洋楽中心生活

Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Bryan Duncanの1990年のアルバム『Anonymous Confessions Of A Lunatic Friend』の紹介です。Bryan DuncanはSweet Comfort Bandの中心メンバー。Sweet Comfort BandはCCMシーンを代表するロック・バンドの一つで、1974年に4人組で結成し、84年に解散するまでの間に6枚のアルバムを発表している。Bryan Duncanはそこでキーボードとリード・ヴォー...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Alan O'Dayの1977年のアルバム『Appetizers / アンダーカヴァー・エンジェル (恋のメニュー)』の紹介です。Alan O'Dayはハリウッド生まれのシンガー・ソングライター。Helen Reddyが歌った「Angie Baby」(74年, 米1位)や、Righteous Brothersの「Rock and Roll Heaven」(74年, 米3位)の作者として知られ、自身も「Undercover Angel」という全米1...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Brock Walshの1983年のアルバム『Dateline:Tokyo』の紹介です。Brock Walshは、NY生まれのソングライター。Pointer Sisters、Robbie Nevil、The Manhattan Transfer、EW&F、Gino Vannelliなど、多くのアーティストに曲を提供し、プロデューサーとしても、Andrew Goldの1978年のアルバム『』をAndrewと共同プロデュースするなどの活動をして...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Peter Allenの1980年のアルバム『Bi-Coastal』の紹介です。Peter Allenはオーストラリア生まれのシンガー・ソングライター。Olivia Newton-Johnの1974年のグラミー受賞曲「I Honestly Love You / 愛の告白」や、Melissa Manchesterの78年のヒット曲「あなたしか見えない」、Christopher Crossが歌った81年の映画『Author』の主題歌「ニューヨー...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Carole Bayer Sagerの1978年のアルバム『... Too』の紹介です。Carole Bayer Sagerはニューヨーク生まれの作詞家。Melissa Manchesterの「Don't Cry Out Loud」(78年, 米10位)、Christopher Crossの「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」(81年, 米1位)、Dionne & Friendsの「That's What Friends Are For」(85年, 米1位)、Patti LaBelle &am...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Roger Voudourisの1981年のアルバム『On The Heels Of Love / もうひとつのラヴ・ソング』の紹介です。Roger Voudourisはカリフォルニア生まれのシンガー・ソングライター。70年代中盤にVoudouris & Kahneというユニットでアルバムを2枚発表したのちにソロに転向した。ソロ・アルバムは4枚あり、本作が4作目にあたる。なお、Voudouris &...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Michael McDonaldの1985年のアルバム『No Lookin' Back』の紹介です。Michael McDonaldは甘いハスキー・ヴォイスとソウルフルな歌い口で人気のあるシンガー・ソングライター。70年代にSteely DanとThe Doobie Brothersという、アメリカの東西海岸のメジャー・グループを渡り歩き、1982年からはソロで活動をしている。この『No Lookin' Back』は...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Bill LaBountyの1978年のアルバム『This Night Won't Last Forever / 涙は今夜だけ』の紹介です。Bill LaBountyは安らぎと癒しのある曲を作ることで人気のあるシンガー・ソングライター。思わずほろっとさせられそうな優しいメロディ。丁寧で心のこもった歌声。さり気なく洗練されたアレンジ。Billの作る曲と歌声には、気分が沈む時にそっと寄り...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Christopher Crossの1983年のアルバム『Another Page』の紹介です。Christopher Crossは清涼感溢れる美声のシンガー・ソングライター。1979年のデビュー・アルバム『南から来た男』は華々しい成果をあげた名作で、「Sailing」(米1位)、「Ride Like the Wind / 風立ちぬ」(同2位)という2曲のTop 10ヒットを生み、「Album of the Year」「Song of ...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Roger Voudourisの1979年のアルバム『Radio Dream』の紹介です。Roger Voudourisはカリフォルニア生まれのシンガー・ソングライター。70年代中盤にVoudouris & Kahneというユニットでアルバムを2枚残したのちにソロ活動をスタートし、1978年から81年にかけて、年に1枚ずつのペースで4枚のソロ・アルバムを発表している。この『Radio Dream』...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Bill Champlinの1981年のアルバム『Runaway』の紹介です。Bill Champlinはアメリカのベテラン・シンガー。60年代から音楽活動をしており、サンフランシスコを拠点とするロック・グループ、Sons Of Champlin(65~77年)を率いての活動や、81年に加入したChicagoでの活動(キーボード、ギター、ヴォーカルを担当し、2009年に脱退)が知られている。ま...

おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、TOTOの1982年のアルバム『TOTO Ⅳ / 聖なる剣』の紹介です。TOTOはLAを中心に活動していたプロのセッション・ミュージシャンたちが1976年に結成したロック・バンド。結成時のメンバーはDavid Paich(k), Jeff Porcaro(ds), David Hungate(b), Steve Lukather(g), Steve Porcaro(k), Bobby Kimball(vo)の6人で、HungateとKimballを除く4人は少年時...