音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

FCC (Funky Communication Committee)の1980年のアルバム『Do You Believe In Magic?』。
FCC (Funky Communication Committee) / Do You Believe In Magic? (1980年)
FCCは、アラバマ州マッスル・ショールズを拠点に活動したR&B/ブルー・アイド・ソウル系のグループ。Funky Communication Committeeというグループ名が素敵だ。デビュー作は1979年の『Baby I Want You』で、この時のメンバーは5人。本作はそれに続くアルバムで、メンバーは1人増えて6人になっている。

プロデュースを手がけたClayton IveyとTerry Woodfordは、マッスル・ショールズでは名の知れたプロデュース・チーム。Robert Byrneの79年のアルバム『Blame It On The Night / ワン・ナイト・ロマンス』や、R.Byrneが相棒のBrandon Barnesと制作したByrne & Barnes名義の81年のアルバム『An Eye For An Eye / スウィート・リヴェンジ』、Mac McAnallyの83年のアルバム『Nothin' But The Truth / ミニマム・ラヴ』などのマッスル・ショールズ産のAORの名作は、彼らの手によってプロデュースされている。

豊かで大らかなメロディとメロウなグルーヴ、ソウルフルな歌声、そして演奏がこなれていることが、これらのアルバムに共通する良さ。本作もそうしたマッスル・ショールズ産の良さを持っている。

収録曲はオリジナルが8曲、他作が2曲(4, 6)という構成。他作の曲のうち、爽やかな「Where Did You Come From」はWilliam D. Smithの作で、Larry Carltonも78年の名作『』で取り上げた。もう1曲の「How Do You Like Your Love」はRobert Byrne作のファンキーなナンバーだ。

オリジナル曲の中ではBrandon Barnesと共作した「Don't Hold Back」が良い。Michael McDonaldあたりが歌いそうな洗練されたブルー・アイド・ソウルである。

他にもイントロがThe Doobie Brothersの「Takin' It To The Streets」風の「Give Me A Reason」や、Steely Danの「Home At Last」風の「Falling Out Of Love」、もろにBoz Scaggsの「Lowdown」している「Let The Love On Through」など、AOR的な目線でとても楽しめる。

金澤寿和氏の『AOR Light Mellow』の増補改訂版に紹介されている作品だが、これまでCD化されていなった。この8月に、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから念願の世界初CD化。待った甲斐がありました。

●収録曲
1. Give Me A Reason - 4:34
2. Do You Believe In Magic - 4:03
3. Falling Out Of Love - 3:22
4. Where Did You Come From - 3:07
5. Jump Into The Fire - 3:50
6. How Do You Like Your Love - 4:01
7. Changes - 3:53
8. Don't Hold Back - 3:48
9. More Than A Lover - 4:11
10. Let The Love On Through - 3:04


◆プロデュース: Clayton Ivey(k), Terry Woodford

◆参加ミュージシャン: Dennis Clifton/Steve Gooch(vo, g), J.B. Christman(vo, k), Lonnie Ledford(b), Jim Evans(ds, per), Wayne Chaney(vo, per)
with Guy Higginbotham(sax, fl)


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2017/08/30 11:59 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
Gregg Rolieの1985年のアルバム『Gregg Rolie』。
Gregg Rolie / Gregg Rolie (1985年)
Gregg Rolieは、アメリカの偉大なロック・バンドであるSantanaとJourneyの創設メンバーの一人。Carlos Santana(g)率いるラテン・ロック・バンドのSantanaには1966年の結成から71年末まで在籍し、リード・シンガー兼キーボーディストとして初期の華々しい活動を支えた。Woodstockでの歴史的なライヴ(69年)にもSantanaのメンバーとして参加している。

Santanaを離れたGreggは、同時期にSantanaを抜けたNeal Schon(g)等と73年にロック・バンドのJourneyを結成。そこでもリード・ヴォーカルとキーボードを担当し、80年末までJourneyに在籍した。Santanaは98年に、Journeyは今年2017年にロックの殿堂入りをしており、Greggは2度もその栄誉を受けている。

本作はGregg Rolieの初のソロ・アルバム。Bill Schneeがプロデュースした3曲(1-3)と、Kevin Beamishプロデュースの7曲(4-10)に分かれており、最初の3曲はカヴァー曲で、Greggはヴォーカルのみを担当。残りの殆どはGreggの作/共作によるオリジナル曲で、Greggはヴォーカルとキーボードを担当している。

