洋楽中心生活

Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Far Cryの1980年のアルバム『The More Things Change ... / ファー・クライ』の紹介です。Far Cryは、Phil GaldstonとPeter Thomという二人のソングライターによるユニット。Phil GaldstonはN.Y.生まれ。書いた曲の中ではVanessa Williamsの歌で全米1位になった「Save the Best for Last」(92年)が一番有名だが、他にもCeline Dionを始めとする...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Billy Joelの1976年のアルバム『Turnstiles / ニューヨーク物語』の紹介です。Billy Joelはアメリカを代表するシンガー・ソングライターの一人。『Turnstiles / ニューヨーク物語』は4作目で、Billy Joel本人が "最も気に入っている" という作品。私も、Billyのアルバムから1枚を選ぶとすれば、これを選ぶかな。Billy Joelは "自...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Gerard Kennyの1980年のアルバム『Living On Music』の紹介です。Gerard Kennyはニューヨーク生まれのシンガー・ソングライター。同じニューヨーク出身のBilly Joelと親交があり、1970年から71年にかけてPrimoというバンドで一緒に活動している。Billy Joelが71年に『』でデビューしたのに対して、Gerard Kennyはなかなか日の目を見なかった。デ...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Chicagoの1978年のアルバム『Hot Streets』の紹介です。Chicagoは60年代後半から息の長い活動を続けるアメリカのロック・バンド。70年代前半までのChicagoには "社会派のブラス・ロック・バンド" というイメージがあるけれど、David Fosterとコラボレートした80年代には、"ブラス・セクションを有する洗練されたAORバンド" ...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Whitren + Cartwrightの1982年のアルバム『Rhythm Hymn / リズムのト・キ・メ・キ』の紹介です。Whitren + Cartwrightは、女性シンガーのJaki WhitrenとソングライターでありマルチプレイヤーであるJohn Cartwrightによるイギリスのユニット。この『Rhythm Hymn』は、彼らのファースト・アルバムである。イギリスのグループでありながら、プロデ...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Gerard Kennyの1979年のアルバム『Made It Thru The Rain』の紹介です。Gerard Kennyは、ニューヨーク生まれのシンガー・ソングライターであり、ピアノ・マン。ニューヨーク出身のピアノ・マンと言えば、Billy Joelを思い出すが、二人は親交があり、1970年から71年にかけてPrimoというバンドを組んで活動していたようだ。Billy Joelが71年に『』...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Frank Weberの1980年のアルバム『Frank Weber / ニューヨークのストレンジャー』の紹介です。Frank Weberはアメリカのシンガー・ソングライター。ピアノを弾きながら自作の曲を歌うスタイルなので、タイプとしては、Billy JoelやElton John、Todd Rundgrenに近い。このアルバムはFrank Weberの2作目で、タイトルに自分の名前を付けた自信作。日...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Chris Montanの1980年のアルバム『Any Minute Now / トワイライト・アワーズ』の紹介です。Chris Montanはアメリカのシンガー・ソングライター。1980年にアルバム・デビューしているが、シンガー・ソングライターとしての活動期間はとても短く、90年代以降は米ウォルト・ディズニーの数々のアニメーション映画の音楽プロデューサーとして活躍し...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Billy Joelの1977年のアルバム『Stranger』の紹介です。ニューヨーク生まれのBilly Joelはアメリカを代表するシンガー・ソングライター。1971年のソロ・デビュー作『Cold Spring Harbor / ピアノの詩人』以来、カヴァー曲も共作曲もない生粋のシンガー・ソングライター路線を歩み、5作目となる本作『The Stranger』で世界的な成功を掴んだ。この...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Billy Joelの1980年のアルバム『Glass Houses / グラス・ハウス』の紹介です。Billy Joelはアメリカを代表するシンガー・ソングライター。1971年のデビュー作『』以来、カヴァー曲も共作曲もない生粋のシンガー・ソングライター路線を貫き、77年のアルバム『The Stranger』で遂に大ブレイクすると、同作と78年の『52nd Street / ニューヨーク52...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Billy Joelの1978年のアルバム『52nd Street / ニューヨーク52番街』の紹介です。Billy Joelはアメリカを代表するシンガー・ソングライター。ピアノ・マンや街角の吟遊詩人、エンターテイナー、ストレンジャーと、デビュー以来さまざまに自己表現をしてきたBillyの通算6作目となるスタジオ・アルバムが本作だ。ジャズ/フュージョン系のゲスト・...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Billy Joelの1983年作『An Innocent Man』の紹介です。シリアスな内容だった前作『Nylon Curtain』とうって変わって、楽しいアルバム。何かが吹っ切れて、歌うことを純粋に楽しんでいるようだ。収録曲は、Billy Joelが影響受け、敬愛して止まないアーティストたちへのオマージュとのこと。全部書いておくと… 「Easy Money」: James BrownとWil...