音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Deep Purpleの1996年のアルバム『Purpendicular / 紫の証』。
Deep Purple / Purpendicular (紫の証) (1996年)
このアルバムから、Deep PurpleのギタリストはRitchie BlackmoreからSteve Morseに変わります。

Steve Morseは速く弾くだけでなく、丁寧に、きれいに弾く、職人肌のギタリスト。個性の強いプレイによって目立つタイプではなく、メンバーとしてバンドの良さを最大限に引き出すタイプのミュージシャンです。

Steve MorseはThe Dregs、Kansas、Steve Morse Bandなどのバンドでの活動を経て、Deep Purpleのメンバーになりました。

アメリカのプログレッシヴ・ロック・シーンを牽引したKansasも、Steve Morseが参加した1986年のアルバム『The Power』において、楽曲がレベルアップしています。他には、The Dregsの82年のアルバム『』もお薦め。

本作『Purpendicular』も、Steve Morseの参加がバンドに好影響をもたらしています。84年の再結成以降のDeep Purpleが好きな方にはマスト・アイテムでしょう。

Deep Purpleは本作以降、『Abandon』(98年)、『Bananas』(2003年)、『Rapture of the Deep』(2005年)と、コンスタントにアルバムをリリースしており、Steve Morseはバンドのギタリストとして定着した感があります。

●収録曲
1. Vavoom: Ted The Mechanic
2. Loosen My Strings
3. Soon Forgotten
4. Sometimes I Feel Like Screaming
5. Cascades: I'm Not Your Lover
6. The Aviator
7. Rosa's Cantina
8. A Castle Full Of Rascals
9. A Touch Away
10. Hey Cisco
11. Somebody Stole My Guitar
12. The Purpendicular Waltz


ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2012/10/14 18:44 Deep Purple TB(0) CM(0)
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1983年) - Steve Hiett / Down On The Road By The Beach (渚にて…) 2019/08/18
AOR名盤(1979年) - Christopher Cross / Christopher Cross (南から来た男) 2019/08/11
AOR名盤(1982年) - Larry Lee / Marooned (ロンリー・フリーウェイ) 2019/08/07
AOR名盤(1977年) - Terence Boylan / Terence Boylan 2019/08/01
AOR名盤(1983年) - Finis Henderson / Finis (真夏の蜃気楼) 2019/07/28
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