哀愁漂うミディアム・テンポの「I Wanna Go Back」は87年にEddie Moneyもカヴァーし、Billboard Hot 100チャートの14位となるヒットを記録。Gregg Rolieの歌声には秘めた熱さがあり、哀愁を帯びたメロディや「Black Magic Woman」(Santanaの70年の大ヒット曲)のようなミステリアスな曲にとても合う。

この曲のギタリストはDann Huffだが、本作には旧友のCarlos SantanaとNeal Schonも参加し、リード・ギターを1曲ずつ(8と9)弾いている。また、ドラムスのMark Craneyは、Gino Vannelliの78年の名盤『Brother To Brother』で見事な腕前を披露したドラマーだ。

Gregg Rolieというと、黒のタンクトップ姿で熱く歌う男という印象があるが、バック・カヴァーにはまさにその姿のスナップ・ショットがあり、嬉しくなる。ラストの「Deep Blue Sea」は爽やか過ぎてGreggらしくないが、とてもメロディアスで心地よい曲。翌年のJourneyのアルバム『』のようなノスタルジックな雰囲気もある。こういう曲が性に合わなくなってJourneyを辞めたのではないかと思うのだが、決して悪くない。Neal Schonと一緒にJourneyにずっと残れば良かったのにと思う。

●収録曲
1. Young Love - 4:06
2. Close My Eyes - 4:30
3. I Wanna Go Back - 3:59
4. Let Me Out - 3:33
5. Over And Over - 4:00
6. Don't Talk - 3:06
7. Zap Me - 4:02
8. Marianne - 4:06
9. It's Only Make Believe - 3:56
10. Deep Blue Sea - 4:19


◆プロデュース: Bill Schnee, Kevin Beamish(bv)

◆参加ミュージシャン: Gregg Rolie(vo, k), Dann Huff/Mark Ross/Craig Chaquico/Carlos Santana/Neal Schon(g), Peter Wolf(k), Dave Margen(b), Mark Craney(ds), Alan Pasqua(sy), Bruce Miller(horn ar), Matt Schon(string ar), Gene Miller/Jason Scheff/Carmen Grillo/Stan Bush(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2017/08/27 16:47 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(0)
Paul Ankaの1978年のアルバム『Listen To Your Heart / 愛の旋律(しらべ)』。
Paul Anka / Listen To Your Heart (愛の旋律(しらべ)) (1978年)
Paul Ankaはカナダ出身のシンガー・ソングライター。「Diana」(57年, 米2位)、「Lonely Boy」(59年, 米1位)、「Put Your Head On My Shoulder」(59年, 米2位)、「Puppy Love」(60年, 米2位)などの大ヒット曲の作者であり、Frank Sinatraの代表曲である「My Way」の英詩を担当したことでも知られる。

60年代初めまでに隆盛を極めた大スターというイメージがあるが、その後も精力的に曲やアルバムを制作し、これまでに30枚近くのオリジナル・アルバムをリリース。また時流を捉える感度が高く、同郷のDavid Fosterのフレッシュな才能にも早くから注目し、アルバム制作に起用していた。

Paul AnkaがDavid Fosterを大きく起用するのは79年の次作『Headlines』からで、本作はその助走となる作品。D.Fosterは「I'm By Mysellf Again」と「Don't Ever Say Goodbye」をPaul Ankaと共作している。

その2曲を含めて、Paul Ankaが曲作りに携わったのは4曲(3, 6, 8, 9)のみ。残りは他作であり、このうちRobert Tepper等の書いた「This Is Love」はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの35位、ACチャートでは3位をマークした。なお、ラストの「Starmaker」はBruce RobertsとCarole Bayer Sagerの共作で、B.Robertsの77年のデビュー・アルバム『Bruce Roberts』からのセレクトである。

フレッシュでエレガントなポップ・ロック・サウンドに仕立てた次作のような華やかさはないが、生楽器主体の演奏と豊かなメロディを堪能できるアルバム。Paul Ankaの歌声も実に穏やかだ。この8月に、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズからめでたく世界初CD化されており、お薦め。

●収録曲
1. Starting All Over Again / 愛の日をふたたび - 3:22
2. This Is Love / これが愛 - 3:44
3. I'm By Mysellf Again / 孤独のあじわい - 3:23
4. You Spoiled Me / 恋は虚しく - 3:14
5. Listen To Your Heart / 愛の旋律 - 3:35
6. Don't Ever Say Goodbye - 3:58
7. Let's Start It Over / 幸せの日を求めて - 3:14
8. Love Me Lady - 3:01
9. Brought Up In New York (Brought Down In L.A.) / 悲しみのフリーウェイ - 3:33
10. Starmaker - 4:41


◆プロデュース: David Wolfert(g), Charles Koppelman, Gary Klein

◆参加ミュージシャン: Jay Graydon(g), Larry Muhoberac/Neil Larsen/Tom Hensley(k), Ian Underwood(sy), Dennis Belfield(b), Ed Greene(ds), Lenny Castro/Tom Roady(per), Lenny Pickett(lyricon), Tom Saviano/David Luell/Mike Carnahan(sax), Richard Cooper/Steve Madaio(tp), Dick Hyde(tb), Nick DeCaro(string ar), Carolyn Willis/Jim Haas(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2017/08/25 16:51 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
Peter Allenの1983年のアルバム『Not The Boy Next Door』。
Peter Allen / Not The Boy Next Door (1983年)
Peter Allenはオーストラリア出身のシンガー・ソングライター。Olivia Newton-Johnの1974年のグラミー受賞曲「愛の告白」やMelissa Manchesterの78年のヒット曲「あなたしか見えない」、Christopher Crossが歌った81年の映画『Author』の主題歌「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」などの作者としても知られる。

本作は通算7作目となるスタジオ・アルバムで、David Fosterがプロデュースした80年のアルバム『Bi-Coastal』に続く作品。プロデューサーはRichard Landis(Peterのセカンド・アルバムも担当)に代わっているが、前作のAORスタイルを踏襲した内容となっている。

収録曲は、Eric Kaz & Tom Snow作の「You Haven't Heard The Last Of Me」とDick St. Nicklaus作の「Somebody's Got Your Love」を除いてPeter Allenのオリジナル。多くは共作で、共作者はDavid Foster(1), Dean Pitchford(2, 9), Tom Keane(3), Carole Bayer Sager(4)と、前作と同じ顔ぶれが並ぶ。

アップ・テンポなナンバーでは、映画『』(84年)の全曲の作詞で有名なDean Pitchfordが手がけたエネルギッシュなタイトル曲や、Tom Keaneと共作した華やかなAORナンバー「You'll Always Get Your Way」、イントロがBilly Joelの「Movin' Out」風でカッコいい「Fade To Black」、日本では人気のあるDick St. Nicklausが他のアーティストに提供した数少ない1曲「Somebody's Got Your Love」が良い。

Peterが得意とするバラード系には、Carole Bayer Sagerの81年のアルバム『真夜中にくちづけ』からセレクトした「You And Me」や自作の「Easy On The Weekend」、ラストの「Once Before I Go」(D.Pitchford作詞)がある。このうち、自作の「Easy On The Weekend」は、Peterの熱唱とTom Scottの哀愁のサックスが胸に迫る素晴らしいナンバーだ。

ラストの「Once Before I Go」もPeterの歌唱が感動的。Peter AllenはBarry Manilowに勝るとも劣らないバラード・シンガーだと思う。生い立ちや生き方など、内面から滲み出てくるものがそうさせるのだと思うのだが、Peterの歌うバラードには力があり、元気づけられる。さぞやステージ映えもするだろうと思うが、85年の2枚組のライヴ・アルバム『』があるので、これをどこかが再発してくれないかと心待ちにしている。

●収録曲
1. Just Another Make-Out Song / 虚しい願い - 4:09
2. Not The Boy Next Door - 6:53
3. You'll Always Get Your Way / 愛は信ずるままに - 4:32
4. You And Me (We Had It All) - 4:14
5. Fade To Black - 3:52
6. Somebody's Got Your Love / うつろな君 - 3:34
7. You Haven't Heard The Last Of Me / ラスト・オブ・ミー - 4:14
8. Easy On The Weekend / 週末の恋 - 4:00
9. Once Before I Go / 去り行く前に - 4:22


◆プロデュース: Richard Landis

◆参加ミュージシャン: Peter Allen(k, vo), Charles Calello(ar), Charles Johnson/Fred Tackett(g), David Foster/Russell Ferrante(k), Neil Stubenhaus(b), Vince Colaiuta(ds), Tom Scott(sax), Steve Forman/Victor Feldman(per), Michael Boddicker(sy), Clydene Jackson/Jan Joyce/Jim Haas/Joe Chemay/Julia Tillman/Maxine Willard(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2017/08/22 17:10 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(2)
Paul Simonの1980年のアルバム『One Trick Pony』。
Paul Simon / One Trick Pony (1980年)
Paul Simonはアメリカを代表するシンガー・ソングライターの一人。Art Garfunkelとフォーク・ロック・デュオのSimon & Garfunkelを組んで60年代後半のヒット・チャートを席巻すると、70年代以降はソロ活動に専念し、ラテン、レゲエ、アフリカンなどの多様な音楽を取り入れた曲作りやアルバム制作により高い評価を得た。

本作は通算5作目となるソロ・アルバム。グラミー賞を受賞した1975年の前作『Still Crazy After All These Years / 時の流れに』から5年ぶりのアルバムである。

このアルバムはPaul Simonが脚本、主演、音楽を担当した同名映画のサウンド・トラックである。Simon演じる売れない中年ミュージシャン「Jonah Levin」を描いた物語であり、彼のバンド仲間としてSteve Gadd、Tony Levin、Eric Galeなどの実在する名プレイヤーも出演したが、映画の興行は振るわなかった。

前作と同じくPaul SimonがPhil Ramoneと共同でプロデュースしており、全曲がPaul Simonのオリジナル。このうち、「Late In The Evening / 追憶の夜」と「God Bless The Absentee / 神の恵み」はDave Grusinと、「Long, Long Day / 一日の終わりに」はBob Friedmanとの共作である。

映画が振るわなかったことから、アルバムもBillboard 200チャートの12位止まり。1位を獲得した前作からは順位を落とすが、「Late In The Evening / 追憶の夜」という名曲が生まれた。この曲は、Billboard Hot 100チャートの6位となるヒットを記録。

この曲は最高だ。Steve Gadd(ds), Tony Levin(b), Hugh McCracken/Eric Gale(g), Ralph MacDonald(per)という名手が軽妙で一体感のある演奏を繰り広げ、サビではDave Grusinのアレンジする華やかなブラス・セクションが加わって、祭りのように曲を盛り上げる。小沢健二は96年のシングル曲「ぼくらが旅にでる理由」の間奏で、このブラス・セクションをほぼそのまま使った。

「One-Trick Pony」と「Ace In The Hole」はライヴ録音。オハイオ州クリーヴランドにあるAgora Clubで前年に行われたライヴであり、Simon(vo, g), Levin(b), Gadd(ds), Gale(g), Richard Tee(k)による渋い演奏が収められている。

One-Trick Ponyとは、一つの芸当しかできない子馬のこと。成功例がたった1つしかない人、一つしか才能のない人という意味らしい。日本語だと「一発屋」とか「○○馬鹿」だろうか。実際のPaul Simonも音楽を一途に追求する生き方をしているが、それで大成功しているわけだから、One-Trick Ponyとは呼ばないのだろう。

●収録曲
1. Late In The Evening / 追憶の夜 - 4:02
2. That's Why God Made The Movies / 神はいかにして映画を創りたもうたか - 3:38
3. One-Trick Pony - 3:54
4. How The Heart Approaches What It Yearns / 想いこがれて - 2:49
5. Oh, Marion - 4:00
6. Ace In The Hole - 5:43
7. Nobody - 3:33
8. Jonah - 3:30
9. God Bless The Absentee / 神の恵み - 3:15
10. Long, Long Day / 一日の終わりに - 3:48


◆プロデュース: Paul Simon(vo, g, per, ar), Phil Ramone

◆参加ミュージシャン: John Tropea/Joe Beck/Hiram Bullock/Eric Gale/Hugh McCracken/Jeff Mironov(g), Patti Austin(vo), Michael Brecker/David Sanborn(sax), Don Grolnick(sy), Steve Gadd(ds), Tony Levin/Anthony Jackson(b), Ralph MacDonald(per), Dave Grusin/Bob Friedman(ar), Richard Tee(k, bv), Lani Groves(bv), etc


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



関連記事
2017/08/20 16:10 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター