと発展し、メンバーを変えながら1993年までコンスタントに活動を続けている。

Steve Archerは、80年代に入るとソロ活動もスタートした。本作は、そのファースト・アルバムである。
本作のプロデュースは、CCMシーンの重鎮であるChris Christianが担当。発売レーベルも、Chris Christianの設立したHome Sweet Home Recordsである。

このHome Sweet Home Recordsは、Chris Christianは勿論のこと、White HeartやRick Riso、Dan Peek、そしてSteve Archerなど、CCM系のアーティストのアルバムを数多く出している。

CCM(Contemporary Christian Music)と言っても、歌詞にJesus, Lord, Fatherといったフレーズが割とストレートに出てくることを除けば、サウンド的にはAOR。あるいは、AORのマイルドで清らかな要素をパッケージしたサウンドという説明が相応しいかも知れない。クリスマス・シーズンになると、自ずとCCM系のアルバムが季節感に合うようになる。

金澤寿和氏の『AOR Light Mellow』にも、比較的多くのCCMのアルバムが紹介されており、Steve Archerの本作もその中の一枚。

本作のメロウで大人びた曲やサウンドは、どこかRandy Goodrumのアルバムを思わせる。
これをSteve Archerの包容力ある透き通ったヴォーカルで歌われると、極上のメロウネスが香る。

特に5曲目の「Evermore」は、女性シンガーのDebby Booneとのデュエットが何ともロマンティック。Rick Risoらのバック・コーラスも美しく、本作一押しのナンバーだ。
また、White Heartのメンバーが参加した「Bring Me Closer」も良い。ミディアム・テンポの都会的なナンバーで、メロディ・演奏とも、実にクール。

Home Sweet Home RecordsのCDは入手困難であることが多いが、オンデマンド(CD-R)で製造された商品ならばAmazonから入手でき、私も活用している。
CD-Rであることと、カラー・コピーされたジャケットが使われていることから、パッケージの質としてはやや劣るが、その点を気にしないならば、お薦めである。

●収録曲
1. Treasure - 3:06
2. Living In The Hands - 3:35
3. He's Coming Back For Me - 2:44
4. Armor Of The Lord - 3:21
5. Evermore - 4:00
6. But You Didn't - 3:26
7. Good News - 3:14
8. Bring Me Closer - 2:56
9. Unto Me - 3:26
10. Live It - 4:08


◆プロデュース: Chris Christian

◆参加ミュージシャン: Debby Boone(vo), Hadley Hockensmith/Michael Landau/Dann Huff/John Goin(g), Harlan Rogers/Billy Smiley/Kurt Howell/Bob Ogdin(k), Dennis Belfield/Gary Lunn/Mike Brignardello(b), Carlos Vega/David Huff(ds), Rick Riso(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2016/11/30 18:27 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
Ben Sidranの1979年のアルバム『The Cat And The Hat』。
Ben Sidran / The Cat And The Hat (1979年)
Ben Sidranはイングランドのサセックス大学の博士号を有し、音楽や特にジャズに対する造詣が深いことから "ドクター・ジャズ" の異名を持つミュージシャン。Steve Miller Bandのメンバーでもあり、1969年~70年、87年~91年にキーボード奏者を務めている。ソロ・アルバムは71年から出しており、本作は9作目。

本作はジャズ・スタンダードに歌詞を付け、コンテンポラリーなアレンジで仕上げた極上のポップス・アルバム。Ben Sidranのジャズに対する愛着とリスペクトが感じられる名盤である。

プロデュースをBen SidranがMike Mainieriと共同で実施。John Coltrane作の「Like Sonny」を除いて、全曲に歌詞が付いている。「Give It To The Kids」はMike MainieriとBen Sidranの書き下ろしだが、残りのほとんどの曲についてはジャズ・スタンダードにBen Sidranが自ら詩を付けた。

例えば「Ask Me Now」はThelonious Monk、「Minority」はG. G. Gryce、「Blue Daniel」はFrank Rosolinoの曲。また、ラストの「Seven Steps To Heaven」はMiles DavisとVictor Feldmanの共作曲だ。

どの曲もコンテンポラリーで洒落たアレンジが施されており、古さを感じさせない。Ben Sidran曰く、「ビバップ・スタンダードとダンス・グルーヴを組み合わせる、という私の夢を実現させたもの」とのこと。Ben Sidranの軽妙な歌声がとても知的だ。

参加ミュージシャンの顔ぶれも華やか。ギタリストにはLee RitenourとBuzzy Feiten、ドラムスにSteve Gadd、サックス奏者にMichael Brecker, Tom Scott, Joe Henderson等が揃い、バック・ヴォーカルにはLuther VandrossとMike Finniganがいる。

ハイライトはラストの「Seven Steps To Heaven」。Steely Danの「Aja」に匹敵するSteve Gaddの名演を聴くことができ、それを目当てにアルバムを手にする人も多いと思われる。

2016年8月にソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから、77年のアルバム『The Doctor Is In』のCDも再発されている。本作の布石となるジャズィなポップス・アルバムで、こちらもお薦めだ。

●収録曲
1. Hi-Fly - 4:57
2. Ask Me Now - 4:08
3. Like Sonny - 4:38
4. Give It To The Kids - 4:24
5. Minority - 3:24
6. Blue Daniel - 3:52
7. Ballin' The Jack - 4:26
8. Girl Talk - 3:11
9. Seven Steps To Heaven - 4:10


◆プロデュース: Mike Mainieri(vib, k), Ben Sidran(vo, k)

◆参加ミュージシャン:Lee Ritenour/Buzzy Feiten(g), Don Grolnick(k), Abraham Laboriel(b), Steve Gadd(ds), Paulinho Da Costa(per), Michael Brecker/Tom Scott/Joe Henderson/Jim Horn(sax), Jerry Hey(tp), Luther Vandross/Mike Finnigan/Max Gronanthal(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2016/11/29 20:20 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
White Heartの1982年作『White Heart』。
White Heart / White Heart
White Heartは、「CCM界のTOTO」の異名を持つ素晴らしいロック・バンド。
1982年に結成されて1997年まで活動し、その間に11枚ものスタジオ・アルバムを残している。
本作は、その記念すべきファースト・アルバムである。

バンドの創設メンバーは、Bill Smiley(k, g, vo), Mark Gersmehl(k, vo), Steve Green(vo), Dann Huff(g, vo), Gary Lunn(b), David Huff(ds, per)の6人。このうち、バンドの活動期間を通じて在籍した中心メンバーは、Bill SmileyとMark Gersmehlの2人である。

リード・シンガーのSteve Greenは、TOTOで言えばBobby Kimball。ちょっとウェットなハイ・トーンが、Bobby同様にとても魅力的だが、残念ながら本作のみでバンドを抜けてしまう。

Dann Huffは、様々なアルバムでその名前を見ることのできる名ギタリスト。
TOTOのSteve Lukatherと同様に、中音域の曲に関しては自らリード・ヴォーカルを取ることができ、本作でも1, 3, 7, 8の4曲でリード・ヴォーカルを担当した。

ドラムスのDavid Huffは、Dann Huffの弟。DannとDavidの兄弟は最初の2, 3枚でバンドを脱退し、Alan Pasqua(k)等と4人組のハードロック・バンド、Giantを1987年に結成する。David Huffは、現在もGiantで活動中である。

TOTOと比べられるのは彼らの本意ではないかも知れないが、アルバムの随所にそれっぽいところを見つけることができるので、TOTO好きには魅力的なアルバムだと思う。

例えば、「He's Returning」の見事なキメは、TOTOの『Hydra』収録の「St. George and the Dragon」そっくりだし、「Guiding Light」の終わりに聴くことのできるDann Huffのギター・ソロは、まるでLukatherみたい。また、「Nothing Can Take This Love」のキメも、どこかGeorgy Porgyを思わせる。

1984年のセカンド・アルバム『Vital Signs』も、ファースト同様のAOR路線とのこと(私は未聴)。日本のCOOL Soundから1998年にCD化されているが、現在は入手困難となっている。ただし、オンデマンド商品(CD-Rで製造)ならば、Amazonから入手可能である。

●収録曲
1. Hold On – 3:37
2. You're the One – 3:56
3. Listen to the Lonely – 3:47
4. He's Returning – 4:23
5. Carry On – 3:56
6. Guiding Light – 3:40
7. Everyday – 4:08
8. Nothing Can Take This Love – 3:40
9. Black Is White – 3:14
10. Go Down Ninevah – 4:30


◆プロデュース: Dann Huff(g, vo), Bill Smiley(k, g, vo)

◆参加ミュージシャン: Steve Green(vo), Mark Gersmehl(k, vo), Gary Lunn(b), David Huff(ds, per)
with Sandi Patti(vo), Michael W. Smith(p), Phil Naish(k), Mark Morris(per), Sam Levine(sax), Greg Guidry(bv)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2016/11/28 18:59 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
Henry Gaffneyの1978年作『On Again, Off Again』。
Henry Gaffney / On Again, Off Again
Henry GaffneyはNY生まれのシンガー・ソングライター。
相当にマイナーなミュージシャンだと思うが、田中康夫氏の1980年のデビュー小説『なんとなく、クリスタル』や、1984年の著書『たまらなく、アーベイン』に登場したことで、日本でも知られるようになった。
私はそのタイミングこそ逃したが、金澤寿和氏の『AOR Light Mellow』によって、幸運にもこのアルバムに出会うことができた。

Henry Gaffneyは、ソロ・アーティストとして70年代後半に2枚のアルバムを残した後、作曲活動に専念。Roberta Flack, The Pointer Sisters, The Four Tops, Judy Collins, Jennifer Warnes, Glen Campbellなどに楽曲を提供している。
本作は、Henry Gaffneyのセカンド・アルバムである。

AORのアルバムのジャケットには、Rickie Lee JonesやLarry John McNallyなど、煙草をくゆらす姿を写したものがあるが、渋さではHenry Gaffneyのこのモノクロ・ジャケットが一番だろう。バック・カヴァーでは、窓辺から外を見降ろして煙草をくゆらす、映画のワン・シーンのような写真が使われている。
Henry Gaffney / On Again, Off Again (バック・カヴァー)

本作の音も、このジャケットのように渋い。
また、ほのぼのとした懐かしさと温もりがあり、とても上品なサウンドである。

1曲目の「Mack The Knife」は、ドイツの作曲家であるKurt Weillの1928年の曲。
イントロのほっこりする口笛から、このアルバムの独特の世界に引き込まれる。
ジャジーで落ち着いたサウンドと、Henry Gaffneyのソフトな歌声がとても上品だ。

残りの曲は全て、Henry Gaffneyのオリジナル。「Mack The Knife」のようなオールドタイミーな雰囲気の渋い曲が続く。

「Happy End」は、Judy Collinsが1979年のアルバム『Hard Times for Lovers』でカヴァーした。ここでレコードで言うA面が終わる。

続く「This Is It」は、本作のハイライトとなる名曲。
Leon Pendarvisの弾くFender Rhoadesの優しい音色に乗せて、Henry Gaffneyがしっとりと歌い始め、中盤ではMichael Breckerのロマンティックなサックス・ソロが空を舞い、最後にはRon Carter(b)、Chris Parker(ds)、John Tropea(g)を巻き込んだスリリングなアンサンブルへ展開するという見事な流れ。そして、ぷっつり切れるような突然のエンディングも、とても印象的だ。

1976年のファースト・アルバム『Waiting For A Wind』もCDを入手可能。そのジャケットには、映画俳優のような二枚目のHenryが写っている。

●収録曲
1. Mack The Knife - 3:32
2. There's A Train - 3:24
3. City Lights - 2:51
4. Mannequin - 3:08
5. Happy End - 3:15
6. This Is It - 4:08
7. Breakout - 3:56
8. There's No Sound - 3:38
9. Lady - 3:45
10. On Again Off Again - 3:48


◆プロデュース: Henry Gaffney(vo, ag, p)

◆参加ミュージシャン: John Tropea(g, ar), Joe Caro(g), Leon Pendervis/Pat Rebillot(k), Ron Carter/Will Lee/Neil Jason(b), Chris Parker/Steve Jordan(ds), Michael Brecker(sax), Jimmy Maelen(per), David Freidman(vib), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2016/11/27 19:04 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
Gerard Kennyの1979年作『Made It Thru The Rain』。
Gerard Kenny / Made It Thru The Rain
Gerard Kennyは、ニューヨーク生まれのシンガー・ソングライターであり、ピアノ・マン。

同じニューヨーク出身のピアノ・マンと言えば、Billy Joelを真っ先に思い浮かべるが、Gerard KennyはBilly Joelと親交があり、1970年から71年にかけて、Primoというバンドを組んで活動していた。Billy Joelが1971年に『Cold Spring Harbor』でソロ・デビューする直前のことである。

本作は、Gerard Kennyのデビュー・アルバム。
本国アメリカでなかなか日の目を見なかったGerardが、英RCAレコードと契約するチャンスを得てリリースしたアルバムである。

「Music And Words」「Son Of A Song And Dance Man」「Love」など、シンガー・ソングライター然とした曲が続く。曲の持つ雰囲気や堂々とした歌いっぷり、あるいは時折見られる低く唸るような独特の歌唱に、Billy Joelとの共通点を見出すことができる。

「Son Of A Song And Dance Man」は、自分のアイデンティティを歌った歌。Gerardの父親はシンガー兼ダンサーであった。自分に歌を教えてくれた父と、その流儀を受け継いで歌の道を歩む自分を重ね合わせ、ちょっと誇らしげに歌っている。

「New York, New York」では、"New York, New York, so good they named it twice" (二度も繰り返すなんて素敵だね)と、生まれ故郷のニューヨークを粋に歌う。曲の雰囲気こそ違えど、Billy Joelの1976年の名曲「New York State Of Mind」を思い出させる。
この曲は先行シングルとなり、UKチャートの43位をマークした。

ラストのタイトル曲「Made It Thru The Rain」は、心が洗われるように瑞々しく、美しいメロディを持った名曲。Barry Manilowが1980年のアルバム『Barry』でこの曲を取り上げ、Billboard Hot 100チャートの10位となるヒットを記録。このヒットにより、Gerard Kennyの名前が知られるようになった。

「僕は雨を切り抜けた」というタイトルは、辛い時期を乗り切ったという意味。
それまでの大変な時期を経てレコード契約を得たことに対するGerardの想いを綴った歌である。

Gerard Kennyのセカンド・アルバム『Living On Music』(1980年)は、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから、2016年7月に世界初CD化されており、お薦め。Barry Manilowの『Barry』も、同時にCDが再発されている。

●収録曲
1. Fit To Be Tied - 3:56
2. Music And Words - 4:33
3. Son Of A Song And Dance Man - 2:54
4. D-D-D-Dancin' - 3:37
5. Love - 3:56
6. New York, New York - 3:05
7. Pavement Princess - 3:55
8. Drinking - 5:01
9. Nickels And Dimes - 2:45
10. Made It Thru The Rain - 4:59


◆プロデュース: Christopher Neil(bv)

◆参加ミュージシャン: Gerard Kenny(vo, k, g), Phil Palmer(g), Ken Freeman/David Cullen(sy), Mo Foster(b), Peter Van Hook/Harold Fisher(ds), Frank Riccotti(per), Dominic Bugatti/Frank Musker(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2016/11/26 17:44 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター