音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Peter Cupplesの1984年作『Half The Effort Twice The Effect』。
Peter Cupples / Half The Effort Twice The Effect (1984年)
Peter Cupplesは、オーストラリア生まれのブルーアイド・ソウル・グループである「Stylus」の中心メンバー。リード・シンガーやアルバムのプロデューサーを務める他に、曲作りにおいても多くを手掛けている。

Stylusは70年代に4枚のアルバムを残して一旦解散し、2001年に再始動している。グループが解散している間にPeterはソロ・アルバムを制作しており、本作はそのセカンド・アルバムだ。

本作の収録曲は10曲。80年代の真ん中らしい、メロディアスなナンバーを揃えたアルバムである。
手元にある輸入盤のCDには曲の詳細なクレジットがないので自信はないが、多くの曲はPeterのオリジナルと思われる。

「Let Me Crawl」は、金澤寿和氏の著書『AOR Light Mellow』によると、Wilson Brothersの提供曲とのこと。確かに、哀愁を帯びたメロディにWilson兄弟らしさを感じる。

「Never Mind」は、Maxusの81年の名盤『Maxus / デビュー !!』に収録された「Nobody's Business」をアレンジしたものだ。このあたりの選曲のセンスは渋い。

また、ポップな「Do You Still Remember Me」は、Leslie Smithの82年のアルバム『Heartache』にBrock Walshが提供した曲である。

Peterの伸びやかで力強い歌声は、Richard MarxやJohn Waiteを彷彿とさせる。歌いっぷりも見事で、「Just Can't Live」のような重厚なメロディアス・ハード系の曲も、「In The Pitts」のようなブルージーな曲も、「Sitting Here」のような極上のメロウ・バラードも余裕で歌いこなす。

AORのアルバムの多くがそうだが、このアルバムもCDの入手が難しい。2007年にはファースト・アルバム『』(81年)と一緒にCDが再発されているので、そのうちにまた再発されるのだろう。
2012年には、Peter Cupplesの2CDのコンピレーション『』が発売されており、これを見逃したことをちょっと後悔している。

●収録曲
1. Don't You Leave Me Now - 4:15
2. Let Me Crawl - 3:06
3. Love Of Another World - 2:58
4. Just Can't Live - 3:31
5. Never Mind - 3:32
6. Party Lights - 3:38
7. In The Pitts - 3:36
8. Sitting Here - 3:52
9. Do You Still Remember Me - 3:58
10. On The Run - 4:13


◆プロデュース: Louie Shelton(g)

◆参加ミュージシャン: Ross Inglis(g, bv), David Hirschfelder(k), Brian Hamilton(b), Virgil Donati(ds, per)
with Mike Fisher(per), Jerry Hey(tp, horn ar), Chuck Findley(tp), Larry Williams/Dan Higgins(sax), Bill Reichenbach(tb), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2017/01/31 19:01 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
Michael Gonzalesの1983年のアルバム『Mountaintop』。
Michael Gonzales / Mountaintop
Michael Gonzalesは、CCMフィールドで活動するLA生まれのシンガー・ソングライター。1980年と83年にアルバムを1枚ずつリリースしており、本作はそのセカンド・アルバムである。

本作のプロデュースは、LAの売れっ子の作曲家/プロデューサー/アレンジャーであるDavid Diggsが担当。
収録曲のうち6曲をMichaelが作り、残り4曲(1, 2, 4, 8)をBill ChamplinやKeith Thomas等が提供した。

曲の半分は、「Thank You Jesus」「Father」「I Praise You」「Let Your Light Shine」「Heaven's Home」といったストレートなCCMソングだが、サウンド的にはとても爽やかでメロウなAOR。また、ジャズ/フュージョン・シーンで活躍するJohn Patitucci(b)やJohn Ferraro(ds)をリズム隊に起用し、演奏に抜群の安定感と洗練がある。上質で清潔なサウンドの印象は、Roby Dukeのアルバムにも近い。

Michael Gonzalezの艶やかで温かい声質や歌い回しは、どこかBill Champlinを思わせる。Bill Champlin本人は、奥様と一緒にコーラス陣に加わっており、また1曲目の「Thank You Jesus」をMichaelに提供した。

本作はコーラス陣も充実している。Champlin夫妻の他に、Richard Pageの実弟であるDavid Page、そしてRoby Dukeが参加。Michaelの歌声や充実したコーラス陣からは、ゴスペルの影響が感じられる。

ジャケットに描かれた山のイラストと、縦書きされた "Mountaintop" の文字は、日本の浮世絵の掛け軸のようで面白い。不思議なバランスのアルバムだ。

本作は、1999年に中田利樹氏のCOOL SOUNDからファースト・アルバム『Fire In My Soul』との2 in 1のパッケージで世界初CD化された。ファーストもCCM色が強いが、Bill Champlinの『Single / 独身貴族』から「Love Is Forever」をカヴァーするなど、素晴らしい内容。お得な2 in 1セットも、今では入手が難しくなってしまった。

●収録曲
1. Thank You Jesus
2. Let It Go
3. Father
4. I Praise You
5. Come Home
6. Mountaintop
7. Waiting For Love
8. I Wanna Be Loved By You
9. Let Your Light Shine
10. Heaven's Home


◆プロデュース: David Diggs(ar, k, per), Michael Gonzales(vo, ar, k, per)

◆参加ミュージシャン: Wayne Brasel(g), Rob Watson(k), John Patitucci(b), John Ferraro(ds), Terry Winch/Pete Claproth(per), Bill & Tamara Champlin/David Page/Roby Duke(bv)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2017/01/29 15:30 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
Dara Sedakaの1982年のアルバム『I'm Your Girl Friend / ガール・フレンド』。
Dara Sedaka / I'm Your Girl Friend (ガール・フレンド) (1982年)
Dara Sedaka(デラ・セダカ)は、Neil Sedakaの娘。本作は、日本と香港のみでリリースされた彼女のファースト・アルバムである。

本作のプロデュースは、彼女の才能を早くから評価していたDavid Fosterが担当した。Fosterは曲作りにおいても、1曲目の「Huggin' / 愛を抱きしめたい」を彼女と共作している。Fosterらしい華やかなアレンジが施された曲で、初々しさの残るDaraのヴォーカルがとてもキュートだ。Dara Sedakaはこの時まだ18歳である。

他の曲に関しては、Dan Hartmanが「Keep Me In Love With You / 愛をこのまま」を、Bryan Adams等が「Try To See It My Way / 素直な私」を提供した他、Dara Sedakaも父親と「Goodbye」を共作している。

郷愁を誘うラスト・ナンバーの「Angel Queen / 星空のエンジェル・クィーン」は、喜多郎の作曲である。喜多郎は、松本零士原作の1982年の邦画『』の音楽を担当しており、その主題歌としてこの曲を作った。友人のDavid Fosterに、この曲にふさわしい歌手の紹介を依頼したところ、Dara Sedakaが紹介されたようだ。

メロウ&スウィートな「Just Say I Love You」も素晴らしい曲。Nicolette Larsonが同年のアルバム『』で、この曲を歌っている。

参加ミュージシャンは、ギタリストにLandauとLukather、バック・ヴォーカルにPagesやBrayan Adams、ドラムスにMike Bairdなど、豪華な顔ぶれ。山崎稔久氏のCD解説によると、Dara Sedakaは当時、「夜のヒット・スタジオ」に出演したらしく、本作の参加ミュージシャンもバック・アップしたらしい。是非見たかったものだ。

ジャケットの髪型や服装を見ると、80年代の日本のアイドル路線といった感じがするが、父親譲りの立派な歌唱力である。Daraは1996年にジャズ・スタンダードを歌ったアルバム『』をリリース。こちらも日本のみの発売のようだ。

●収録曲
1. Huggin' / 愛を抱きしめたい
2. Just Say I Love You
3. The Real Me / 見つめてほしい
4. Keep Me In Love With You / 愛をこのまま
5. Goodbye
6. I'm Your Girl Friend / ガール・フレンド
7. Someday
8. Try To See It My Way / 素直な私
9. Angel Queen / 星空のエンジェル・クィーン


◆プロデュース: David Foster(ar, k)

◆参加ミュージシャン: 喜多郎(ar, k), Michael Landau/Steve Lukather(g), Steve Porcaro(syn-prog), Dennis Belfield(b), Mike Baird(ds), Paul Lari(per), Pages/Clif Newton/Bryan Adams(bv), Jerry Hey/Gary Grant(horn), Gary Grant(sax)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2017/01/28 16:00 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(0)
The Dudek, Finnigan, Krueger Band(DFK)の1980年作『DFK / D.F.K.バンド・デビュー』。
The Dudek, Finnigan, Kruger Band (1980年)
The Dudek, Finnigan, Krueger Bandは、Les Dudek(g), Mike Finnigan(k), Jim Krueger(g)の3人の名前をとったロック・バンド。この3人のフロントに、Trey Thompson(b), Bill Meeker(ds, per)のリズム隊を加えた5人編成のバンドである。初期のThe Doobie Brothers、あるいはそれ以上に豪快でダイナミックな音を出すバンドだ。

Les Dudekは、Boz Scaggsの1976年の名盤『Silk Degrees』にも参加したギターの名手。『Silk Degrees』と同じ年に最初のソロ・アルバム『Les Dudek』を、Boz Scaggsのプロデュースの下に出している。

Mike Finniganは、Bill Champlinと肩を並べるパワフルなシンガー。Dave Masonのバンドなどでキーボード奏者を務める他にソロ・アルバムも出しており、ソロ2作目となる1978年のアルバム『Black & White』は、AORの名盤として知られている。

Jim KruegerもMike Finniganと同様、Dave Masonのバンドのメンバーであり、Masonと共にギターを弾いている。また、Finniganと同じ1978年に(唯一の)ソロ・アルバム『Sweet Salvation』を出しており、Michael Omartianがそのプロデュースを担当した。

DFKは、こうした実力派が一堂に会したバンド。残念ながら、本作が彼らの唯一のアルバムである。

「I Know You're In There」のみ、ゲスト・ミュージシャンのMax Gronenthalが書いているが、それ以外は彼らのオリジナル。特に、1曲目の「Angels Fall」に彼らの良さが表れている。爽快なメロディを持ち、骨太だが疾走感のある演奏でぐいぐい飛ばす名曲だ。この曲ではJim Kruegerがリード・ヴォーカルを担当し、爽やかに歌っている。

リード・ヴォーカルについては、Kruegerが1曲(1)、Dudekも1曲(6)を担当し、残りをFinniganが歌っている。三者三様の歌声で、Kruegerは爽やか、Dudekは独特のしゃがれ声、Finniganはソウルフルでパワフルだ。

ギター・ソロに関しては、Kruegerが3曲(1, 5, 8)、Dudekも3曲(2, 6, 7)を担当し、「Drinkin' Alone」では二人でソロを分け合っている。

バラード曲などはなく、ストレートなアメリカン・ロックを堪能できるアルバム。男っぽいロックが好きな人も気に入る音だろう。2006年にCD化された際には、未発表の2曲がボーナス・トラックになった。どちらも割とハードなナンバーで、しゃがれ声のDudekがリード・ヴォーカルをとっているところが魅力だ。

●収録曲
1. Angels Fall - 4:54
2. Just Like The Weather - 3:30
3. Drinkin' Alone - 5:00
4. I Know You're In There - 3:56
5. It's All About You - 3:43
6. Just Be Happy - 4:31
7. That's Wrong - 4:00
8. You Cut So Deep - 4:57


◆プロデュース: James Newton Howard(k), Andy Jones

◆参加ミュージシャン: Les Dudek(g, vo), Mike Finnigan(k, vo), Jim Krueger(g, vo), Trey Thompson(b), Bill Meeker(ds, per)
with Max Gronenthal(k, vo), Bobbye Hall(per)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2017/01/27 19:40 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
Footlooseの1980年作『Footloose』。
Footloose / Footloose
Footlooseはカナダで結成された5人組のバンド。後にDavid Fosterのサポートを得て全米進出を果たすTim Feehanが在籍したグループである。

80年代好きにとっての「Footloose」と言えば、1984年に大ヒットしたアメリカ映画『Footloose (Blu-ray)』やそのサントラ盤『Footloose (O.S.T.)』になるわけだが、その4年前に同名のグループが既に存在した。

本作はFootlooseの唯一のアルバムである。フロント・カヴァーはB級ポップス的なオーラを出しているし、バック・カヴァーのイケてない5人を見ると尚更B級感も高まるが、音の方は素晴らしい。メロウで爽やかなサウンドを楽しめアルバムとして、金澤寿和氏の著書『AOR Light Mellow』にも紹介されている。
Footloose / Footloose (バック・カヴァー)

Tim Feehanは1曲(5)を除く全ての曲を作曲しており、非凡な作曲能力を発揮している。メロウな「Leaving For Maui」や「Time Is Right」、軽快な「Just Enough Love」やトロピカル・ムードの「Dancin' Feelin'」、ポップでキュートな「It'll Take Some Time」や美しいバラードの「Jamie」など、どれも自然体で親しみやすいメロディだ。Timは作詞に関しても、4曲を担当した。

「Leaving For Maui」はカナダとハワイで大ヒットし、90年代にはハワイのデュオ、At Second Glanceによってカヴァーされた。At Second Glanceのカヴァー・バージョンは、彼らの2002年のアルバム『At Second Glance』で聴くことができる。

Footlooseの解散後、Tim Feehanはソロ活動をスタートし、カナダでは2枚のソロ・アルバムを出した。2作目の『Carmalita』(1983年)も、金澤氏の著書『AOR Light Mellow』の掲載作品だ。

3作目の『Tim Feehan』(1987年)は、David Fosterもサポートした全米進出アルバム。前年のカー・アクション映画『The Wraith / 処刑ライダー』の挿入歌となった「Where's the Fire」が収録されている。

●収録曲
1. Leaving For Maui - 3:24
2. Just Enough Love - 3:26
3. Dancin' Feelin' - 3:28
4. It'll Take Some Time - 3:40
5. Put On The Dog - 4:10
6. Time Is Right - 4:06
7. Jamie - 5:16
8. Line-Ups - 4:25
9. Thanks I Needed That - 3:42


◆プロデュース: Garry McDonall, Footloose

◆参加ミュージシャン: Tim Feehan(vo), Terry Medd(g), Curt Smith(k), George Goodall(b), Dwayne Feland(ds)
with Trevor Dunn/Doug Jenson(g), Ted Boroweicki(k), Rick Erickson(b), Brian Feland(per), P.J.Perry(sax), Brenda Jackson(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2017/01/25 18:32 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(2)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター